首都圏方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

首都圏方言(しゅとけんほうげん)は、現代の東京とそのベッドタウンを中心とした地域で広く使われている日本語新方言である。新東京方言東京新方言などとも呼ばれる。共通語東京方言および西関東方言が融合して成立した、この地域の地域共通語である。

首都圏方言の使用地域は、東京中心部および東京への通勤・通学圏が中心である。『首都圏における言語動態の研究』を執筆した田中ゆかりは、1.5%通勤通学圏(総務省が定義する「関東大都市圏(首都圏)」)のうち、東京都埼玉県千葉県神奈川県に該当する地域を首都圏方言の範囲としている[1]。しかし、1.5%通勤圏は茨城県県南地域栃木県群馬県の一部地域にもまたがっており、首都圏方言の影響は広範囲に及んでいる。

概要[編集]

伝統的には、東京市街では、上流階層が多く住んでいた山の手では山の手言葉が用いられ、町人階層・労働者階層が多く住んでいた下町では下町言葉が用いられ、周囲と異なる言語島を形成してきた。一方、伝統的な江戸市中を画する朱引の外側、すなわち武蔵野台地や葛飾低地の在郷などでは西関東方言が用いられてきた。しかし、首都という特性から東京は人口の流動性が高く、東京出身者の郊外移住(ドーナツ化現象)や地方出身者の東京移住(東京一極集中)、東京市街地の拡大による周辺農村地帯の都市化が起こった。とりわけ関東大震災後の時期や高度経済成長の時期に急激に進展し、従来の「下町」「山の手」「在郷」の違いが曖昧化した。

この現象により、東京やその周辺の方言は大きく変化した。在来の在住者は上述の在来の各方言を用い、東京への移住者は、各々の母方言や後天的に習得した東京方言、また義務教育マスメディアを通じて習得した共通語を用いたが、世代が変わるにつれて、郊外の住宅街を中心とする広い地域で、東京方言・西関東方言・共通語などが融合した口語方言を母方言として獲得し、もっぱらこれを用いるようになっていった。これを新方言の一種と捉えて首都圏方言という。首都圏方言は従来の方言に比べ均質性が強いが、必ずしも厳密に統一されたものではなく、柔軟性に富み、さまざまな要素を取り入れて変化する。

現在、東京およびその近郊で伝統的な方言を話すのは戦前生まれが中心で、団塊世代から下の世代は、軒並み首都圏方言に取って替わられつつある。首都圏で広まった新しい表現は「くだけた共通語のしゃべり口調」としてマスメディアを通じて日本全国に発信され、首都圏だけでなく日本各地の方言に影響を与えている。一方で、地方出身者や郊外からの通勤通学者の増加により、首都圏方言の形成・変化には日本各地の方言が影響を与えている。

首都圏方言と共通語の違い[編集]

日本の方言分布図
青・緑=東日本方言、黄褐=西日本方言、黄・橙=九州方言
日本語のアクセント分布図

首都圏方言は、実際には標準語とは違い、あくまで首都圏地域で最も使用される方言の一種であるにもかかわらず、口語的なくだけた全国共通語として扱われることが多い。そのため、首都圏方言話者は、自分達の口語について方言であると意識しないことが一般的であり、首都圏方言を方言として扱われることに違和感を示す人も多い。実際、首都圏方言話者にとって標準語・共通語との区別を意識しにくく、両者の切り替えが難しいことから、むしろ非首都圏方言話者の話す標準語・共通語のほうが正しく綺麗であるとされる。非首都圏方言話者にとっては、地方から首都圏へ来て、もともと思い描いていた標準語・共通語とは違うと感じることも多い。

メディアにおいても、伝統的な関東方言や下町言葉が方言として扱われることはあっても、首都圏方言が方言として扱われることはほとんどない。1970年代までのメディアにおいては共通語・標準語が主に使用され、首都圏方言的なアクセント・表現・語彙の使用は比較的少なかった。しかし、1980年代よりドラマ映画アニメバラエティ番組を中心に首都圏方言がふんだんに使われることが多くなり、2000年代になると、アナウンサーまでもが首都圏方言を使用する時代になった。そのため、他の方言とは違い、首都圏では日常的に首都圏方言特有の表現と共通語、標準語との差異を認識する機会に乏しく、あくまで共通語・標準語として全国的に通じる表現であると思っている場合が非常に多い。さらに、首都圏で広まりを見せる新たな表現や発音などが、方言としてではなく日本語そのものの変化や乱れとしてメディアなどに取り上げられ全国的に伝播された結果、首都圏限定だった言葉の変化が全国的に広まり、標準語の口語体となってしまうことが多いことでその傾向に拍車をかけている。

