白石典之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白石 典之(しらいし のりゆき、1963年9月3日[1]- )は、日本の考古学者、モンゴル史学者、新潟大学教授。

群馬県生まれ。1986年筑波大学考古学・民俗学卒、94年同大学院歴史・人類学研究科博士課程単位取得退学[2]。99年「モンゴル帝国史の考古学的研究」で新潟大学文学博士。1994年新潟大学人文学助手,99年助教授,2006年教授。専門はモンゴルの考古学。2003年、第一回「最優秀若手モンゴル学研究者」として、モンゴル国大統領表彰を受ける[3]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『チンギス・カンの戒め モンゴル草原と地球環境問題』編 同成社 2010
  • 『チンギス・カンとその時代』編 勉誠出版 2015

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ researchmap
  3. ^ 『モンゴル帝国誕生』著者紹介

外部リンク[編集]