バグラーン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バグラーン州
Baghlan in Afghanistan.svg
北緯35度45分 東経69度0分 / 北緯35.750度 東経69.000度 / 35.750; 69.000座標: 北緯35度45分 東経69度0分 / 北緯35.750度 東経69.000度 / 35.750; 69.000
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
州都 プレ・フムリー
行政
 • 州知事 スルタン・モハンマド・エバーディー
面積
 • 合計 18,255.2km2
標高 626m
人口
(2012)[2]
 • 合計 863,700人
等時帯 UTC+4:30
ISO 3166コード AF-BGL
座標は[4]

バグラーン州ペルシア語: بغلان[5])は、アフガニスタン北部のである。面積は1万8255平方キロメートル(34州中12位)[2]、総人口は約86万人(34州中12位)[2]、人口密度は47人/平方キロ(34州中15位)である[2]。州都はプレ・フムリーバグラン県バグラン州とも。

地理[編集]

バグラーン州は日本の四国とほぼ同じ大きさの州である。ヒンドゥークシュ山脈の北側にあたる。

歴史[編集]

青銅器時代・古代[編集]

インダス川とアムダリヤ川をつなぐ古代の道路[6]

古代のインダス文明はメソポアミア・ハラッパー路を通じて、金などの貴金属や木材をメソポタミア文明に輸出していた。ガンダーラの首都はパキスタンタキシラにあり、ジャララバードからプレ・フムリーを経てパンジ川に達する古道は、ヒンドゥークシュ山脈を越えてアムダリヤ川に達する重要な街道の1つだった[7]

紀元前4世紀にはアレクサンドロス3世が地域を征服し、その後グレコ・バクトリア王国クシャーナ朝などが成立し、スルフ・コタルなどの町が出来た。

629年、玄奘三蔵がインドを目指してを出発し、途中でバグラーン州の近くを通過した。当時のバグラーンは縛伽浪国と呼ばれていた[8]

独立後[編集]

1921年、第三次アフガン戦争の勝利によりアフガニスタンはイギリスから独立した。1933年、国王ザーヒル・シャーが即位した。1942年、プリ・フムリの紡績工場が操業を開始した[9]

冷戦時代[編集]

1989年のアフガニスタンの状況。赤が政府支配地、薄い青がイスラム協会、濃い緑がイスラム党、薄い緑がシーア派政党

バグラーン州は1950年頃はカタガン州の一部だったが、1958年から1964年頃に分割されてバグラーン州とプレ・フムリー州とクンドゥーズ州になった。1964年4月、バグラーン州とプレ・フムリー州が再び合併してバグラーン州になった[10]。第二次世界大戦後、アフガニスタン首相のモハマド・ダーウド・ハーンソビエト連邦アメリカ合衆国の力を借りて、国内の開発を行おうとした。当初は乗り気ではなかった両国だったが、冷戦対立の下で1950年代後半から本格的な支援を始めた。バグラーン州ではソビエト連邦やチェコスロバキアなど東側陣営が重点的に支援を行い、プレフムリー・マザーリシャリーフ間の道路建設[11]、製糖工場や植物性食用油工場の建設[12]、炭鉱開発[13]などが行われた。

1973年、ダウード首相のクーデータにより王政が倒され、アフガニスタン共和国が成立した。1978年、軍部のクーデターによりアフガニスタン民主共和国が成立した。ギルザイ部族連合タラキー議長が土地改革を断行した為、ドゥッラーニー部族連合を中心とする伝統的な部族社会は激怒して内戦が勃発。アミーン議長も内戦を抑えることが出来ず、翌年にはソビエト連邦が軍事介入してアフガニスタン紛争 (1978年-1989年)が始まった[9]ムジャーヒディーンパンジシール渓谷などでゲリラ活動を行ったが[14]、戦費調達のための強制的な課税により住民に不満が高まった[15]ハザーラ人で地元のイスマーイール派教団の指導者であるサイイド・マンスール・ナーディリーは武装信徒を率いて、パシュトゥーン人タジク人を主体とするムジャーヒディーンと一線を画した[15]。1982年、ソビエト連邦はバグラーン州南部にカヤン軍事地域を設立し、イスマーイール派教団に地域を委ねた[16]。またソビエト連邦はキリガイに国内最大級の補給基地・戦車修理工場を建設した[17]。1984年、ナーリン郡には政府軍の第20歩兵師団が展開していた。しかし政府軍の兵力は少なく、実質的には旅団または大隊規模で、少数の装甲車(BTR-152BTR-60)と民間から徴用したトラックで構成されていた[18]。1988年、共産党政権はジョウズジャーン州のラシッド・ドスタムにウズベク人民兵隊を組織させて、幹線道路を守らせた[19]。バグラーン州ではサイイド・マンスールを上院議員に任命して[15]、武装信徒1万3000人を味方につけた。

