すずかけ台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずかけ台駅
正面口
正面口
すずかけだい
Suzukakedai
DT23 つくし野 (1.2km)
(1.2km) 南町田 DT25
所在地 東京都町田市南つくし野三丁目1番地
駅番号  DT 24 
所属事業者 TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄(東急)
所属路線 DT 田園都市線
キロ程 28.0km(渋谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
11,437人/日
-2015年-
開業年月日 1972年(昭和47年)4月1日 [1]
テンプレートを表示
プラットホーム
駅売店があった頃の駅舎(2007年5月)
駅前の様子(2009年2月)
周辺の街並み(2009年2月)

すずかけ台駅(すずかけだいえき)は、東京都町田市南つくし野三丁目にある、東京急行電鉄田園都市線である。駅番号DT24

県境にある駅で駅自体は町田市に存在するが、駅のすぐ裏側は神奈川県横浜市である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅

元々駅舎正面左側の改札外には駅売店toksがあったが閉店し、現在は自動販売機が設置されている。また、駅舎正面右側の改札外にはコンビニam/pmがあったが、2010年11月22日LAWSON+toksにリニューアルされた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 DT 田園都市線 下り 中央林間方面
2 上り 二子玉川渋谷Z 半蔵門線 押上TS 東武線 春日部方面

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員は11,437人である[3]

近年の1日平均乗降人員と乗車人員は下記のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[4]
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員[6]
出典
1976年(昭和51年) 2,934 [* 1]
1977年(昭和52年) 3,005 [* 2]
1978年(昭和53年) 3,342 [* 3]
1979年(昭和54年) 3,903 [* 4]
1980年(昭和55年) 4,054 [* 5]
1981年(昭和56年) 4,181 [* 6]
1982年(昭和57年) 4,228 [* 7]
1983年(昭和58年) 4,270 [* 8]
1984年(昭和59年) 4,521 [* 9]
1985年(昭和60年) 4,699 [* 10]
1986年(昭和61年) 4,882 [* 11]
1987年(昭和62年) 5,005 [* 12]
1988年(昭和63年) 5,266 [* 13]
1989年(平成元年) 5,422 [* 14]
1990年(平成02年) 5,540 [* 15]
1991年(平成03年) 5,511 [* 16]
1992年(平成04年) 5,668 [* 17]
1993年(平成05年) 5,753 [* 18]
1994年(平成06年) 5,792 [* 19]
1995年(平成07年) 5,858 [* 20]
1996年(平成08年) 5,877 [* 21]
1997年(平成09年) 5,803 [* 22]
1998年(平成10年) 5,860 [* 23]
1999年(平成11年) 5,918 [* 24]
2000年(平成12年) 6,000 [* 25]
2001年(平成13年) 5,948 [* 26]
2002年(平成14年) 11,858 5,942 [* 27]
2003年(平成15年) 12,014 6,030 [* 28]
2004年(平成16年) 11,992 6,077 [* 29]
2005年(平成17年) 11,808 5,967 [* 30]
2006年(平成18年) 11,683 5,901 [* 31]
2007年(平成19年) 11,750 5,956 [* 32]
2008年(平成20年) 11,627 5,868 [* 33]
2009年(平成21年) 11,585 5,830 [* 34]
2010年(平成22年) 11,543 5,803 [* 35]
2011年(平成23年) 11,507 5,787 [* 36]
2012年(平成24年) 11,509 5,784 [* 37]
2013年(平成25年) 11,825 5,940 [* 38]
2014年(平成26年) 11,433 5,748 [* 39]
2015年(平成27年) 11,437

駅周辺[編集]

なお、「すずかけ台」という地名は町田市にも隣接する横浜市緑区にもなく、行政区分的には「町田市南つくし野」もしくは「横浜市緑区長津田町」である。この件については「駅名の由来」を参照。

バス[編集]

最寄り停留所は、駅前にあるすずかけ台駅となる。以下の路線が乗り入れ、神奈川中央交通により運行されている。

駅名の由来[編集]

当駅は当初「南つくし野」という名で開業する予定であった。しかし、東京工業大学が近隣に第二キャンパスを開設する予定であったことから、同大学が駅名に「すずかけ」という名を付けて欲しいという要望を行い、これが東急に採用されたことで現在の駅名で開業した。

「すずかけ」の名は、同大学名誉教授であった谷口修が、田園都市線では多くの駅名に植物名が付けられていることから当駅にも学問と関係の深い植物の名をつけては、ということで提案したものである。谷口は当初花言葉の中から捜したが良いものが見つからず、プラトンが開設したアカデメイアに多く植えられていたというスズカケノキ(プラタナス)を駅名とすることを大学内で提案、賛成が得られたため、大学として東急へ要望を実施した[7]

隣の駅[編集]

TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
DT 田園都市線
急行・準急
通過
各駅停車
つくし野駅 (DT23) - すずかけ台駅 (DT24) - 南町田駅 (DT25)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 東急の駅、p.184。
  2. ^ a b 東急の駅、p.151。
  3. ^ 2015年度乗降人員 - 東急電鉄
  4. ^ 町田市統計書 - 町田市
  5. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  6. ^ 東京都統計年鑑
  7. ^ すずかけ台駅名由来記 (PDF)

出典[編集]

東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 宮田道一 『東急の駅 今昔・昭和の面影』 JTBパブリッシング、2008年9月1日ISBN 9784533071669

関連項目[編集]

外部リンク[編集]