北海道立北方民族博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 北海道立北方民族博物館
Hokkaido Museum of Northern Peoples
130713 Hokkaido Museum of Northern Peoples Abashiri Hokkaido Japan04s5.jpg
施設情報
専門分野 世界の北方地域の諸民族の文化(北方文化)の調査研究等
事業主体 北海道教育委員会
管理運営 財団法人北方文化振興協会
開館 1991年
所在地
北海道網走市字潮見309-1
位置 北緯43度59分48.3秒 東経144度14分22.8秒 / 北緯43.996750度 東経144.239667度 / 43.996750; 144.239667
アクセス JR網走駅から網走バスで約15分。「北方民族博物館前」下車。
公式サイト http://www.hoppohm.org/
プロジェクト:GLAM

北海道立北方民族博物館(ほっかいどうりつほっぽうみんぞくはくぶつかん)は、北海道網走市にある博物館。北海道教育委員会が設置し、財団法人北方文化振興協会が指定管理者として管理をしている。英語名はHokkaido Museum of Northern Peoples

沿革[編集]

概要[編集]

北方民族博物館の対象とする北方民族とは、オホーツク海北極海周辺の、北海道、ロシア沿海州、アラスカ、シベリア、北欧等の地域に棲む民族(アイヌニヴフなど)で、これらの地域と民族の文化と歴史の研究や理解促進を目的とする。これらの民族を対象とした民族学博物館としては、日本では唯一のものである。

展示[編集]

  • 常設展示
    • 北方地域の諸民族の文化:イヌイットスオミなどの北方の諸民族を対象とし、衣・食・住・生業・精神文化・文化の伝承などのテーマ別に展示。
    • 先史文化:北海道のオホーツク海沿岸にかつて栄えていたオホーツク文化を中心に展示
  • 過去の特別展示
    • 1990年度 - 『北の色・形・文様』
    • 1991年度 - 『シベリアのトナカイ遊牧民ネネツ展』『アイヌ文化にみる猟と漁』
    • 1992年度 - 『サハリン先住民の精神世界』『マヤ:歴史と民族の十字路
    • 1993年度 - 『北緯55度・アラスカ半島の先史文化』『北方諸民族と現代の民族芸術』『鳥居龍蔵のみた北方民族』
    • 1994年度 - 『あそび・ゲーム・おもちゃ』『北方民族の船:北の海をすすめ』
    • 1995年度 - 『大河アムールの民・ナーナイ:アムール民族芸術館所蔵資料展』
    • 1996年度 - 『たばこと民族文化:たばこが北方に伝わるまで』
    • 1997年度 - 『樺太1905-45:日本領時代の少数民族』
    • 1998年度 - 『人、イヌと歩く:イヌをめぐる民族誌』
    • 1999年度 - 『神の魚・サケ:北方民族と日本』
    • 2000年度 - 『トーテムポールとサケの人びと:北西海岸インディアンの森と海の世界』
    • 2001年度 - 『美しき北の文様 the brilliant northern design』
    • 2002年度 - 『狩る:北の地に獣を追え』
    • 2003年度 - 『先住民社会と水産資源:サケ・海獣・ナマコ』
    • 2004年度 - 『北の遊牧民 -モンゴルからシベリアへ-』
    • 2005年度 - 『アイヌと北の植物民族学 ~たべる・のむ・うむ~』
    • 2006年度 - 『環北太平洋の文化1 コリヤーク:ツンドラの開拓者たち』
  • 以上のほか、企画展や写真展も実施されている。

所在地・開館時間等[編集]

  • 所在地 北海道網走市字潮見309-1
  • 開館時間 9:30~16:30
  • 休館日 月曜(祝日の場合は翌平日)、臨時休館あり

アクセス[編集]

  • 自家用車 - JR網走駅から約10分。
  • バス - JR網走駅から網走バス「天都山方面」行で約17分。「北方民族博物館前」下車。

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]