冷戦終結後[編集]

1989年にソ連軍がアフガニスタンから撤退してもカブールの共産党政権はなんとか持ちこたえていたが、1991年にソビエト連邦が崩壊すると民兵の間に動揺が走った。1992年、サイイド・マンスールは共産党政権を裏切ってラシッド・ドスタムと共に自立し、カブールの共産党政権を倒したがすぐに内戦が始まった。1994年3月、イスラム協会英語版軍がカブールとタジキスタンの間の輸送路を確保するためにバグラーン州に侵攻して、ヒンジャーン郡やドーシー郡を占領した[20]。イスマーイール派教団は、1995年から1996年頃にバグラーンからプレ・フムリーに州都を移した[21]。1998年8月、ターリバーンはラシッド・ドスタムの根拠地であるマザーリ・シャリーフを陥落させ、パンジシール渓谷を包囲するためにバグラーン州に侵攻して、州都プレ・フムリーを占領した[22]

アメリカ同時多発テロ事件以降[編集]

バグラーン州では2002年から2012年までの約10年間で、3回の中規模地震が発生している[23]。2002年3月のアフガニスタン北部地震Mw6.1)では、ナリーン郡の1500戸が全半壊して1000人以上が死亡し、数百人が負傷した[24]

第一回大統領選挙後[編集]

2004年10月、第一回の大統領選挙が実施され、バグラーン州ではユーヌス・カーヌーニー(約39%)が最多得票を得た[25]。同月、地方復興チーム(PRT)としてオランダ軍が州都に展開した[26]。2005年5月、国際治安支援部隊(ISAF)がアフガニスタン東部で活動を開始した。9月、第一回の下院選挙が行われた。2006年10月、バグラーン州の担当が交代となり、オランダ軍に代わってハンガリー国防軍が州都に展開した[27]。2007年11月、砂糖工場の式典で自爆テロがあり、下院議員など数十人の市民が死亡した。

第二回大統領選挙後[編集]

2009年8月、第二回の大統領選挙が実施された。バグラーン州ではアブドラ・アブドラ元外相が最多得票(約57%)を得た[28]。2010年3月、バグラニ・ジャディード郡でヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派(HIG)の部隊がターリバーンと交戦した。HIGはターリバーンと同盟関係にあり、2009年にはクンドゥーズ州の7郡中5郡を紛争状態に陥れ、バグラーン州ではバグラニ・ジャディード郡とブルカ郡を共同支配していた。しかし同盟は決裂し、戦闘に敗北したHIG部隊はアフガニスタン政府に降伏した。HIGはチェチェンウズベキスタンタジキスタンなどから兵士を集めており、アフガニスタン北部に3000~4000人の兵力がある。またアルカイーダに訓練されたサウジアラビアイエメンの兵士も居る。降伏した部隊の指揮官は元は裕福なビジネスマンで、西洋の攻撃や猥褻な文化や民主主義の押し付けに反発して闘争に加わった[29]。9月、第二回の下院選挙と州議会選挙が行われたが、戦争は更に激しくなりISAFや民間人の死傷者が急増した[30][31]。2012年6月、州の北部で連続して地震が発生し地すべりにより多数の死傷者が出た[32]。2013年7月、ディ・サラー郡で地元のイスラム教の司祭が女性外出禁止令・化粧品禁止令(ファトワー)を布告し、布告を実行しようとした市長が化粧品店の店主に射殺されるという事件が起きた[33]

