イヌイット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イヌイット
Inuit
Inuit Grandma 1 1995 06 11.jpg
総人口
15万人[1]
居住地域
カナダの旗 カナダ 北部一帯
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラスカ州
 グリーンランド
言語
イヌクティトゥット語
宗教
キリスト教
シャーマニズム
アニミズム

イヌイット (Inuit) は、カナダ北部などの氷雪地帯に住む先住民族エスキモー系諸民族の1つで、人種的には日本人と同じモンゴロイドである。エスキモー最大の民族である。

「イヌイット」と「エスキモー」[編集]

もともと、「エスキモー」という呼び名は隣接してカナダなどに先住していたインディアンの一派アルゴンキン族による呼び名である。語源は「かんじきを編む者」という意味であったが、後に「生肉を食らう野蛮人」という侮蔑の意を帯びるようになった。この為、カナダに住むエスキモー民族は「エスキモー」という呼び名を拒否している。彼らはイヌクティトゥット語で「人」を意味する Inuk の複数形、すなわち「人々」という意味の民族名「イヌイット」を自称しており、一般的に「イヌイット」と呼ばれる。

一方、アラスカからロシア極東最東部のチュクチ自治管区にかけては「ユピク」と「イヌピアト」というエスキモー民族の一派が先住していた。彼らのうち、「イヌピアト」は比較的「イヌイット」に近い文化を持つが、いずれも「イヌイット」ではないとして、「イヌイット」と呼ばれることを拒否している。この為、彼らは「エスキモー」または「ユピク」「イヌトピア」と呼ばれる。

また、グリーンランドのイヌイットは、しばしばカラーリットと呼ばれる。

このような事情のため、「イヌイット」はカナダに限定して使うこともある。

カナダではしばしば、アルゴンキン族などのインディアン系諸民族と合わせてファーストネーションズ (First Nations) と呼ばれる。

居住地域[編集]

カナダ北海岸の諸州であるユーコン準州北西準州ヌナヴト準州ケベック州ニューファンドランド州アメリカ合衆国アラスカ州デンマーク領のグリーンランドに住む。特にヌナヴトでは民族自治(ファースト・ネーション)がなされている。

言語[編集]

イヌクティトゥット語(イヌイットの言語)の分布。ほぼイヌイットの分布と考えてよい。方言で色分けしてある。

固有の言語イヌクティトゥット語で、エスキモー・アレウト語族に属する。グリーンランドで話される方言はグリーンランド語とも呼ばれる。

各国の公用語の英語フランス語デンマーク語も広まりつつある。

イヌクティトゥット語の表記には文字は全域でラテン文字が使われるが、カナダではカナダ先住民文字も併用される。

出典[編集]

  1. ^ Hessell, Ingo. (2006). Arctic Spirit: The Albrecht Collection of Inuit Art at the Heard Museum. Vancouver: Douglas & McIntyre. ISBN 1-55365-189-8.

関連項目[編集]