黒水部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒水靺鞨から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒水靺鞨(こくすいまっかつ)は、ツングース系民族とする靺鞨の一派で、その主体である黒水部のほか16部が存在し、その主要な部落は次の通りである。

725年の安東都護の薛泰は、黒水靺鞨に黒水州都督府を置き、その首領を都督とし、各部部族長を刺史として、この地を監督することを奏上した。後に、渤海が強盛となり、唐が衰微すると、その南部の拂涅、虞婁、越喜、鉄利部などは、渤海に併合された。契丹の興隆後、契丹人は、彼らを女真(女直)と呼び始め、靺鞨の名前は使われなくなった。

関連項目[編集]