第三回大統領選挙後[編集]

2014年4月、第三回の大統領選挙が実施され、バグラーン州ではアブドラ・アブドラ元外相が最多得票(約60%)を得た[34]。12月、ISAFが終了し多国籍軍は確固たる支援任務に移行し、治安はアフガニスタン軍や警察が独力で維持することになった。

2015年6月、ターリバーンがバグラニ・ジャディード郡のアリ・カジャ基地(Ali Khaja)を包囲した[35]。10月、近隣でクンドゥーズの戦いが起きた。政府軍は陸路や空路で増援を送ったが、陸路で向かったアフガニスタン軍の増援部隊800人[36]は州北部のバグラニ・ジャディード郡(Baghlan-i-Jadid)[37]でターリバーンの待ち伏せ攻撃にあい、地雷処理[36]のために到着が遅れた[38]。同月、アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領はアメリカ軍の完全撤退を断念した[39]

2016年2月、ターリバーンは州都の近くのシャハブッディン(Dand-e-Shahabuddin)で送電線を切断した。アフガニスタンはウズベキスタンなどから電力を購入しており、送電線の切断によりカブールで必要な電力の半分が停止し、首都の経済活動に大きな支障が出た[40]。治安軍はシャハブッディンのターリバーンを2017年以降も一掃することが出来ず、シャハブッディンはターリバーンが高速道路などを攻撃する拠点になった[41]。7月、ターリバーンと治安軍は激しい戦闘を続けた。治安軍は高速道路や主要な道路は確保できているものの損害が大きく、支配領域を拡大する余裕はなかった[42]。8月、ダハネ・ゴリ郡がターリバーンに占領された[43]

2017年1月、ターリバーンが州南部のタラ・ワ・バルファク郡(Tala Wa Barfak)で炭鉱労働者を殺害した[44]。3月、ターリバーンはバグラニ・ジャディード郡のマンガラ基地(Mangalha)とアラーヴッディン基地(Alavuddin)を1か月包囲した[45]。同月、ターリバーンがタラ・ワ・バルファク郡を占領した[46]。治安軍はすぐさま反撃したがターリバーンが住宅地に逃げ込んだ為、多くの住宅が破壊された[47]。4月、アメリカ軍の急襲部隊がターリバーンの影の州知事を殺害した[48]。同月、ターリバーンが州都プレフムリーの北地区(PD1)を攻撃し、市民に犠牲者が出た[49]。同月、ターリバーンはバグラン・クンドゥーズ間の高速道路を封鎖して、民間人を殺害した[50]。5月、ターリバーンは州都の東にあるブルカ郡(Burka)を攻撃した[51]。7月にもターリバーンは高速道路で石油タンカーを破壊した[52]。同月、治安軍はバグラニ・ジャディード郡のターリバーンを一掃した[53]。8月、ターリバーンは高速道路を使って州都の南にあるドーシー郡(Doshi)に侵攻したが、特殊部隊に撃退された[54]。同月、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領は状況の悪化を防ぐために増派を決定した[55]。10月、アフガニスタン政府の支配地域は407郡中231郡(57%)にすぎないことが判明した。政府とターリバーンは122郡(30%)の支配を争っており、ターリバーンが54郡(13%)を支配していることが分かった。ターリバーンの支配地域は2015年11月から2017年8月の間に倍増しており、紛争地域も1.4倍増加した。ウルズガーン州(7郡中5郡)やクンドゥーズ州(7郡中5郡)、ヘルマンド州(14郡中9郡)はほぼターリバーンに支配されていた[56]

