リヒャルト・マーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Richard Maack

リヒャルト・オットー・マーク(Richard Otto Maack 、または Richard Karlovic Maak、ロシア語表記: Ричард Карлович Маак; 1825年9月4日1886年11月25日)は、ロシア博物学者、地理学者人類学者である。ロシアの極東地域、シベリアで研究した[1]

現在はエストニアのアレンスブルク(クレサーレ)で生まれた。マークの生きた時代はエストニアはロシア帝国の一部であった。サンクトペテルブルク大学自然科学を学び、1852年にイルクーツクの高校(Gymnasium)の教授になり、後に校長になった。1868年から1879年には北シベリアの学校の監督官を務めた。 1850年代に何度もシベリアを探検し、アムール川(1855年–1856年)、ウスリー川(1859年)も訪れた[2]。1853年から1855年に行われたロシア地理学会のヴィリュイ川チョーナ川流域の探検に参加し、山岳学、地質学、人口についての報告を行った。多くの新種の博物学的標本を収集した。

植物学の分野ではハシドイの変種、Syringa reticulata var. amurensisカール・ヨハン・マキシモヴィッチと独立に発見したとされる[3]

マメ科の属名、Maackiaスイカズラ科の種、Lonicera maackii献名されている。

Maackは、植物の学名命名者を示す場合にリヒャルト・マークを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Puteshestvie na Amur/Путешествие на Амур (Travels on the Amur). 1859. St. Petersburg.
  • Puteshestvie po doline ryeki Ussuri/Путешествие в долину реки Уссури (Journey through the Ussuri river valley). 1861 St. Petersburg.
  • Вилюйский округ Якутской области (Vilyuysky District Yakut area) (1877–86)
  • Очерк флоры Уссурийской страны (Essay flora Ussuri country) 1862.
  • Енисейская губерния (Yenisei province) in the "List of settlements Russian Empire".

参考文献[編集]

  1. ^ The Standard Cyclopedia of Horticulture by Liberty Hyde Bailey, 1916, pg. 124.
  2. ^ Great Soviet Encyclopedia Richard Maak. Materials provided by the project Rubrikon.
  3. ^ Lilacs By John L. Fiala, 2002 p. 45. Timber Press.