南品川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 品川区 > 南品川
南品川
青物横丁駅
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 品川区
地域 品川地域
人口 (2015年(平成27年)12月1日現在)
 - 計 18,240人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 140-0004 

南品川(みなみしながわ)は、東京都品川区の地名。一丁目から六丁目までが設置されている。

地理[編集]

品川区東部に位置する。北部は目黒川に接し、これを境に北品川に接する。東部は元なぎさ通りに接し、これを境に東品川に接する。南部は概ね東京都道420号鮫洲大山線に接し、東大井に接する。西部はJR線東海道本線など)の線路に接し、これを境に広町に接する(いずれも地名は品川区)。町域内を南北に第一京浜が、南東部にはジュネーブ平和通り(第一京浜の交差点からは池上通りと名称が変わる)が通っており、五丁目内に仙台坂がある。また北東部にはゼームス坂通りがある。また東部の一丁目・二丁目・三丁目内には旧東海道が通っており、通り沿いは商店や寺院などかつての品川宿の名残を見ることができる。

町域内には京急本線の線路が第一京浜と平行して走っている。新馬場駅青物横丁駅が置かれ、住宅地の他には寺院や商店、工場なども見られる。

通り[編集]

  • ジュネーブ平和通り-第一京浜から青物横丁駅前を通り、品川シーサイドフォレストまでの720mの通り(南品川3丁目)。品川区と友好都市提携を結んだスイスジュネーヴ市から、"Avenue de la Paix"(フランス語で「平和通り」)の標識が送られたことから地元住民の要望により名付けられた[1]江戸時代に海外に流出後、行方不明となった品川寺梵鐘大正時代にジュネーブのアリアナ美術館で発見されて返還され、品川区から新しい梵鐘を贈ったことにより友好都市となった[2]
  • ゼームス坂通り- JR大井町駅から第一京浜(国道15号線)に出る道にある長さ約400メートル、最大勾配約3.5%の坂道(南品川5・6丁目)。もとは浅間坂(せんげんざか)と呼ばれる急坂だったが、英国人のJ.M.ゼームス(J.M.James, 1839~1908)が私財により緩やかな坂にしたことから名付けられた。ゼームスは幕末慶応2年(1865年)にジャーディン・マセソン商会長崎支社の社員として来日し、明治5年(1872年)に海軍省の嘱託になり、測量調査や航海術を指導した。生前から仏教に帰依し、山梨県身延町の久遠寺に眠る[3]

歴史[編集]

江戸時代の品川宿には非人頭松右衛門に支配された非人系部落があったが、第一京浜国道の建設にともなって南品川に移転した[4]。世帯数は約2000であった[4]

交通[編集]

南品川における鉄道駅として、北東部の一丁目北端に京急本線新馬場駅の南口がある(北口は隣の北品川)。南東部の三丁目には隣の青物横丁駅がある。また、北東方向の天王洲アイル駅、南西方向にある大井町駅の利用も多い。他に、大井町駅からのバス路線の利用もある。

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 青物横丁(ジュネーブ平和通り)しながわ観光協会
  2. ^ 東京どんぶらこ 青物横丁 東京新聞、
  3. ^ ゼームス坂(旧浅間坂)品川区役所
  4. ^ a b 川元祥一・藤沢靖介『東京の被差別部落』p.33(三一書房、1984年)

外部リンク[編集]