二葉 (品川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 品川区 > 二葉 (品川区)

二葉(ふたば)は、東京都品川区の地名。一丁目から四丁目までが設置されている。郵便番号は142-0043。

地理[編集]

品川区の南部に位置する。北部は西品川に接する。南東部から南部は立会道路に接し、これを境に大井西大井にそれぞれ接する。西部は第二京浜に接し、これを境に中延に接する。北西部は豊町に接する。

町域内を三間通りが通っている。また横須賀線品鶴線)の線路が縦断しており、北端付近を東急大井町線の線路が東西に通っている。横須賀線西大井駅と東急大井町線下神明駅が至近にある。駅周辺に商店などが見られるほかは、住宅地として利用されている。

歴史[編集]

現在の二葉および豊町に相当する地域江戸時代初期には蛇窪村と呼ばれていたが、正保年間(1644年から1647年)に上蛇窪村下蛇窪村に分かれた。それぞれの鎮守が上神明天祖神社および下神明天祖神社であった。

昭和初期までこの地域は荏原町の大字である上蛇窪、下蛇窪と称していたが、1932年(昭和7年)に荏原区の一部として東京市に編入されるにあたり町議より「蛇」の字を忌避する建議があり[1][2]町議会における議論の結果、上神明町下神明町と改称される。

その後東京市からの町名整理に関する指導を受ける。具体的には上神明、下神明をそれぞれ南北に分け、北同士を統合したものを豊町、南同士を統合し双葉町と称するというのが東京市からの提案であった。荏原区では「双葉」を「二葉」に変えて受け容れ、1941年(昭和16年)にこれを新町名とした。

その後、1964年(昭和39年)より順次実施された住居表示に従い品川区二葉となった。

交通[編集]

南端近くに横須賀線品鶴線西大井駅が置かれている。北端付近には東急大井町線下神明駅が置かれている。また西部では東急大井町線・都営浅草線中延駅も利用可能である。バス路線も利用される。

施設[編集]

公共施設[編集]

教育機関[編集]

神社仏閣[編集]

郵便局・金融機関[編集]

電車[編集]

バス[編集]

東急バス「井01」系統(大井町駅 - 東光寺前- 西大井駅入口 - 二葉三丁目 - 荏原営業所)が大井町駅から二葉町内を横断して荏原営業所へ向かっている。

民間施設等[編集]

  • NFパークビルディング
  • 育健
  • イツキプリント
  • 大盛湯
  • ローレルコート大井町 近鉄不動産

商連[編集]

  • 二葉一丁目商店会
  • 二葉神明商店会
  • 二葉二丁目共盛会
  • 二葉中央商店会
  • のんき通り商店街
  • 二葉三丁目進和会
  • 二葉四丁目共栄会

店舗[編集]

祭事・催事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『荏原町政史: 最近』鏡省三著。p.204~206
  2. ^ 『品川区史料(十三) 品川の地名』p.102
  3. ^ a b c 東急バス時刻表(二葉一丁目). 東急バス株式会社. 2017年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]