直音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

直音(ちょくおん)とは、日本語音節の一種。1モーラを形成する。拗音(ようおん)の対語である。狭義では音声学上、直音は標準的な日本語に存在する音節のうち、硬口蓋化円唇化もされない頭子音によるものであり、対立する拗音のある音節のみを指す。これは日本語音韻体系の説明などで言及される。広義では拗音・促音以外の標準的な日本語のモーラ全般のことを指し、モーラ及び仮名の分類に使われることがある。

拗音は仮名2文字を使って表記されるのに対して、直音は通常仮名1文字で表記される。

直音の表[編集]

   対応する拗音をもつもの(括弧内が拗音)。外来語特有のものは除く。
行\段 清音 行\段 濁音
あ段 い段 う段 え段 お段 あ段 い段 う段 え段 お段
あ行
か行 か(きゃ・くゎ) く(きゅ) こ(きょ) が行 が(ぎゃ・ぐゎ) ぐ(ぎゅ) ご(ぎょ)
さ行 さ(しゃ) す(しゅ) そ(しょ) ざ行 ざ(じゃ) ず(じゅ) ぞ(じょ)
た行 た(ちゃ) つ(ちゅ) と(ちょ) だ行 だ(ぢゃ) ず(ぢゅ) ど(ぢょ)
な行 な(にゃ) ぬ(にゅ) の(にょ)
は行 は(ひゃ) ふ(ひゅ) ほ(ひょ) ば行 ば(びゃ) ぶ(びゅ) ぼ(びょ)
ぱ行 ぱ(ぴゃ) ぷ(ぴゅ) ぽ(ぴょ)
ま行 ま(みゃ) む(みゅ) も(みょ)
や行 (い) (え)
ら行 ら(りゃ) る(りゅ) ろ(りょ)
わ行 (う)