2018年5月、ターリバーンが州南部のタラ・ワ・バルファク郡を占領した[57]。8月、ターリバーンがバグラニ・ジャディード郡のアッラーフッディン基地(Allahuddin)を攻撃し、治安軍に大きな被害が出た[58]。10月、延期されていた第三回の下院議会選挙が行われた[59]。2018年の調査によると、州政府に満足している住民は約5割で、かつては自立に前向きだった女性も自信を失っていた。治安上の理由で約6割の住民が投票に行くのは怖いと感じており、住民感情が国内最悪の水準に低下した[60]。11月、州内は14郡中1郡がターリバーンに支配されており、全ての郡が紛争状態にあった[61]。アフガニスタン軍と多国籍軍は合同で州都の西にあるダハネ・ゴリ郡(Dahana-e-Ghori)を攻撃した[62]。ダハネ・ゴリ郡は2016年にターリバーンに占領されており、住民の陳情にも関わらず放置されてきた[63]

2019年2月、バグラニ・ジャディード郡で警察の検問がターリバーンに襲われ、多数の警官が殺害された[64]。5月、州都プレ・フムリーの警察本部が自動車爆弾で攻撃された後、襲撃を受け多数の警官が死傷した[65]。6月、ターリバーンは州都の東にあるナーリン郡(Nahrin)で警察の反乱鎮圧部隊を攻撃し、多数を殺害した[66]。7月、州の東端の山岳地帯にあるゴザルガ・ヘ・ヌール郡(Gozargah-e-Noor)でパトロール中の警察のハンヴィーIEDで攻撃された[67]

第四回大統領選挙後[編集]

2019年9月、第四回の大統領選挙が実施された。同月、クンドゥーズ市を襲撃したターリバーンがバグラン・クンドゥーズ間の高速で戦闘を継続し[68]、戦闘や空爆の巻き添えで市民に被害が出て[69][70]、排除するまでに12日間を要した[71]。10月、治安軍はアフガニスタン北部で大規模な作戦を実施し、シャハブッディンなどを攻撃した[72]。同月、ヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派の地元指揮官が私的な金銭トラブルで隣人を殺害した[73]

行政区分[編集]

バグラーン州の郡
バグラーン州の地形と郡

1市14郡を擁する[2]

都市[編集]

アフガニスタンの都市(2015年)[75]
順位 都市名 人口
1 カブール 約367.8万人
2 ヘラート 約47.7万人
3 カンダハール 約43.5万人
4 マザーリシャリーフ 約40.2万人
5 ジャララバード 約22.6万人
6 クンドゥーズ 約15.7万人
7 プレ・フムリー 約10.8万人
8 マイーマナ 約8.4万人
9 シェベルガーン 約8.2万人
10 タールカーン 約7.4万人
11 バグラーン 約6.9万人

バグラーン州ではプレ・フムリー市と周辺(約20万人)やバグラーン郡(約17万人)、ナリーン郡やドーシー郡(約7万人)などに多くの住民が居る。人口1万人以上の都市はプレ・フムリー市(約10万人)とバグラーン市(約7万人)である[76]。プレ・フムリー市はアフガニスタンの中では十指に入る都市であり、バグラーン市と合わせるとアフガニスタンの中では比較的に都市住民が多い州であると言える[75]

産業[編集]

農業[編集]

バグラーン州の農作物(2012年度)[77]
種類 生産量 順位
小麦 24万4000トン 9位
11万2206トン 1位
大麦 1万7928トン 10位
とうもろこし 9046トン 15位
綿花 2298トン 5位
アーモンド 1274トン 3位
りんご 120トン 13位
95トン 7位
グレープフルーツ 56トン 22位
ザクロ 12トン 20位

バグラーン州は(34州中1位)やアーモンド(34州中3位)、綿花(34州中5位)の生産が全国的に見ても盛んで[77](34州中7位)もかなり生産されている[77]

鉱業[編集]

バグラーン州にはタラ・バルファク炭鉱(Tala Barfak Mines)などの炭鉱がある。タラ・バルファク炭鉱を採掘しているのは国営のNorth Coal Enterprise(北部炭鉱会社、NCE)である[78]。NCEの本社はバグラーン州にあり、サマンガーン州のShabashak炭鉱とDan e Tor炭鉱(Hajigak)も所有している。


災害・事件[編集]

