十全武功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乾隆帝の鎧

十全武功(じゅうぜんぶこう)は、の第6代皇帝乾隆帝18世紀後半に行った、10の地域への対外遠征である。これにより清の版図は最大規模に広がり[1]ラオスタイまで朝貢するようになった。

乾隆帝はこれらの遠征を「全て勝った」として誇り[1]、自らを十全老人(じゅうぜんろうじん)と称した[1]が、西域では大きな苦戦もあり、越南・緬甸など軍事的には大敗北を喫したものもあった。また、苗族の反乱(第一次英語版第二次英語版)や白蓮教徒の乱などが起こった。

一覧[編集]

18世紀における清の領土

ジュンガル[編集]

1755年1757年 - 1759年

四川[編集]

金川1747年 - 1749年1771年 - 1776年

ネパール[編集]

グルカとも、1788年 - 1789年1791年 - 1792年

ゴルカ朝西蔵との紛争に西蔵側の宗主国として介入、ネパールを朝貢国とする。

回部[編集]

ウイグル及びバダフシャーン1757年 - 1759年

台湾[編集]

緬甸[編集]

1765年 - 1769年

乾隆30年代にビルマコンバウン王朝に内乱が起こると、乾隆帝はこれに介入して乾隆34年(1769年)にビルマを朝貢国とした[2]

越南[編集]

1788年 - 1789年

西山朝の勃興により後黎朝大越鄭氏政権阮氏政権が倒れると、乾隆帝は後黎朝に肩入れし軍事介入を行うが失敗。後黎朝の昭統帝に代わり西山朝の光中帝を安南国王に封じることにより終結[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “十全の武功” (日本語). コトバンク. 2020年7月11日閲覧。
  2. ^ 増井[2002]p.120
  3. ^ 小倉 p.191-194

参考文献[編集]

  • 増井経夫『大清帝国』〈講談社学術文庫〉、2002年。ISBN 4-06-159526-1
  • 小倉貞男『物語ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』〈中公新書〉。ISBN 4-12-101372-7