朱引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朱引(しゅびき)とは、江戸幕府江戸の範囲を示すために使った用語であり[1]、地図上に朱線で囲った地域として示されたことに由来する。

一般に「大江戸」として認識されているのが、この朱引の範囲であり[2]、現在の山手線の周辺と隅田川東岸の下町地域(墨田区および江東区)を合わせた地域にほぼ一致する。「朱引」は1818年に初めて定められ、その呼称は明治時代に至るまで使われた。

概要[編集]

江戸城築城以来、江戸の市域は拡大を続け、19世紀初頭にはすでに、その範囲は不明確となっていた。幕府目付・牧野助左衛門(まきのすけざえもん)は1818年(文政元年)8月、市域の確定を求める「御府内外境筋之儀」についての伺いを出し、それを受けて同年12月、老中安部正精(あべまさきよ)によって示された幕府の見解が朱引である[3][4]。「旧江戸朱引内図」(1818年、東京都公文書館所蔵)はこの答申に基づいて作成され[2]、江戸の範囲はその地図上に、江戸城を中心とする朱色の線(朱引線)で囲まれた区域として示されている。

これは、歴史上初めて正式に示された江戸市域(大江戸)の範囲であり、「朱引内(しゅびきうち),」[5]、「御府内(ごふない)」、などとも呼ばれる。この外側は朱引外(しゅびきそと)と呼ばれる。

範囲[編集]

朱引の範囲(大江戸)は、「四里四方」といわれ、東は平井亀戸周辺、西は代々木角筈周辺、南は品川周辺、北は千住板橋周辺までである[2]

現在の行政区画では次の範囲に相当する[3]

墨引[編集]

朱引図(旧江戸朱引内図)には朱線と同時に黒線が引かれていたが、これは墨引(すみびき)と呼ばれ、町奉行所支配の範囲を示していた[3]。墨引は、目黒付近で朱引の外側に突出する例外を除いて、朱引よりも更に内側の、江戸城を中心としたより小さな環状域である。

明治期の朱引[編集]

1869年(明治2年)2月19日、東京府は、新たな朱引を定めた。この明治期の朱引は、皇居を中心として、朱引の内側を「市街地」、外側を「郷村地」と定めるものだった[1]。同年3月16日には、朱引内に50区の区画が制定された(五十番組制、五十区制)。1871年(明治4年6月13日)、再改正によって範囲を縮小された朱引内は44区に再編成(朱引内四十四区制)され、1878年(明治11年)の郡区町村編制法の施行(東京15区の制定)まで続いた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 明治四年朱引内四十四区制について 中元幸二 『東京都公文書館 研究紀要』(第4号)、p14-40、平成14年3月
  2. ^ a b c 江戸の市街地の広がりと「大江戸」 (シリーズ・レファレンスの杜) 『東京都公文書館だより』 第6号、p6、東京都公文書館発行、平成17年3月
  3. ^ a b c 江戸の範囲 (レファレンスの杜) 『東京都公文書館 研究紀要』(第4号)、p45-48、平成14年3月
  4. ^ 斗鬼正一 「江戸・東京の身体論」、『情報と社会』 (江戸川大学)第15号、2005年http://www.edogawa-u.ac.jp/~tokim/edotokyonoshintairon.html 
  5. ^ 読み方は国史大辞典(吉川弘文館)、日本国語大辞典(小学館)による

外部リンク[編集]

関連項目[編集]