エヴェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エヴェン
Even women.jpg
エヴェン族の女性
総人口
1万7000人
居住地域
ロシアの旗 ロシア 17000人(1989年)
言語
ロシア語エヴェン語サハ語
宗教
アニミズム正教会
関連する民族
エヴェンキネギダール

エヴェンロシア語 Эвены英語 Evens、中国語 鄂溫人、埃文[1])は、ツングース系民族の一つで、主にロシア国内の東シベリア北部地域(マガダン州カムチャッカ州北部・中部及びオホーツク海周辺)に居住する。また、ロシア国内のサハ共和国にはエヴェンの約半数が居住するが、その多くはサハ語を日常語としている。

概要[編集]

エヴェン人は17世紀以来、ロシアではヤクート(サハ)による呼称であるラムート人として知られてきた。民族としての自称は地域によって異なり、エヴェン、オロルなどが存在したが、ソ連によって正式に「エヴェン」が民族名とされた。隣接するエヴェンキ人とは非常に共通点が多く、過去にはエヴェンキ人やエヴェン人がまとめて「ツングース人(もしくは北方ツングース)」と呼ばれることもあった。

エヴェン人の居住地は主にオホーツク海・北極海の沿岸部、カムチャッカ半島・北部ヤクーチアの山岳地帯などに分けられる。沿岸部の住民は海獣狩猟・漁労などを営む定住民であるのに対し、山岳部の住民は移動を伴うトナカイ放牧を営んでいる。

近年は、一部がロシア人との混血が進んでいる。

エヴェン人のY染色体ハプログループC2が74.2%、Nが12.9%である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 孙宏开(2007)《中国的语言》 商务印书馆
  2. ^ Tambets, Kristiina et al. 2004, The Western and Eastern Roots of the Saami—the Story of Genetic “Outliers” Told by Mitochondrial DNA and Y Chromosomes

参考文献[編集]

  • 綾部恒雄『世界民族辞典』弘文堂、2000年
  • 加藤九祚『北東アジアの民族学史の研究』恒文社、1986年
  • 朝克(丸山宏・上野稔弘編訳)東北アジア研究シリーズ③『ツングースの民族と言語』 東北アジア研究センター、2002年

関連項目[編集]