角幡唯介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
角幡 唯介
(かくはた ゆうすけ)
誕生 (1976-02-05) 1976年2月5日(41歳)
北海道
職業 ノンフィクション作家探検家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学
ジャンル ノンフィクション
主な受賞歴 開高健ノンフィクション賞(2010年)
大宅壮一ノンフィクション賞(2011年)
梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞(2011年)
新田次郎文学賞(2012年)
講談社ノンフィクション賞(2013年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

角幡 唯介(かくはた ゆうすけ、1976年2月5日 - )は、日本ノンフィクション作家探検家[1]

北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。同大探検部OB[2]

経歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『川の吐息、海のため息 ルポ黒部川ダム排砂』桂書房、2006年
  • 『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』集英社、2010年。のち文庫
  • 『雪男は向こうからやって来た』集英社、2011年。のち文庫
  • 『探検家、36歳の憂鬱』文藝春秋、2012年。のち文庫として『探検家の憂鬱』に改題・増補。
  • 『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』集英社、2012年。のち文庫
  • 『探検家の日々本本』幻冬舎、2015年
  • 『漂流』 新潮社、2016年
  • 『旅人の表現術』 集英社、2016年
  • 『探検家、40歳の事情』 文藝春秋、2016年

共著[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 角幡唯介『探検家の日々本本』 幻冬舎、2015年2月、著者紹介
  2. ^ 角幡唯介『旅人の表現術』 集英社、2016年、著者紹介
  3. ^ a b c d 雪男は向こうからやって来た / 角幡 唯介【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア”. 紀伊國屋書店. 2016年10月4日閲覧。
  4. ^ 峠恵子 『冒険歌手 珍・世界最悪の旅』 山と渓谷社、2015年9月。ISBN 978-4635886246 (峠恵子 『ニューギニア水平垂直航海記』 小学館〈小学館文庫〉の改題)
  5. ^ a b 角幡唯介『旅人の表現術』 集英社、2016年、342-350頁。
  6. ^ a b c d e 角幡唯介『探検家、40歳の事情』 文藝春秋、2016年10月、著者紹介。
  7. ^ a b 第8回開高賞作品『空白の五マイル』に大宅壮一ノンフィクション賞”. 開高健記念会 (2011年6月10日). 2017年8月4日閲覧。
  8. ^ 梅棹忠夫 山と探検文学賞”. 「梅棹忠夫・山と探検文学賞」委員会. 2017年8月4日閲覧。
  9. ^ “新田次郎文学賞に角幡さん 「雪男は向こうからやって来た」”. 日本経済新聞. 共同通信社 (日本経済新聞社). (2012年4月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1604H_W2A410C1000000/ 2017年8月4日閲覧。 
  10. ^ 新潮ドキュメント賞”. 新潮社. 2017年8月4日閲覧。
  11. ^ 同時受賞者の高野秀行は早稲田大学探検部の先輩である。
  12. ^ 広報あしべつ2012年8月号 - kouhou8.pdf”. 芦別市. 2017年8月4日閲覧。
  13. ^ 第69回毎日出版文化賞決定”. 毎日新聞社. 2017年8月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]