首都圏方言は、日本語の新方言の中で最も有力かつ勢力の強いものであり、在京キー局メディアを通じて、全国各地の方言に強い影響を与えている。文化面・経済面で東京志向が強かったり、地元の方言への愛着が薄かったりする地域(方言コンプレックスの強い地域)、特に右図の日本語の方言分布図で示した北日本東日本東日本方言地域の都市部を中心に特に語彙・表現面では在来の方言を駆逐する勢いで若年層に首都圏方言が広まっている地域も少なくなく、地域方言の保存という観点から見ると問題となっているが、アクセント面では中輪東京式アクセントである首都圏方言との違いが比較的残ることも多い。従来東京の文化的影響を受けにくいとされてきた西日本においても、首都圏方言の影響が見られないわけではないものの、北日本、東日本と比べると首都圏方言への憧れは小さく、地域方言への愛着も根強いため、影響はそれほど大きくない。当然のことながら、右図で示したアクセント分布図で見ると京阪式アクセント地域(特に近畿地方)は首都圏方言の影響力は小さい一方、東京式アクセント地域では影響を受けやすくなっている。

発音・アクセント・文法[編集]

発音[編集]

音素体系は、共通語のそれにほぼ準ずる。下町方言に著しい /hi/ と /si/ の音素上の混同は、すっかり影を潜めている。

口蓋化子音行におけるイ段とウ段の混同(拗音の直音化。例:芸術(ゲージツ))も、在来の東京方言ほど顕著ではないが、見られないわけではない。

音声に関しては、ほぼ西関東方言または東京方言に準じており、イ段ウ段の母音の中舌化・濁音子音の鼻音化など東北方言東関東方言と共通する要素は、全く見られない。母音の無声化は西関東方言に準じて広く見られる。

/ai, oi/ を [e:] と発音する連母音融合は、西関東方言や下町方言に準じて広く行われる。「たけえ(高い)」「すげえ(凄い)」「行かねえ(行かない)」など。

ただし一部の語においては、下町方言(江戸言葉)のような連母音融合が行われないものもある。 (例)大根→×でえこん  帰る→×けえる   

全国各地の方言に見られるものだが、語尾や助詞などの一部が促音化または撥音化する傾向が強い。首都圏方言の中でも、促音化が優勢な地域(例:「すっから(するから)」)と、撥音を好む地域(例:「すんから(するから)」)があり、基層となっている西関東方言の地域性の反映と思われる。

東京方言が持っていたガ行鼻濁音に関する複雑な条件異音としての使い分けは、世代を追うごとに著しく衰退し、若年層では鼻濁音の使い分けに関する規範がほぼ失われている。一方、埼玉弁や群馬弁には元からガ行鼻濁音が存在しない。

語中の撥音が母音化する傾向がある。 (例)全員:ぜんいん→ぜえいん、雰囲気:ふんいき→ふいんき

ラ行音が撥音便化する傾向が強い。例:わからない(共通語)→わかんない(首都圏方言)、かもしれない(共通語)→かもしんない(首都圏方言)

サ行の口蓋化が衰退し、/si/を[si](スィ)と発音するようになりつつあると報告されたことがあった。

アクセント[編集]

アクセント体系としては、中輪東京式アクセントであり、体系上の地位については東京方言、西関東方言を完全に引き継いでいる。これほどの各地との人口移動にも関わらず、一般に方言アクセント分類のメルクマールとされる2拍名詞について、保守的な中輪東京式(1類 低高(高)/2・3類 低高(低)/4・5類 高低(低))の所属にも具体的型にも混乱は見られない。ただし、東京方言、首都圏方言のいずれも、第2類にわずかながら平板型が見られる。また、いくつかの目立つ特徴があり、とりわけ他地域の方言話者に「共通語との違い」として言及されることが多い。

外来語等の平板型アクセントは、西関東方言や共通語アクセントに内在する法則である。外来語アクセントについては、外国語のアクセント(特に英語の強弱アクセント)を、高低アクセントのアクセント核として翻訳して取り入れる傾向が存在すると主張する説もある。

用言アクセントについて、一般的に単純化の傾向がある。かつて、特に形容詞アクセントについて、連用形アクセントを皮切りに、平板型に統合されつつあると主張されていたが、現在ではむしろ起伏型に統合される傾向であると主張する説もある。

