間宮林蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
間宮林蔵(松岡映丘・画)
宗谷岬にある間宮林蔵の銅像

間宮 林蔵(まみや りんぞう、安永9年(1780年) - 天保15年2月26日1844年4月13日))は江戸時代後期の隠密探検家樺太(サハリン)が島である事を確認した事で知られる。近藤重蔵平山行蔵と共に「文政の三蔵」と呼ばれる。名は倫宗(ともむね)。農民出身であり、幕府隠密をつとめた役人であった。

経歴[編集]

常陸国筑波郡上平柳村(後の茨城県つくばみらい市)の小貝川のほとりに、農民の子として生まれる。戦国時代後北条氏に仕えた宇多源氏佐々木氏分流間宮氏の末裔。

当時幕府利根川東遷事業を行っており、林蔵の生まれた近くで関東三大堰のひとつ、岡堰)の普請を行っていた。この作業に加わった林蔵は幕臣村上島之丞地理や算術の才能を見込まれ、後に幕府の下役人となった。寛政11年(1799年)、南千島に派遣され同地に来ていた伊能忠敬測量技術を学び享和3年(1803年)、西蝦夷地を測量した。

文化4年4月25日(1807年6月1日)、択捉島の紗那会所元に勤務していた際、幕府から通商の要求を断られたニコライ・レザノフが復讐のため部下のニコライ・フヴォストフロシア語版たちに行わせた同島襲撃(文化露寇)に巻き込まれた。この際、林蔵は徹底抗戦を主張するが受け入れられず、撤退。後に他の幕吏らが撤退の責任を追及され処罰される中、林蔵は抗戦を主張したことが認められて不問に付された。

文化5年(1808年)、幕府の命により松田伝十郎に従って樺太を探索することとなり、樺太南端のシラヌシでアイヌの従者を雇い、松田は西岸から、林蔵は東岸から樺太の探索を進めた。林蔵はシャクコタンまで北上するが、それ以上進む事が困難であった為、再び南下し、最狭部であるマーヌイから樺太を横断して、東岸に出て海岸を北上、松田と合流した。

林蔵はアイヌ語もかなり解したが、樺太北部にはアイヌ語が通じないオロッコと呼ばれる民族がいることを発見、その生活の様子を記録に残した。松田と共にラッカに至り、樺太が島であるという推測を得て、文化6年6月(1809年7月)、宗谷に帰着した。調査の報告書を提出した林蔵は翌月、更に奥地への探索を願い出てこれが許されると、単身樺太へ向かった。

林蔵は、現地でアイヌの従者を雇い、再度樺太西岸を北上し、第一回の探索で到達した地よりも更に北に進んで黒竜江河口の対岸に位置するナニオーまで到達し、樺太が半島ではなく島である事を確認した。更に林蔵は、樺太北部に居住するギリヤーク人(ニヴフ)から聞いた、清国の役所が存在するという町「デレン[1]」の存在、およびロシア帝国の動向を確認すべく、鎖国を破ることは死罪に相当することを知りながらも、ギリヤーク人らと共に海峡を渡ってアムール川下流を調査した。その記録は『東韃地方紀行』として残されており、ロシア帝国が極東地域を必ずしも十分に支配しておらず、清国人が多くいる状況が報告されている。

間宮林蔵は樺太が島であることを確認した人物として認められ、シーボルトは後に作成した日本地図で樺太・大陸間の海峡最狭部を「マミアノセト」と命名した。海峡自体は「タタール海峡」と記載している。


樺太北部の探索を終えた林蔵は文化6年9月末(1809年11月)、宗谷に戻り、11月に松前奉行所へ出頭し帰着報告をしている。松前において探索の結果報告の作成に取りかかり、師の村上島之丞の養子である村上貞助に口述を筆記させ、『東韃地方紀行』、『北夷分界余話』としてまとめ、文化8年1月、江戸に赴いて地図と共に幕府に提出した。

江戸において林蔵は伊能忠敬の邸に出入りして測量技能の向上に努めた。

文化8年(1811年)4月、松前奉行支配調役下役格に昇進。同年12月、ゴローニン事件の調査のため松前に派遣される。文政5年(1822年)、普請役となる。文政11年(1828年)には勘定奉行村垣定行の部下になり、幕府の隠密として全国各地を調査し、石州浜田藩の密貿易の実態を掴み、大坂町奉行矢部定謙に報告し検挙に至らせる(竹島事件)などの活動に従事する。

これを探検家が隠密に転身したかのように解釈する向きがあるがそもそも樺太探検自体が対ロシア・対清国の隠密行動であり、単に隠密としての諜報活動の場が変わったに過ぎない。林蔵は変装の名人であり、アイヌ民や乞食など様々な変装をこなしており、後に「乞食に変装した時は、(着衣がボロボロなので)預かった資金を懐中に隠すのに苦労した」と述懐している。浜田藩の密貿易調査の際も、商人に変装して回船問屋・会津屋への潜入に成功している。

