田中ゆかり (言語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 ゆかり(たなか ゆかり、1964年- )は、日本日本語学者日本大学教授。

人物[編集]

神奈川県で育つ。1987年早稲田大学第一文学部卒業。読売新聞社記者として勤務するが、1989年退職する。1996年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。1995年早稲田大学文学部助手、1998年静岡県立大学国際関係学部専任講師、2000年日本大学文理学部助教授、2006年教授。2009年「首都圏における言語動態の研究」で早大博士、(文学)。専門は方言学社会言語学[1][2]

著書[編集]

  • 『首都圏における言語動態の研究』 笠間書院、2010年
  • 『「方言コスプレ」の時代 ニセ関西弁から龍馬語まで』 岩波書店、2011年

共編著[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ J-GLOBAL
  2. ^ 『「方言コスプレ」の時代』著者紹介

外部リンク[編集]