加藤九祚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年1月
加藤 九祚
人物情報
生誕 (1922-05-18) 1922年5月18日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮慶尚北道
死没 2016年9月11日(2016-09-11)(94歳)
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタンテルメズ
学問
研究分野 人類学、文化史
研究機関 創価大学国立民族学博物館
テンプレートを表示

加藤 九祚(かとう きゅうぞう、1922年5月18日 - 2016年9月11日)は、人類学者。アジア文化史。創価大学国立民族学博物館名誉教授。朝鮮名は李九祚[1] (イ・クジョ)[2]

経歴[編集]

1922年、朝鮮慶尚北道に生まれ、山口県に育つ。鉄工所工員・小学校代用教員を経て、上智大学予科入学。1944年に応召し、満洲へ出征。1945年敗戦により、ソ連軍に捕らえられ、シベリア抑留。1950年帰国。

帰国後は上智大学文学部独文科で学び、1953年に卒業、平凡社に入社。
ユーラシア大陸考古学等の研究・翻訳紹介を始め、1963年、最初の著作である『シベリアの歴史』を刊行。1975年、平凡社を退社して国立民族学博物館教授。1983年、『北東アジア民族学史の研究』を大阪大学に提出して博士(学術)号を取得。1986年、国立民族学博物館を退官して、相愛大学教授、創価大学教授となった。

1998年以降、ウズベキスタン科学アカデミー考古学研究所と共同で、テルメズ郊外カラテパでクシャン時代仏教遺跡の発掘を開始、2002年秋には出土品を東京・奈良・福岡の各都市で展示。最晩年まで発掘を継続した[3]

2001年より単独編集誌『アイハヌム 加藤九祚一人雑誌』を秋から冬にかけ、毎年1冊東海大学出版会で刊行していた(ただし、2010年版は他の著作が重なり翌年刊)。最終号は追悼特集となる。

2016年9月、ウズベキスタンで発掘調査中に倒れ、搬送されたテルメズの病院で死去。享年94[4]。追悼特集に『ユーラシア研究56号 〈特集〉ウズベキスタン考古学調査と加藤九祚』(ユーラシア研究所、2017年8月)

受賞・栄典[編集]

著書[編集]

  • 『シベリアの歴史』紀伊國屋新書, 1963 / 紀伊國屋書店(復刻版), 1994、新装版2018
  • シルクロードの十字路 中央アジアの昔と今』ベースボール・マガジン社「秘境探検双書」, 1965
  • 西域シベリア タイガと草原の世界』新時代社, 1970 / 中公文庫(増補版), 1991
  • 『シベリアに憑かれた人々』岩波新書, 1974、復刊1988、2017
  • 『ユーラシア文明の旅』新潮社〈新潮選書〉, 1974 / 中公文庫(増補版), 1993
  • 『天の蛇 ニコライ・ネフスキーの生涯』[6] 河出書房新社, 1976、完本版2011
  • 『中央アジア遺跡の旅』日本放送出版協会〈NHKブックス〉, 1979
  • 『シベリア記』潮出版社, 1980 / 論創社(増補版), 2020
  • 『ヒマラヤに魅せられたひと ニコライ・レーリヒの生涯』人文書院, 1982
  • 『ユーラシア記』法政大学出版局, 1984
  • 『北東アジア民族学史の研究 江戸時代日本人の観察記録を中心として』恒文社, 1986
  • 『北・中央アジアの歴史と文化 NHK市民大学』日本放送出版協会, 1987
  • 『ユーラシア野帳』恒文社, 1989
  • 『続 ユーラシア文明の旅』私家版, 1991 / 増訂版『シルクロード文明の旅』 中公文庫, 1994
  • 『初めて世界一周した日本人』新潮選書, 1993
  • 『中央アジア歴史群像』岩波新書, 1995
  • 『中央アジア北部の仏教遺跡の研究』なら・シルクロード学研究センター, 1997
  • 『シルクロードの大旅行家たち』岩波ジュニア新書, 1999
  • 『シルクロードの古代都市 アムダリヤ遺跡の旅』岩波新書, 2013

ロシア語著作[編集]

  • Като Кюдзо,СИБИРЬ В СЕРДЦЕ ЯПОНЦА 『日本人の心のシベリア』 ノヴォシビルスク, 1992年

共著・編著[編集]

  • 第二次世界大戦 相田重夫共著 青木書店 青木文庫, 1955
  • シルクロード事典 前嶋信次共編 芙蓉書房, 1975、新版1993
  • シルクロード 人と出逢う旅 斎木幸子共著 駸々堂出版, 1976
  • 世界の博物館 13 エルミタージュ博物館 講談社, 1979
  • ユーラシアシルクロード(1・2) 加藤久晴共著 日本テレビ放送網, 1981
  • シルクロード 読者マップ 長澤和俊護雅夫との対話集、筑摩書房, 1983
  • 日本のシャマニズムとその周辺(編著)日本放送出版協会, 1984
  • ウズベキスタン考古学新発見 ピダエフ共著 東方出版, 2002
  • アイハヌム 加藤九祚一人雑誌 東海大学出版会, 2001-2012 - 毎年秋・冬に翻訳以外で計12冊発行
  • アイハヌム 加藤九祚一人雑誌 追悼号 平凡社, 2022 - 集大成の追悼出版、書誌も収録。

翻訳[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 李九祚의 생애와 실크로드의 유리 (李九祚の生涯とシルクロードのガラス)”. 慶北大学校. 2019年6月2日閲覧。
  2. ^ ノ・ヒョンソク (2014年10月7日). “九十路を越えた"シルクロード権威者"の帰郷”. ハンギョレ新聞. 2019年6月2日閲覧。
  3. ^ 白鳥正夫『シルクロードの現代日本人列伝』(三五館、2014年)-「第3章 ウズベキスタンで遺跡調査―加藤九祚・九〇歳超えても発掘ロマン」に詳細な紹介。
  4. ^ “シルクロード研究の国際的大家、加藤九祚氏が死去 国立民族学博物館名誉教授”. 共同通信. (2016年9月12日). http://this.kiji.is/147997197037502465 2016年9月12日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ 第1回~第10回南方熊楠賞受賞者”. 南方熊楠顕彰館. 2022年8月16日閲覧。
  6. ^ ネフスキーは、天才的な東洋言語学者で夫人は日本人。帰国後、ソ連スターリン体制で「国家叛逆罪」により、日本人妻イソと共に粛清処刑された(スターリンの死後に名誉回復)。初刊版では没年を1945年と記載したが、後に関係者の調査が進み1937年であることが判明した。新版で「死の真相」解明と、遺族(長年の交流がある)や関係者たちのその後を増補した。ネフスキー自身の論考集『月と不死』(平凡社東洋文庫, 1971)は加藤が解説担当。

外部リンク[編集]

  • 国立民族学博物館協力「季刊 民族学」2006春 No.116|特集 アム・ダリヤに魅せられて─ 中央アジアと加藤九祚(archive.today、2013年8月28日) - http://www.senri-f.or.jp/kikanshi/116/index.html[リンク切れ], NAID 40007294287