お金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

現代の日本では「お金」で次のようなものを指しうる。

かね)の基本的な意味としては、金属など)の総称や金属製品の総称[1]であるが、お金(おかね)で貨幣としての黄金[1]も指すようになった。なお、近世上方では、貨幣として銀を用いたので、「おかね」には「金」ではなく「銀」の字をあてた[1](「お銀」、江戸時代の三貨制度#流通状況)。

出典[編集]

  1. ^ a b c 広辞苑 第五版 p.538 かね【金】