3拍の起伏型形容詞連用形のアクセントが、中高型になる傾向が広まっている。高く(高低低)→(低高低)。京阪式アクセントの影響も考えられるが、単にアクセント核の活用による移動がなくなっただけとする説もある。

特に若年層では疑問文において、「…ない?」のアクセントが尻上がりになる傾向がみられる。 (例)高くない?:かくな→たかくない、少なくない?:すくなくな→すくなくない

標準語では起伏型であるアクセントが、平板型で発音されるものがある。 (例)彼氏:れし→かれし、ナレーター:ナーター→ナレーター、電車:んしゃ→でんしゃ、歓迎会:かんげいかい→かんげいかい

一方で、標準語では平板型であるアクセントが、起伏型で発音されるものも見られる。 (例)油:あぶら→あら、違う:ちがう→ちう、遅い:おそい→お

他に、具体的に指摘される例を挙げる[2]

  • 「二十・三十・四十・九十」などに「円・年・人・枚」が続く時、東京方言では頭高型に発音するが、首都圏方言では中高型に発音する。(例)二十円:じゅうえん→にじゅうえん、四十年:んじゅうねん→よんじゅうねん
  • 起伏型の動詞がはじめに来る複合動詞は、東京方言では平板型に発音するが、首都圏方言では中高型に発音する。(例)読み上げる:よみあげる→よみあげる、飲み直す:のみなおす→のみなお
  • 「こうるさい」「なまやさしい」など強調の接頭語が付いた語は、東京方言では頭高型に発音するものがあるが、首都圏方言では中高型で発音する。(例)まやさしい→なまやさし

上記以外にも首都圏方言では、近年共通語とは異なるアクセントの語が複数見られる。


左が共通語のアクセント、右が近年首都圏で見られるアクセント。  

  • 四月:しがつ(尾高) ←→ がつ(頭高)
  • 鏡:かがみ(尾高) ←→ かみ(中高) 
  • 熊:く(尾高) ←→ ま(頭高)
  • 15分:じゅうごふん(頭高) もしくは じゅう・ふん ←→ じゅうごふん(中高)  
  • 熱くなる/暑くなる:つくなる(頭高) ←→ あつくなる(中高)<共通語の「厚くなる」のアクセントに同じ>      

文法・語法[編集]

文法は、基本的には東京方言または共通語のそれを引き継いでいる。「だ/や・じゃ」「ない/ぬ」「いる/おる」「く(形容詞連用形)/う」「買った/買うた」などの東西対立要素は、すべて西関東方言、東京方言に準ずる。東北方言に広く使われる「さ(方向の格助詞)」などは全く使われない。意志表現については、東京方言または共通語を引き継いで、「う・よう」が使われている。

敬語法は、東京山手方言や古風な共通語と比較すると著しく衰退している。首都圏方言で「敬語」といえば、助動詞「です」「ます」を用いた丁寧表現(敬体)のことであり、対立表現は「ため口」(常体)である。「お…になる」「…らす」「なさる」「くださる」「いらっしゃる」などの山の手方言の複雑な尊敬語が使われることは少なくなりつつある。 「うけたまわる」「申し上げる」「拝見する」などの謙譲語も使われないわけではないが衰退傾向にあり、「おります」を謙譲語として用いることは極めて少なく、事実上「おる」を追放して東日本方言標準の「いる」専用地域となっている。ただ、「です」だけは非常に勢力が強く、社会生活上極めて頻繁に用いられている。また、「形容詞+です」の形が、過去形(「…かった+です」)も含めて広く認められ、ほぼ万能の地位を獲得しており、「おはようございます」などの慣用表現以外で「ございます」などが使われることは皆無である。さらに最近では、「…ません」に代わって、「…ないです」となる傾向が広まってきている。(例)ありません→ないです、いりません→いらないです

このように山の手言葉や本来の標準語が有していた複雑な敬語体系が大幅に単純化され、事実上「です」「ます」のみを使うようになりつつある。

可能表現は、五段動詞の可能動詞に準じて、一段動詞においても/-ar-/を挟まないいわゆる「ら抜き言葉」が広く使われている。

首都圏方言は完結相を多用する特徴がある。例:英語が話せた(共通語)→英語が話せちゃった(首都圏方言)

表現[編集]

