イスマーイール派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イスマーイール派アラビア語: الإسماعيليون al-Ismāʿīliyyūnペルシャ語اسماعیلیان Esmāʿiliyān)、別名7イマーム派8世紀に起こったイスラム教シーア派の一派である。グノーシス的な神秘主義的教説を特徴とする。

歴史[編集]

シーア派主要分派の系統

イスマーイール派はムハンマド・イブン・イスマーイール英語版を第7代イマームとする教団である。第6代イマームの長男であるイスマーイール・イブン・ジャアフィル英語版の血族がイマームを継ぐべきとの立場から、十二イマーム派と分かれた。その後11世紀頃にドゥルーズ派が分裂し、「東方派」「西方派」「アラムート派」の三派に分かれた。19世紀以降、ニザール派のイマームはアーガー・ハーンと呼ばれるようになった。

派生した派閥[編集]

ドゥルーズ派
1021年に行方不明になったファーティマ朝の第6代カリフのハーキムを信奉する一派。
アラムート派(ニザール派、改革イスマーイール派とも)
1094年ファーティマ朝の内紛において、アル=ムスタアリー・ビッラー英語版に敗れて投獄されたニザール英語版の息子がイラン高原アラムート英語版に立てた一派。伝説上の暗殺教団として有名。現在のイマームはアーガー・ハーン4世であり、アーガー・ハーン建築賞を主催している。分派としてインドにホージャー派がある。
ムスタアリー派
ファーティマ朝の内紛において勝利したムスタアリー(Taiyabi)の一派。その後、ハフィジー派が分裂。
ハフィジー派
ムスタアリーと対立して分裂した一派。

分布[編集]

ニザール派[編集]

アフガニスタンバダフシャーン州タジキスタンゴルノ・バダフシャン自治州などにはパミール人がおり、アーガー・ハーンに従っている。一方、アフガニスタンバグラーン州は地元の宗教指導者のサイイド・マンスール・ナーディリーに従っている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]