オホーツク流氷館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg オホーツク流氷館
流氷館外観
施設情報
正式名称 網走市オホーツク流氷館[1]
愛称 オホーツク流氷館
専門分野 流氷
事業主体 網走市
管理運営 株式会社網走観光振興公社(指定管理者[2]
開館 1985年昭和60年)
所在地 093-0044
北海道網走市字天都山245-1
位置 北緯44度0分3.8秒 東経144度14分23.2秒 / 北緯44.001056度 東経144.239778度 / 44.001056; 144.239778
ウェブサイト http://www.ryuhyokan.com/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

オホーツク流氷館(オホーツクりゅうひょうかん)は北海道網走市天都山山頂にある流氷オホーツク海をテーマとする網走市立の科学館。実物のオホーツク海の流氷を展示し、その発生の仕組み等を紹介する。そのほか、流氷の海に生息する、"流氷の天使"クリオネフウセンウオなどの海洋生物を飼育展示する。

館建物には天都山展望台が併設されている。

館内施設[編集]

1F[編集]

  • 展示室1 - 流氷の海交流の海原
    • 北海道と大陸の関わり、オホーツク海の地理や歴史をビジュアルに紹介
  • 展示室2 - オホーツク流氷シアター「オホーツク物語・あばしり」
    • 網走の四季を110インチの大画面で臨場感溢れるハイビジョン映像で紹介
  • 展示室3 - 海が凍る不思議
    • 北半球の模型や、流氷のスライス模型、解説パネルで流氷の誕生から消えるまで

2F[編集]

展示室5 - 流氷とシバレ体験
  • 展示室4 - 流氷の海のいきもの
    • 流氷の天使クリオネやフウセンウオ、ナメダンゴを水槽で常時展示
  • 展示室5 - 流氷とシバレ体験
    • マイナス15度の室内で濡れたタオルが棒のように凍る「シバレ体験」

3F[編集]

利用案内[編集]

  • 開館時間
    • 8:00 - 18:00(夏季4月 - 10月)
    • 9:00 - 16:30(冬季11月 - 3月)
  • 休館日:年末年始(12月29日 - 1月5日)

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 網走市オホーツク流氷館条例
  2. ^ 指定管理者制度について

外部リンク[編集]