「新方言」の提唱者である井上史雄は、首都圏で見られる主な新方言の具体例として次のものを挙げた。

  • ちがかった - 五段活用動詞「違う」の形容詞活用化。栃木・福島県の方言から。
  • うざったい - 「鬱陶しい」を意味する形容詞。略して「うざい」とも。多摩地方の方言から。
  • ちっけった - 「じゃんけん」のこと。
  • みたく - 「みたい(だ)」を形容詞のように活用させたもの。北関東の方言から。(例)お母さんみたいに→お母さんみたく
  • きれくない - 形容動詞「きれい(だ)」の語幹末尾「い」を形容詞活用語尾と混同しての形容詞活用化。(例)きれいじゃない?→きれくない?
    • これは実際には「きれいくない?」と言っているところかもしれない。そうすると単に、名詞(形容動詞語幹)「きれい」に形容詞の活用語尾「く」を付けただけであるといえる。
  • ぴんた - 「びんた」の転。
  • よこはいり - 「割り込み」のこと。
  • ら抜き言葉 - 大正時代からある表現だが、戦後になって使用が拡大している。(例)見られる→見れる

その他、現在の首都圏で広まっている比較的新しい表現には次のものがある。

  • …(する)よか - 〜するしか、〜よりも。北関東の方言から。
  • こちとら - 一人称。おれ。われわれ。
  • 青たん - 青あざ。北海道方言由来。
  • かたす - 片づける。
  • かったるい - 身体が疲れてだるい。北海道方言から。
  • くっちゃべる - 無駄なおしゃべりを続ける。北海道方言から。
  • だべる - 無駄話をする。駄弁の動詞化。
  • つんのめる - 倒れそうになるほど体が前に傾く。茨城弁から。
  • …した時ある - 「…したことある」の意味。東北地方の方言から。
  • 多いい - 「多い」の転訛。アクセントも標準語とは異なり、標準語の「多い」では おい もしくは おい と発音する(NHKアクセント辞典では前者を推奨)が、首都圏方言の「多いい」では おおいい と発音する。
  • 東京方言では「してしまった」を「しちまった」や「しちゃった」と変形させるが、北関東の方言の影響から、「しちった」という表現が新たに使われ出している。なお「しちまった」や「しちゃった」も明治時代に東京近郊の方言から取り入れられた表現である。
  • 中部地方三河弁遠州弁あるいは甲州弁)で発生し、多摩地方や神奈川県を経由して取り入れられた「じゃん」が有名である。東京都内より横浜方面で先に広まったことから、これを「横浜弁」と認識している者が多いが、現実には横浜の伝統的な方言でも、横浜発祥の新方言でもない。
  • 「違い」形容詞的活用は、終止形「ちげー」として用いられる場合もある(特に終助詞「よ」が付く場合に顕著:「ちげーよ」)。この場合、「ちげー」は完全な形容詞平板型アクセントを獲得しており、形容詞の型の弁別は失われていない。

新しい表現が広まる一方で、「おっこちる・おっことす(=落ちる・落とす)」「のっかる・のっける(=のる・のせる)」「ぶっとばす(=なぐりとばす)」「おっかける(=追いかける)」「ぶんなぐる(殴る)」など、動詞の前に促音や撥音を含む接頭語を挿入する現象や、「かたす(=片づける)」などの伝統的な方言の表現が若年層に継承されている例もある。

若者の話し言葉では、くだけた感じや親密な感じを出すために他地方の方言(特に「お笑い」のイメージが定着している大阪弁)を意図的に混ぜることがある。2005年頃には、東京の女子高生を中心に日本各地の方言をメールなどに織り交ぜることが流行した(方言のおもちゃ化・アクセサリー化)。また近年の接客業でよく使われる「よろしかったですか」などのいわゆるバイト敬語(コンビニ敬語)は、北海道方言などの影響を受けているとの指摘がある。

脚注[編集]

  1. ^ 田中ゆかり『首都圏における言語動態の研究』、2010年、笠間書院。
  2. ^ 平山、秋永ほか(2007年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • 河口域英語 - ロンドン東部のいわば新方言として、英国の事実上の新しい共通語となりつつあるもの
  • 関西共通語 - 首都圏方言と成立の経緯が似ている京阪神の新方言
  • 唐芋標準語 - 薩隅方言話者が共通語を習得した際に生まれた「鹿児島訛りの共通語」
  • ウチナーヤマトグチ - 沖縄県の新方言
  • ギャル語 - 首都圏方言をベースにしている若年女性の言語。「渋谷弁」とも。