卑語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

卑語(ひご、英語: Swear Words)とは、現代では下品な言葉、卑猥な言葉をいう。もとは田舎の言葉、または世俗の言葉(鄙言:ひげん)の意であった。しばしば侮蔑の感情を含んだり、怒りを伝える罵詈雑言、罵倒語となることもあり、合わせて「卑罵語」(英語 profanity)と呼ばれる。改まった場ではもちろん、人前で用いるのは慎むべきとされる。

概要[編集]

多くの言語で、性器性交排泄物精液臀部肛門乳房に関する俗語(スラング)の多くが相当する。同じものを指しても、陰茎大便などの医学用語を使うと卑語として働かなくなる。

排泄物や性器に関する言葉の一部は、親が使うのを禁止するのをおもしろがり、あるいは排泄行為を気持ちよく感じて、幼児がよく発する。

多くの単語は放送禁止用語扱いであり、新聞・雑誌などでは「f**k」、「○んこ」などのように、伏字で書かれる事がしばしばである。中国語広東語では似た音の別の漢字に書き換えたり、偏旁を取って書き換えたりということも行われる。また、多くの場合、オンラインゲームのチャット電子掲示板では使用禁止ワードとなっている。

人名や外国の地名、区切りを変えた異分析などで、卑語を連想させるものは嘲笑の対象となることが多い。(例:紅萬子キンタマーニ雲黒斎 など)

日本語に於いては性的関連語を、その文言が字数が四文字のものが多く、又字面として角の少なく曲率の大きな画を多用される所から、"丸味四文字"とも云う。後述される英語の語彙の"four letter words四文字語)"との共通点がある所に注意されたし。

又、所謂"世俗語"の領域にも含まれるが、一部の社会に於いてある特定の条件の要素を持つ場合に、それを卑下して使用するものがある。

日本語における卑語[編集]

以下のような例が相当する。

  • 性器関連 - ちんぽ、ちんちん、まんこ、おめこ、きんたま、(九州の一部等で)ぼぼ
  • 性交関連 - 犯す、こます、いてこます、かまをほる
  • 臀部 - けつ
  • 排泄物 - くそ、うんこ、しっこ
  • 嗜好・思想・社会関連 - ネトウヨ、ネトサヨ、オタク(或いはヲタク)、腐女子、貴腐人、フェミ、逝ってよし、えた、非人、部落、チョン、厨奸

その他、外見・体質・機能的な差異を貶める場合があり、ハゲ(禿)、でべそ、片輪、唖、いざり等と卑語扱いされ得るものは枚挙に暇がなく、又地方に拠っては共通語に存在しない卑語がある事もあり注意が必要である。 歴史的に有名な所では野口英世の幼少時にあだ名された"てんぼう"は"手ん棒"の意味であり、これも立派な卑語である。

英語における卑語[編集]

  • asshole(アスホール) - (直訳すると肛門
  • four letter words四文字語) - 英語では、4文字の単語が多い(shit, cunt, fuck, suckなど)ことから、俗に四文字語と呼ばれる。
  • seven dirty words - shit, piss, fuck, cunt, cocksucker, motherfucker, tits の総称。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]