  • 2014年、5月に地すべりにより約300人が死亡・行方不明になったほか、翌6月には土石流鉄砲水により70人以上が死亡・行方不明となった[79]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Afghan Biographies - Ebadi, Sultan Mohammad”. Afghanistan Online. 2014年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Area and Administrative and Population”. Islamic Republic of Afghanistan (2013年). 2014年2月3日閲覧。
  3. ^ Topological Information About Places On The Earth”. topocoding.com. 2014年3月9日閲覧。
  4. ^ The U.S. Board on Geographic Name”. U.S. Department of the Interior. 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ ペルシア語ラテン翻字: Baghlān
  6. ^ 「シルクロードの古代都市」P29の地図を参考に作成
  7. ^ 加藤九祚『シルクロードの古代都市』岩波書店、2013年、29-31頁。ISBN 978-4004314448
  8. ^ 前田耕作『玄奘三蔵、シルクロードを行く』岩波書店、2010年、103頁。ISBN 978-4004312437
  9. ^ a b 鳥居順 (1991-11-01). アフガン戦争. 第三書館. pp. 26,35-83. 
  10. ^ "Provinces of Afghanistan". Statoids. Retrieved 2014年4月3日.
  11. ^ 嶋田晴行 (10 2010). “アフガニスタン支援への教訓―冷戦期の援助競争の経験から”. 国際協力論集 (神戸大学) 18 (2). http://www.research.kobe-u.ac.jp/gsics-publication/jics/shimada_18-2.pdf 2015年3月3日閲覧。. 
  12. ^ Asian Annual: The "Eastern World" Handbook”. Books.google.com. 2015年6月18日閲覧。
  13. ^ The Far East and Australasia 2003 - Eur”. Books.google.com. 2015年6月18日閲覧。
  14. ^ 今川瑛一、清水学 (1981年). “―定着せぬカルマル政権の支配― 1981年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2014年4月7日閲覧。
  15. ^ a b c About SMN”. サイイド・カヤン公式サイト. 2014年4月1日閲覧。
  16. ^ Culture and Customs of Afghanistan - Hafizullah Emadi”. Books.google.com. 2015年6月18日閲覧。
  17. ^ Summary of World Broadcasts: Far East”. Books.google.com (2009年5月11日). 2015年6月18日閲覧。
  18. ^ 鳥居順 (1991). アフガン戦争. 第三書館. pp. 153-154. 
  19. ^ ヴィレム・フォーヘルサング『アフガニスタンの歴史と文化』明石書店、2005年。ISBN 978-4750320700
  20. ^ 高橋博史 (1994年). “拡大する内戦で混迷深まる 1994年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2014年4月7日閲覧。
  21. ^ "Provinces of Afghanistan". Statoids.
  22. ^ 高橋 博史 (1998年). “タリバーンによるマザリシャリフの攻略―ドストム将軍の凋落 1998年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2014年2月20日閲覧。
  23. ^ アフガニスタンの地震一覧
  24. ^ Historic Earthquakes Magnitude 6.1 HINDU KUSH REGION, AFGHANISTAN 2002 March 25 14:56:33 UTC”. USGS Earthquake Hazards Program. 2014年4月7日閲覧。
  25. ^ Baghlan Province”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2014年3月10日閲覧。
  26. ^ Defensie, Ministerie van (2017年9月8日). “The Dutch contribution to the International Security Assistance Force (ISAF) - Historical missions - Defensie.nl” (英語). english.defensie.nl. 2019年10月13日閲覧。
  27. ^ Government - Hungary in Afghanistan - Review”. 2010-2014.kormany.hu. 2019年10月13日閲覧。
  28. ^ Baghlan Province”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2014年2月17日閲覧。
  29. ^ Taliban, HIG infighting leads to split in Afghan insurgency in the North | FDD's Long War Journal” (英語). www.longwarjournal.org (2010年3月8日). 2019年10月15日閲覧。