また、シーボルト事件を幕府に密告したとされている。蘭学者小関三英は兄への手紙の中で、林蔵を天文方高橋景保を密告し幕府に捕えさせた者として記している。 高橋景保は林蔵にとって大師匠にあたる高橋至時の息子であり、儒教道徳においては許し難い行動であり「さすがは冷酷な忍者である」[2]という非難がなされた。しかし、鎖国を建前としていた当時、外国人との交流を勝手に行う事は許されておらず、幕府に届け出なければならなかったのにも関わらず、景保はこれを破って密かにシーボルトとやりとりしており、シーボルトから景保宛の書簡に林蔵宛の包みも入っていたので林蔵が規定通り届け出たところ、景保とシーボルトの関わりが明らかになったという経緯からすれば、林蔵に対する非難は的確でないといえる。[要出典]

探索で培った、蝦夷・樺太方面に対する豊富な知識や海防に対する見識が高く評価され、老中大久保忠真に重用され、川路聖謨江川英龍らとも親交を持った。また、当時蝦夷地の支配を画策していた水戸藩徳川斉昭の招きを受け、水戸藩邸等に出入りして斉昭に献策し、藤田東湖らと交流を持った。 

晩年は身体が衰弱し、隠密行動も不可能になったという。天保15年2月26日(1844年4月13日)、江戸深川蛤町か本所外手町において没した。梅毒を死因とする説もある[3]。 実子は無かったが、浅草の札差青柳家から鉄二郎(孝順)が養子に入って家督を相続した。

墓所は、東京都江東区本立院及び、茨城県つくばみらい市上柳の専称寺にある。

1904年明治37年)4月22日、贈正五位

蝦夷地測量[編集]

伊能忠敬が間宮に測量の技術を教授し、間宮の測量の精度があがったという。忠敬がスケジュールの都合上全ての蝦夷地を測量できなかったとき、残りの蝦夷地測量を間宮が代わりに測量して測量図を作った。その結果、大日本沿海輿地全図の蝦夷以北の地図は最終的に忠敬の測量図と間宮の測量図を合体させたものになったという。

参考[編集]

  • 生年については、間宮家の菩提寺である専称寺の過去帳に基づいて安永9年(1780年)とされるが、天保15年(1844年)に林蔵の跡目相続の際に幕府へ提出された伺書に記された年齢に基づいて安永4年(1775年)とする説もある。
  • 林蔵とアイヌ人女性との間に生まれた娘の子孫が現在でも北海道に在住している。間宮林蔵顕彰会によると郷土史研究家の調査で子孫と確認された[4]
  • 東京都江東区の本立院の墓は、生前に自ら建てたとされ、墓石には「間宮林蔵蕪崇之墓」と刻まれているが、文字は水戸藩主・徳川斉昭が選したものであった。この墓は昭和20年(1945年)3月10日の東京大空襲で破損したが、戦後の昭和21年5月に拓本を基に再建された。昭和30年(1955年)には、当時総理大臣であった鳩山一郎揮毫による記念碑「間宮林蔵先生之塋域」が境内に建てられた。
  • 茨城県つくばみらい市上柳の専称寺の墓は、蝦夷地探査に先立って決死の覚悟を持って建てたとされる。墓が建てられた正確な年代はわからないが、「間宮林蔵墓」と記された文字は林蔵の自筆であると伝わる。昭和30年(1955年)、茨城県の史跡に指定された。隣には両親の墓が並んでおり、墓前に明治43年に志賀重昂らによって建立された林蔵の顕彰碑がある。
  • 茨城県つくばみらい市上平柳には、林蔵の生家跡に隣接して、旧伊奈町が顕彰事業の一つとして建設し、関連資料や遺品等を展示した「間宮林蔵記念館」及び、移築した生家がある。
  • 茨城県取手市の小貝川岡堰には「間宮林蔵立像」がある。
  • 北海道稚内市第二清浜地区には、林蔵が樺太に渡った際の出発推定地として「間宮林蔵渡樺出港の地碑」が建てられており、林蔵が樺太行きに際して持参したと伝わる墓石がある。
  • 北海道稚内市の宗谷岬には、生誕200年を記念して昭和55年7月に建てられた「間宮林蔵立像」がある。
  • 平成11年(1999年)9月、アマチュア天文家・渡辺和郎が発見した小惑星12127番は、間宮林蔵にちなんで「Mamiya」と命名された。

関連作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デレンは現在のノヴォイリノフカ(Новоильиновка)にあった可能性が高いとする説が提唱されている。- 高橋大輔『間宮林蔵・探検家一代』(中公新書ラクレ)
  2. ^ 間宮林蔵が忍者であるかどうかは微妙であるが、このように噂された。
  3. ^ 杉浦守邦 『江戸期文化人の死因』 思文閣出版 2008年
  4. ^ “間宮林蔵の子孫が一堂に 茨城県・伊奈町”. 共同通信. (2003年10月25日). http://www.47news.jp/CN/200310/CN2003102501000117.html 週刊朝日2014年9月5日号189ページ

参考文献[編集]

  • 洞富雄『間宮林蔵』吉川弘文館(人物叢書)1960
  • 赤羽栄一『間宮林蔵 北方地理学の建設者』清水書院、1974 のち「未踏世界の探検・間宮林蔵」清水新書
  • 小谷野敦『間宮林蔵〈隠密説〉の虚実』教育出版(江戸東京ライブラリー)1998

関連項目[編集]