ヤルカンド・ハン国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヤルカンド・ハン国は、16世紀から17世紀にかけて東トルキスタンに存在していた国家モグーリスタン・ハン国(東チャガタイ・ハン国)の君主スルターン・サイードと彼の子孫の王朝であり、「ヤルカンド・ハン国」あるいは「カシュガル・ハン国」の名前で呼ばれる[1]

歴史[編集]

モグーリスタン・ハン国のアフマド・アラク・ハンの次男スルターン・サイードは、ティムール朝の王族バーブルの保護を受けてカーブルで3年を過ごした。モグーリスタンに帰還したスルターン・サイードは東トルキスタン西部を支配するドゥグラト部の有力者ミールザー・アバー・バクルを追放し、1514年にハンを称した[2]。当時モグーリスタン東部のトルファンにはサイードの兄マンスールが建てたウイグリスタン・ハン国が存在し、両者は互いの権威を認めず争うがやがて和解し、モグーリスタンに二つの政権が並立した[2]。サイードは草原地帯の確保を試みるが、ウズベクカザフに圧迫され、支配領域はカシュガルヤルカンドを中心とするタリム盆地西部のオアシス地帯に限定されていた[3]。マンスールがに対する聖戦(ジハード)を行っていた頃、北方の草原地帯を喪失したサイードはラダックバルーチスターンに聖戦を行った[4]。サイードの跡を継いだアブドゥッラシードは強大な勢力を有するドゥグラト部と対立し、ドゥグラト部の有力者サイイド・ムハンマド・ミールザーは処刑され、サイードの治世に功績を挙げたミールザー・ハイダル・ドゥグラトは国外に亡命する[5]

サイードの治世以降、多くのマー・ワラー・アンナフルスーフィー(イスラーム神秘主義の修行僧)が東トルキスタンを巡錫するようになり、サイードとアブドゥッラシードはスーフィーに帰依した[6]。アブドゥル・カリーム・ハンの治世に、スーフィーのアフマド・カーサーニー(マフドゥーミ・アーザム)の子ホージャ・イスハークがカシュガルを訪れた[7]。アブドゥル・カリームの帰依を受けられなかったイスハークはホータンアクスクチャを歴訪し、アブドゥル・カリームの弟ムハンマドに道統を授けてサマルカンドに帰還した[7]

1591年にアブドゥル・カリームが没した後、ムハンマドがハンの位に就いた。ムハンマドは東トルキスタンにおけるイスハークの筆頭弟子でもあり、イスハークの遺児であるホージャ・ムハンマド・ヤフヤーはカシュガルのムハンマドを頼り、彼を通して父の道統を継承した[7]。ヤフヤーはムハンマドを含む7人のハンの師父となり、ハン位の継承問題にも介入した[7]。主要なオアシス土地を支配する王族のハンの地位を巡る争いはヤフヤーの政治への介入を容易にし、7人のハンの中には彼に毒殺された者もいた[8]

ヤフヤーの従弟ムハンマド・ユースフもカシュガルを訪れたが、ヤフヤーと対立したために東の粛州西寧で布教活動を行った[9]。イスハークの子孫であるイスハーキーヤ(黒山党)とムハンマド・ユースフの子ヒダーヤット・アッラー(ホージャ・アーファーク)の子孫であるアーファーキーヤ(白山党)はヤルカンド・ハン国の主導権を巡って争い、ヒダーヤットも父と同様に中国で布教を行った[10]

1636年にアブー・アル=アフマド・ハージ・ハンはに入貢し、東トルキスタンの諸勢力と清の間の朝貢貿易が成立する[11]1648年から1649年にかけての甘粛で発生したイスラム教徒の反乱の後、一時的に東トルキスタンと清の交流は断絶するが、1655年から貿易が再開される[12]

1678年ジュンガルガルダン・ハーンによってハミトルファンが占領され、1680年にカシュガル、ヤルカンドが陥落する。ガルダンはイスマーイール・ハンを廃位し、従軍していたトゥルファンのハン・アブドゥッラシードをヤルカンド・ハンに擁立した[13]。ガルダンの侵攻の前、カシュガルから追放されたヒダーヤットがチベットに行き、ダライ・ラマ5世の親書を携えてガルダンの元に赴いたことがイスハーキーヤ側で編纂された史料に記されている[14][15]。アブドゥッラシードがジュンガルによってイリに拉致された後、アブドゥッラシードの兄弟ムハンマド・アミーンがハンに擁立されるが、1692年にムハンマド・アミーンはアーファーキーヤによって殺害される。

ジュンガルの支配下に置かれた後もイスハーキーヤを支持するハンとアーファーキーヤの抗争は続き、ムハンマド・アミーンの次にハンとなったムハンマド・ムッミーンは1696年/97年にアーファーキーヤとの戦闘で陣没する。また、1696年にガルダンが清軍に敗れた後、イリのアブドゥッラシードは清に降伏した[9]北京に移住したアブドゥッラシードの子孫を除いてモグーリスタン・ハン国の王統は途絶え、モグーリスタン・ハン家の王女を祖母に持つヒダーヤット・アッラーの孫アフマドがハンを称した[9]

