コンテンツにスキップ

戸越公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸越公園駅
二子玉川方面ホーム側駅舎(2021年4月25日)
とごしこうえん
Togoshi-kōen
OM02 下神明 (0.7 km)
(0.6 km) 中延 OM04
地図
所在地 東京都品川区戸越五丁目10-15
北緯35度36分31.7秒 東経139度43分5.0秒 / 北緯35.608806度 東経139.718056度 / 35.608806; 139.718056座標: 北緯35度36分31.7秒 東経139度43分5.0秒 / 北緯35.608806度 東経139.718056度 / 35.608806; 139.718056
駅番号 OM03
所属事業者 東急電鉄
所属路線 大井町線
キロ程 1.5 km(大井町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
[東急 1]12,977人/日
-2023年-
開業年月日 1927年昭和2年)7月6日[1]
テンプレートを表示

戸越公園駅(とごしこうえんえき)は、東京都品川区戸越五丁目にある、東急電鉄大井町線である。駅番号OM03

歴史

[編集]

駅構造

[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は各ホームごとにある。

ホームと改札間には階段スロープがある。2面あるホーム間には連絡通路がなく、改札内での往来は出来ない。トイレは下り線側にある。

かつては前後が踏切に挟まれており、ホーム有効長はかつて運行されていた18 m車で4両編成、後に投入される大形20 m車で3両編成分しか確保出来ないことから、大井町寄り2両はドアが開かずドアカット扱いを実施していた。2013年(平成25年)2月に大井町寄りにある踏切を移設する形でホーム有効長を2両分延伸する工事が完了し、同月24日よりドアカットが解消された[6][4]

サービス係「専門社員」導入駅のため、大井町駅より遠隔監視している。

ドアカットの歴史

[編集]

1974年(昭和49年)4月より、田園都市線[注釈 1](当時)でそれまでの18 m車4両編成から8000系[注釈 2]による大形20 m車4両編成運行が開始されたが、踏切に挟まれた当駅はホーム有効長が確保出来ないため、大井町寄り1両をドアカットとした[7]

1976年(昭和51年)4月からは5両編成運行が開始され[2]1981年(昭和56年)4月1日からは初代6000系7200系による18 m車6両編成運行が開始され、これらの車両では大井町寄り2両がドアカットとなった[8]初代5000系5両編成は大井町寄り1両がドアカット[3])。なお、18 m車6両編成は1989年(平成元年)1月26日ダイヤ改正で運行終了している。

のりば

[編集]
番線 路線 方向 行先
1 OM 大井町線 下り 自由が丘二子玉川溝の口方面[9]
2 上り 大井町方面[10]

利用状況

[編集]

2023年度の1日平均乗降人員12,977人[東急 1]である。

近年の1日平均乗降乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[11]
年度 1日平均
乗降人員[12]
1日平均
乗車人員[13]
出典
1990年(平成02年) 9,225 [* 1]
1991年(平成03年) 9,322 [* 2]
1992年(平成04年) 9,030 [* 3]
1993年(平成05年) 8,923 [* 4]
1994年(平成06年) 8,534 [* 5]
1995年(平成07年) 8,332 [* 6]
1996年(平成08年) 7,863 [* 7]
1997年(平成09年) 7,748 [* 8]
1998年(平成10年) 7,430 [* 9]
1999年(平成11年) 7,128 [* 10]
2000年(平成12年) 6,984 [* 11]
2001年(平成13年) 6,839 [* 12]
2002年(平成14年) 13,106 6,641 [* 13]
2003年(平成15年) 13,229 6,683 [* 14]
2004年(平成16年) 13,297 6,641 [* 15]
2005年(平成17年) 13,160 6,598 [* 16]
2006年(平成18年) 13,208 6,619 [* 17]
2007年(平成19年) 13,365 6,658 [* 18]
2008年(平成20年) 13,097 6,529 [* 19]
2009年(平成21年) 12,867 6,408 [* 20]
2010年(平成22年) 12,810 6,367 [* 21]
2011年(平成23年) 12,815 6,369 [* 22]
2012年(平成24年) 13,139 6,529 [* 23]
2013年(平成25年) 14,752 7,329 [* 24]
2014年(平成26年) 14,102 7,002 [* 25]
2015年(平成27年) 14,227 7,056 [* 26]
2016年(平成28年) 14,369 7,126 [* 27]
2017年(平成29年) 14,268 7,068 [* 28]
2018年(平成30年) 13,718 6,792 [* 29]
2019年(令和元年) [東急 2]13,681 6,768 [* 30]
2020年(令和02年) [東急 3]10,426
2021年(令和03年) [東急 4]11,468
2022年(令和04年) [東急 5]12,141
2023年(令和05年) [東急 1]12,977