  30. ^ アフガニスタン駐留兵の今年の死者600人に、過去最悪のペース”. AFP BBNews (2010年10月26日). 2014年2月22日閲覧。
  31. ^ 2010年の民間人死者、タリバン政権崩壊後最悪に アフガニスタン”. AFP BBNews (2010年3月9日). 2014年2月22日閲覧。
  32. ^ アフガニスタンで地震、地滑りで71人生き埋め”. AFP (2012年6月13日). 2015年10月14日閲覧。
  33. ^ “Taliban-style edict for women spreads alarm in Afghan district” (英語). Reuters. (2013年7月20日). https://www.reuters.com/article/us-afghanistan-edict-idUSBRE96J02220130720 2019年10月16日閲覧。 
  34. ^ 2014 Elections Results”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2015年2月24日閲覧。
  35. ^ Troops Surrounded by Taliban in Baghlan: Officials” (英語). TOLOnews (2015年6月28日). 2019年10月13日閲覧。
  36. ^ a b “UPDATE 6-Troops from U.S.-led mission fight Taliban near Afghan city”. Reuters. (2015年9月30日). http://www.reuters.com/article/2015/09/30/afghanistan-attack-idINL3N1201KR20150930 2015年10月14日閲覧。 
  37. ^ Mujahideen seize enemy stronghold; 23 vehicles captured”. アフガニスタン・イスラム首長国(タリバン) (2015年9月30日). 2015年10月22日閲覧。
  38. ^ Afghan Crisis Grows as Push to Retake Kunduz From Taliban Fails”. The New York Times (2015年9月29日). 2015年9月29日閲覧。
  39. ^ 米軍、アフガン駐留を延長へ オバマ政権方針転換”. BBC (2015年10月16日). 2019年10月5日閲覧。
  40. ^ “Kabul in blackout as government struggles to fix power lines” (英語). Reuters. (2016年2月1日). https://www.reuters.com/article/afghanistan-power-blackout-idUSKCN0VA226 2019年10月16日閲覧。 
  41. ^ Pul-e-Khumri Residents Speak Out About Ongoing Battles” (英語). TOLOnews (2017年8月3日). 2019年10月16日閲覧。
  42. ^ Security Situation in Baghlan Stalled, say Officials” (英語). TOLOnews (2016年7月12日). 2019年10月19日閲覧。
  43. ^ Taliban overruns district in Afghanistan's Baghlan”. www.aljazeera.com (2016年8月16日). 2019年10月13日閲覧。
  44. ^ Taliban Widely Active Where Baghlan Coalminers Were Shot” (英語). TOLOnews (2017年1月13日). 2019年10月13日閲覧。
  45. ^ Two ANA Bases Under One-Month Taliban Siege In Baghlan” (英語). TOLOnews (2017年3月12日). 2019年10月13日閲覧。
  46. ^ Baghlan’s Tala Wa Barfak Falls To Taliban” (英語). TOLOnews (2017年3月1日). 2019年10月13日閲覧。
  47. ^ Taliban Use Civilian Areas As Cover in Baghlan: Army” (英語). TOLOnews (2017年3月5日). 2019年10月13日閲覧。
  48. ^ Taliban's Shadow Governor For Baghlan Killed In Night Raid” (英語). TOLOnews (2017年4月19日). 2019年10月13日閲覧。
  49. ^ Residents Concerned Over Clashes Around Pul-e-Khumri City” (英語). TOLOnews (2017年4月13日). 2019年10月13日閲覧。
  50. ^ Two Civilians Killed in Taliban Attack on Baghlan-Mazar Highway” (英語). TOLOnews (2017年4月30日). 2019年10月13日閲覧。
  51. ^ 'Heavy Clashes' Ongoing In Baghlan’s Burka District” (英語). TOLOnews (2017年5月12日). 2019年10月15日閲覧。
  52. ^ Two Taliban Killed After Ambushing Convoy Of Fuel Tankers” (英語). TOLOnews (2017年7月13日). 2019年10月13日閲覧。
  53. ^ Taliban Pushed Back From Baghlan-e-Markazi” (英語). TOLOnews (2017年7月30日). 2019年10月13日閲覧。
  54. ^ Taliban Pushed Back In Baghlan’s Doshi District” (英語). TOLOnews (2017年8月24日). 2019年10月13日閲覧。
