物々交換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

物々交換(ぶつぶつこうかん、: barter)とは、物品と物品を直接に交換する決済手段である。お金(通貨)が存在しなかった時代での決済手段とされてきたが、まだ物々交換で経済が成り立っていたという記録は見つかっていない[1]。「物」とあるが、無形のサービスについても使う。

概説[編集]

何羽分かの鶏肉を新聞の年間購読と交換しようとする男性

貨幣などの媒介物を経ず、物やサービスを直接的に交換する、交換の基本形態である。 例えば、村や街の市場(いちば)で、芋を大量に持っている人が、服を大量に持っている人に、芋と服を交換することを持ちかけ、交換する割合やその量といった内容について合意できたら、物々交換が行われる。 また市場以外でも、何らかの物品を大量に持っている人が家々、街々を巡りつつ物々交換を行うという方法がある。例えば芋を大量に持っている農家の人が、その芋の山を馬車荷台に積み、街まで行き、人々に「芋いらんか~」などと声をかけ、欲しいと言った人に何を交換物として出せるか尋ね、提示された品物に応じて、それにふさわしいと農家側が考える芋の量を提示して物々交換を行う。家や街を巡るうちに、荷台にあった芋の山が、次第に様々な日用品や道具や衣類などに変わってゆくことになり、芋の山が必要な品々に変わった時点で自分の家へと帰る。

このように、物々交換は自分の持つを相手が欲求し、自分の欲する財を相手が持っているという2つの欲望を同時に叶える相手とマッチングし、交渉が折り合った場合に成立する。経済学ではこの条件を「欲望の二重の一致」というが、市場の範囲が広くなる、扱う商品やサービスが多様になるほど、欲望の二重の一致には多くの労力を要し、確率的にも困難となる[2] 。この非効率さを解消するために貨幣が出現したという説が有力となっている[2]

日本では第二次世界大戦太平洋戦争)中に、しばしば物々交換が行われた。日本では食料が不足し、政府は食料品を配給制にしたが、次第に配給される食料の量は減り、ついにはとてもではないが配給では人が生きてゆけないほどの量にまで減らしてしまった。そこで街に住む人々はしかたなく、自分が持っている物、例えば着物(特に、日常には用いない高級な着物や「嫁入り道具」として持ってきた着物)、装飾品食器骨董品腕時計等、交換できそうな物を持って、汽車に乗り農村まで行き、農家めぐりを行った。自分が持ってきた物を農家の人の前に提示し、それを農家の側が評価して、米や野菜と交換したり、農家の側が交換を拒否したり、ということが行われた。日本全体では食料が不足していて、街では不足していたが、農家にはまだ十分な米や野菜があったのである。その結果、農家の蔵には、高級な着物や骨とう品が山のように集まってくることになった[3]。切迫した状況下、取引が全く成立しないと飢えてしまうような状況下にあるのはあくまで街の住人の側であり、農家の側からみれば、物々交換が成立しなくてもさほど困るような状況にはなく、取引の場で主導権・決定権を握っているのは農家の側であった。

19世紀や20世紀初頭までは、様々な品目について頻繁に行われていた。 アンデス高地で開かれる市場(いちば)では、冷戦時代あたりまで普通に物々交換が主流で行われていた(21世紀以降は貨幣のほうが優勢になった)[4]

近年の先進国や中進国においては、貨幣への信頼が無くなったり、超インフレーションが起こったり、貨幣の発行が途絶えたりして、貨幣経済が麻痺した状況下で行われる。例えば、ソビエト連邦の崩壊直後のロシアでは物々交換経済が顕著であった。正常に貨幣経済が機能していても、片方に支払い能力が乏しいとき、商品で支払われることがある。給料現物支給なども、物々交換の一種である。

現代の先進国で行われている、植物と植物の物々交換。こうした場が定期的に設けられる。

現代の先進国でも、植物について、定期的に物々交換の場が設けられることがある。ひとりひとりの栽培者の視点で見ると、特定の品種が大量に増える傾向があり、その品種が余ってしまう。そのような人々がひとつの場所に集まり、互いに持っていない品種と物々交換すると、それぞれが持つ品種の数を増やすことができ、様々な植物を楽しむことができるようになる。

物々交換は、貨幣の数値としては現れないので、単純な数字では把握しづらい。物品やサービスの種類ごとに分類すれば、局地的に統計をとったり、推計をすることは一応はできるが、いずれにせよ総量を把握することについてはなかなか難しい面がある。

また、物々交換に対し、税金をかけることは困難である。

近年、インターネットの出現で、双方向通信の特質とでもいえる交換条件の提示と閲覧が容易となった世界において、物々交換を主体としたオンラインサイトが出現している。

文化人類学による物々交換経済の否定[編集]

文化人類学では、「いろんな原始的共同体を調査したが、共同体の中で物々交換(barter)が行われている例を発見できなかった」と近年の古代文明の遺跡の発掘調査と原始社会における調査で物々交換に基づいた経済社会には否定的である。物々交換による経済社会が存在しないということは、商品貨幣論にとっては大前提である「原始社会は物々交換による経済を行なっていた」とする経済学にとっては大きな打撃となった。[5][6]

バーター貿易[編集]

バーター貿易(バーターぼうえき)とは、物々交換による貿易のこと。求償貿易(きゅうしょう ぼうえき)ともいう。

全貿易額を等価交換するものから、一定期間を過ぎた後に交換によって生じた貿易差額を現金で清算・勘定するものまで、様々な形態がある。

主に外貨が不足している発展途上国との貿易で使われ、旧共産圏内で多用された。

企業[編集]

企業間のキャッシュレス取引は「バーター取引(barter transaction)」と呼ばれるが、IRTAなどの国際的組織によるバーター取引は、法定通貨の代わりにブローカーが発行する代替通貨を介した貿易であり、本来の意味での物々交換とは乖離がある[7]


脚注[編集]

  1. ^ 「おかね」のはじまり 八十二文化財団
  2. ^ a b 清水崇 (2003). “貨幣の探索理論の新展開”. 経済学研究 (一橋大学) 45: 197-234. doi:10.15057/9227. 
  3. ^ そのあたりの状況は、NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」「とと姉ちゃん」などで描かれている。
  4. ^ NHK BSプレミアム「天涯の地に少年は育つ アンデス 神の糸を刈る日」(2006年放映)
  5. ^ フェリックス・マーティン『21世紀の貨幣論』16~17ページ
  6. ^ デヴィッド・グレーバー『負債論 貨幣と暴力の5000年』34~64ページ
  7. ^ トーマス・グレコ『地域通貨ルネサンス』大沼安史訳 本の泉社 2001 ISBN 4880233420 pp.137-140.

関連項目[編集]