社会[編集]

スルターンの称号を持つ王子がオアシス地帯に割拠したヤルカンド・ハン国では従前のモンゴル国家のような統一した軍事行動の展開が困難になり、また草原地帯を失った遊牧モグールの定住化によって軍事力が低下した[1]。モグールの有力者はオアシス農地を領有しており、彼らの土地所有を認めるハンの勅書(ヤルリク)が存在する[16]。軍事力の低下を補うために新たな遊牧集団が編入され、スルターン・サイードの時代からハン国に仕えていたクルグズは、アブドゥッラーの治世に入ると宮廷・地方の要職の多くを占めるようになっていた[17]。17世紀半ばにはカラヤンチュクと呼ばれるオイラトの集団が傭兵としてハンに従っていた。

歴代君主[編集]

[18]

  1. スルターン・サイード(在位:1514年 - 1537年/38年
  2. アブドゥッラシード(在位:1537年/38年 - 1559年/60年) - 1の子
  3. アブドゥル・カリーム(在位:1559年/60年 - 1591年) - 2の子
  4. ムハンマド(在位:1591年/92年 - 1609年/10年) - 2の子、3の弟
  5. シュジャーウッディーン・アフマド(在位:1609年/10年 - 1618年/19年) - 5の子
  6. クライシュ(在位:1618年/19年?) - 5の従兄弟
  7. アパク(アブドゥッラティーフ)(在位:1618年/19年? - 1630年/31年) - 5の子
  8. プラド(アフマド)(第一治世、在位:1630年/31年 - 1632年/33年) - 5の孫
  9. クルチ(マフムード)(在位:1632年/33年 - 1635年/36年) - 8の兄弟
  10. プラド(アフマド)(第一治世、在位:1635年/36年 - 1638年/39年
  11. アブドゥッラー(在位:1638年/39年 - 1667年/68年) - 5,6の従兄弟
  12. ヨルバルス(在位:1667年/68年 - 1669年/70年) - 11の子
  13. アブドゥッラティーフ(在位:1669年/70年) - 12の子
  14. イスマーイール(在位:1670年 - 1680年) - 11の兄弟
  15. アブドゥッラシード(在位:1680年 - 1682年) - 11,14の甥
  16. ムハンマド・アミーン(在位:? - 1692年) - 15の兄弟

清朝の「駐京之回部一等台吉、定世襲二等台吉」[編集]

  1. ハシム(哈什木) 清朝、1759-60 ヤルカンドを征服したのにともない1760年に「入覲」(「都」に上り「皇帝」の拝謁を賜ること)し、「一等台吉」の爵位を授かり、北京に駐する[19]。1765年、死去。
  2. アブル(阿布勒) ハシムの長氏。1765年、「二等台吉」爵を継承。1788年、「二等台吉」の爵位が降格なく子孫に受け継がれる「世襲罔替」となる[20]

脚注[編集]

  1. ^ a b 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、301頁
  2. ^ a b 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、300頁
  3. ^ 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、300-301頁
  4. ^ 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』、103頁
  5. ^ ルネ・グルセ『アジア遊牧民族史』下(後藤富男訳, ユーラシア叢書, 原書房, 1979年2月)、794,796頁
  6. ^ 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、302-303頁
  7. ^ a b c d 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、303頁
  8. ^ 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』、108頁
  9. ^ a b c 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、304頁
  10. ^ 濱田「カシュガル・ホージャ」『中央ユーラシアを知る事典』、124-125頁
  11. ^ 羽田『中央アジア史研究』、13-14頁
  12. ^ 羽田『中央アジア史研究』、14,20頁
  13. ^ 羽田『中央アジア史研究』、31頁
  14. ^ 羽田『中央アジア史研究』、30-31頁
  15. ^ 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』、109頁
  16. ^ 濱田「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』、104-105頁
  17. ^ 中見、濱田、小松「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』、302頁
  18. ^ 『中央ユーラシアを知る事典』(平凡社, 2005年4月)、556-557頁
  19. ^ 包桂芹,1995,p.978
  20. ^ 包桂芹,1995,p.978

参考文献[編集]

  • 中見立夫、濱田正美、小松久男「中央ユーラシアの周縁化」『中央ユーラシア史』収録(小松久男編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2000年10月)
  • 羽田明『中央アジア史研究』(臨川書店, 1982年6月)
  • 濱田正美「モグール・ウルスから新疆へ 東トルキスタンと明清王朝」『東アジア・ 東南アジア伝統社会の形成』収録(岩波講座13, 岩波書店, 1998年8月)
  • 濱田正美「カシュガル・ホージャ」『中央ユーラシアを知る事典』収録(平凡社, 2005年4月)
  • 包桂芹『清代蒙古官吏伝』民族出版社,1995,ISBN 7-105-02273-6

関連項目[編集]