  55. ^ トランプ米大統領、アフガン新戦略発表 増派に道開く”. reuters (2017年8月22日). 2019年10月5日閲覧。
  56. ^ October 30, 2017 Quarterly Report to Congress”. SIGAR(アフガニスタン復興特別査察官). pp. 106-107 (2017年10月30日). 2019年10月9日閲覧。
  57. ^ Key District In Baghlan Reportedly Falls To Taliban” (英語). TOLOnews (2018年5月8日). 2019年10月13日閲覧。
  58. ^ 45 Afghan Security Forces Killed in Baghlan Attack” (英語). TOLOnews (2018年8月15日). 2019年10月13日閲覧。
  59. ^ 治安悪化の中で“見切り発車” アフガニスタン議会選挙”. NHK (2018年10月19日). 2019年10月5日閲覧。
  60. ^ Afghanistan in 2018: A Survey of the Afghan People” (英語). The Asia Foundation. pp. P47, P113, P139, P168 (2018年). 2019年10月11日閲覧。
  61. ^ Afghan government continues to lose ground to Taliban: SIGAR”. www.aljazeera.com (2018年11月1日). 2019年10月15日閲覧。
  62. ^ 16 Taliban Killed In Baghlan In ANSF And Foreign Forces Operation” (英語). TOLOnews (2018年11月8日). 2019年10月13日閲覧。
  63. ^ Baghlan Residents Urge Govt To Clear Dahana-e-Ghori Of Taliban” (英語). TOLOnews (2016年9月18日). 2019年10月13日閲覧。
  64. ^ 10 Police Killed In Baghlan Clash” (英語). TOLOnews (2019年2月5日). 2019年10月13日閲覧。
  65. ^ Gunmen Storm Baghlan Police HQ, 13 Killed” (英語). TOLOnews (2019年5月5日). 2019年10月13日閲覧。
  66. ^ 30 Members Of Public Uprising Forces Killed In Baghlan” (英語). TOLOnews (2019年6月30日). 2019年10月13日閲覧。
  67. ^ Five Policemen Killed In Baghlan Roadside Bomb Blast” (英語). TOLOnews (2019年7月14日). 2019年10月13日閲覧。
  68. ^ Highways Remain Closed As Clashes Continue In Baghlan” (英語). TOLOnews (2019年9月1日). 2019年10月13日閲覧。
  69. ^ Threats Remain In Baghlan Despite Reinforcements Arrival” (英語). TOLOnews (2019年9月3日). 2019年10月13日閲覧。
  70. ^ Baghlan Residents Rally Against Civilian Casualties” (英語). TOLOnews (2019年9月9日). 2019年10月13日閲覧。
  71. ^ Kabul-Baghlan Highway Reopened To Traffic” (英語). TOLOnews (2019年9月13日). 2019年10月13日閲覧。
  72. ^ Large Scale Operation Launched In Baghlan” (英語). TOLOnews (2019年10月17日). 2019年10月19日閲覧。
  73. ^ Hizb-e-Islami Commander Accused Of Killing Three In Baghlan” (英語). TOLOnews (2019年10月15日). 2019年10月19日閲覧。
  74. ^ Database”. www.afghan-bios.info. 2019年10月15日閲覧。
  75. ^ a b Afghanistan: Population Estimate for 2015 | HumanitarianResponse”. www.humanitarianresponse.info. 2019年10月16日閲覧。
  76. ^ Central Statistics Organization (2013年). “Settled Population of Baghlan province by Civil Division , Urban, Rural and Sex-2012-13”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年2月8日閲覧。
  77. ^ a b c Agriculture Development”. Islamic Republic of Afghanistan (2013年). 2014年2月5日閲覧。
  78. ^ SOEs | Ministry of Mines”. momp.gov.af (2018年). 2019年10月13日閲覧。
  79. ^ “鉄砲水で70人以上死亡、アフガニスタン”. AFPBBNews (フランス通信社). (2013年6月8日). http://www.afpbb.com/articles/-/3017067?ctm_campaign=photo_topics 2014年6月8日閲覧。 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]