駅周辺

[編集]

官公庁・公共施設

[編集]

教育機関

[編集]

高等学校

[編集]

小中学校

[編集]

保育園・幼稚園

[編集]
  • 品川区立ゆたか保育園
  • 品川区立南ゆたか保育園
  • 日本音楽学校幼稚園
  • グローバルキッズ戸越園
  • とごし幼稚園
  • 東戸越保育園
  • けやき保育園
  • めるへんキッズ戸越

郵便局 ・ 金融機関

[編集]

交通

[編集]

神社仏閣

[編集]

企業

[編集]

温泉・銭湯施設

[編集]
  • 戸越銀座温泉

店舗

[編集]

ギャラリー

[編集]

隣の駅

[編集]
東急電鉄
OM 大井町線
急行
通過
各駅停車(二子新地・高津は通過)・各駅停車(二子新地・高津に停車
下神明駅 (OM02) - 戸越公園駅 (OM03) - 中延駅 (OM04)

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 当時の東急田園都市線は、大井町駅 - 自由が丘駅 - 二子玉川園駅(現・二子玉川駅) - 長津田駅 - すずかけ台駅である。
  2. ^ この時投入されたのは、5次車4両編成5本(8043 - 8051編成)で、デハ8100形にパンタグラフ2台を搭載するなど、特異なグループである。

出典

[編集]
  1. ^ a b c 東急の駅、p.134。
  2. ^ a b c 萩原二郎・萩原俊夫(東京急行電鉄交通事業本部車両部車両課)「私鉄車両めぐり〔111〕東京急行電鉄」『鉄道ピクトリアルアーカイブセレクション40 東京急行電鉄1970』、電気車研究会、2018年10月10日、122頁、ISSN 0040-4047 
  3. ^ a b c 小林和明「東急’84-チャレンジ100キロ」『鉄道ピクトリアル』第35巻第1号(通巻第442号)、電気車研究会、1985年1月10日、198頁、ISSN 0040-4047 
  4. ^ a b HOTほっとTOKYU No.396 2013年3月号 > 大井町線 戸越公園駅のホームが延伸します” (PDF). 東京急行電鉄 (2013年2月20日). 2020年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月3日閲覧。
  5. ^ 品川区都市環境部 都市開発課 (18 April 2022). 品川区総務委員会 (PDF). 品川区総合実施計画の策定について (PDF). 品川区企画部 企画調整課. p. 163. 2022年6月21日閲覧
  6. ^ 戸越公園駅ホーム延伸工事”. 東京急行電鉄. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月24日閲覧。
  7. ^ 萩原俊夫(東京急行電鉄交通事業本部車両部車両課)「東京急行電鉄8000形系車両の近況」『鉄道ピクトリアルアーカイブセレクション40 東京急行電鉄1970』、電気車研究会、2018年10月10日、68頁、ISSN 0040-4047 
  8. ^ 萩原俊夫(東京急行電鉄交通事業本部車両部車両課)「東急ニュース ’81-4」『鉄道ファン』第21巻第7号(通巻第243号)、交友社、1981年7月1日、121 - 124頁。 
  9. ^ 大井町線標準時刻表 戸越公園駅 溝の口方面”. 東急電鉄. 2023年3月18日閲覧。
  10. ^ 大井町線標準時刻表 戸越公園駅 大井町方面”. 東急電鉄. 2023年3月18日閲覧。
  11. ^ 品川区の統計 - 品川区
  12. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  13. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  14. ^ a b c d e f g 東急バス時刻表(戸越三丁目). 東急バス株式会社. 2017年9月13日閲覧。
  15. ^ 戸越公園商店街(沿線を楽しもう) - 東急沿線情報サイト とくらく(東急電鉄、2013年11月15日閲覧)
東京都統計年鑑
東急電鉄の1日平均利用客数
  1. ^ a b c 東急電鉄株式会社. “2023年度乗降人員 |東急電鉄”. 2024年6月8日閲覧。
  2. ^ 東急電鉄株式会社. “2019年度乗降人員 |東急電鉄”. 2023年6月10日閲覧。
  3. ^ 東急電鉄株式会社. “2020年度乗降人員 |東急電鉄”. 2023年6月10日閲覧。
  4. ^ 東急電鉄株式会社. “2021年度乗降人員 |東急電鉄”. 2023年6月10日閲覧。
  5. ^ 東急電鉄株式会社. “2022年度乗降人員 |東急電鉄”. 2023年6月10日閲覧。

参考文献

[編集]
  • 宮田道一『東急の駅 今昔・昭和の面影』JTBパブリッシング、2008年9月1日。ISBN 9784533071669 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]