ユジノサハリンスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユジノサハリンスク
Южно-Сахалинск
ユジノサハリンスク名所
ユジノサハリンスク名所
ユジノサハリンスクの市旗 ユジノサハリンスクの市章
市旗 市章
位置
ユジノサハリンスクの位置の位置図
ユジノサハリンスクの位置
座標 : 北緯46度57分40秒 東経142度43分57秒 / 北緯46.96111度 東経142.73250度 / 46.96111; 142.73250
歴史
開村 1882年
旧名 ウラジミロフカ村
豊原市
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 極東連邦管区
 行政区画 サハリン州の旗 サハリン州
 市 ユジノサハリンスク
市長 Andrey Lobkin
地理
面積  
  市域 877 km2
標高 40 m
人口
人口 (2016年現在)
  市域 193,669人
その他
等時帯 マガダン時間 (UTC+11)
郵便番号 693000–693023
市外局番 +7 4242
ナンバープレート 65
公式ウェブサイト : http://yuzhno.sakh.ru/

ユジノサハリンスク: Южно-Сахалинск: Yuzhno-Sakhalinsk、ユージュナ・サハリーンスク)は、ロシア連邦極東連邦管区サハリン州都市で、同州の州都である。

日本語では旧称である「豊原」と呼ぶこともあるが、ユジノサハリンスク市域は日本統治時代の行政区分では、豊原市豊北村川上村のそれぞれの一部にあたり、豊原とは区域が完全には一致していない。日本統治時代(1905年 - 1945年)は樺太庁が置かれていた。

概要[編集]

人口約19万4千人(2016年)。サハリン州の州都で、州内で最大の都市である。市名は「南サハリンの町」の意。 サハリン島(樺太)の南部に位置し、東はススヤ連峰(鈴谷山脈)、西はユジノサハリンスキー山脈(樺太山脈)に囲まれた盆地(鈴谷平野)で、ススヤ川(鈴谷川)が市内を流れる。

人口のうち約2万人は第二次世界大戦前に日本統治下にあった朝鮮半島から移住した朝鮮人が、また約2万人は第二次世界大戦後に共産圏の北朝鮮から移住した朝鮮人が占める。

ホルムスク(真岡)に通ずる鉄道の分岐点。輸送機関の修理工場をはじめ、鉱山漁業皮革家具などの工場の他、高等師範学校、林、工、商の各種中等学校がある。

駅前には、レーニン像が残っている。

地理[編集]

サハリン島で唯一10万人以上の人口を持つ都市。ススヤ川に臨む。外国人の島内旅行や船での航行、海岸でのレクリエーションには連邦保安局や国境警備隊の許可が必要である。

気候[編集]

湿潤大陸性気候で、夏の最高気温は20℃前後で大陸のハバロフスクイルクーツクより涼しく、が多発する。冬は最高-8℃、最低-19℃と厳寒で、年間降水量は大陸内部より多い。

ユジノサハリンスクの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 4.3
(39.7)
6.2
(43.2)
12.5
(54.5)
22.9
(73.2)
27.8
(82)
30.8
(87.4)
30.8
(87.4)
34.7
(94.5)
29.0
(84.2)
22.8
(73)
18.1
(64.6)
7.4
(45.3)
34.7
(94.5)
平均最高気温 °C (°F) −6.7
(19.9)
−5.3
(22.5)
−0.3
(31.5)
6.9
(44.4)
13.4
(56.1)
17.7
(63.9)
20.8
(69.4)
22.4
(72.3)
18.9
(66)
12.2
(54)
3.2
(37.8)
−3.7
(25.3)
8.3
(46.9)
日平均気温 °C (°F) −12.2
(10)
−11.6
(11.1)
−5.6
(21.9)
1.7
(35.1)
6.9
(44.4)
11.7
(53.1)
15.5
(59.9)
17.3
(63.1)
13.2
(55.8)
6.5
(43.7)
−1.6
(29.1)
−8.6
(16.5)
2.8
(37)
平均最低気温 °C (°F) −17.0
(1.4)
−17.3
(0.9)
−10.7
(12.7)
−2.4
(27.7)
2.5
(36.5)
7.5
(45.5)
12.0
(53.6)
13.6
(56.5)
8.5
(47.3)
1.8
(35.2)
−5.4
(22.3)
−13.1
(8.4)
−1.7
(28.9)
最低気温記録 °C (°F) −31.6
(−24.9)
−34.8
(−30.6)
−31.1
(−24)
−17.3
(0.9)
−10.0
(14)
−2.0
(28.4)
1.5
(34.7)
1.0
(33.8)
−4.2
(24.4)
−9.0
(15.8)
−22.6
(−8.7)
−29.0
(−20.2)
−34.8
(−30.6)
降水量 mm (inch) 49
(1.93)
37
(1.46)
49
(1.93)
59
(2.32)
67
(2.64)
51
(2.01)
83
(3.27)
110
(4.33)
114
(4.49)
99
(3.9)
81
(3.19)
62
(2.44)
861
(33.9)
降雪量 cm (inch) 49.3
(19.41)
58.1
(22.87)
54.6
(21.5)
30.2
(11.89)
7.3
(2.87)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
5.2
(2.05)
11.7
(4.61)
21.9
(8.62)
238.3
(93.82)
平均降雨日数 0.3 0.4 2 9 17 17 20 19 19 18 9 2 132.7
平均降雪日数 25 24 24 13 3 0.1 0 0 0 4 20 26 139.1
 % 湿度 83 81 78 76 77 83 86 86 83 80 81 83 82
平均月間日照時間 133.9 142.3 186.0 194.4 200.9 208.3 171.1 156.2 187.2 163.7 115.2 100.8 1,960
出典 1: Pogoda.ru.net[1]
出典 2: [2]

人口[編集]

人口
1885 1895 1920 1925[3] 1935[4] 1959[5] 1962[6]
57 130 14 176 15 280 28 459 85 510 86 000
1967[6] 1970[7] 1973[6] 1975[8] 1976[9] 1979[10] 1982[11]
92 000 105 840 120 000 130 000 130 000 139 861 150 000
1985[12] 1986[9] 1987[13] 1989[14] 1990[15] 1991[9] 1992[9]
147 000 152 000 166 000 159 299 178 000 164 000 165 000
1993[9] 1994[9] 1995[12] 1996[12] 1997[16] 1998[12] 1999[17]
165 000 162 000 177 000 178 000 181 000 177 000 179 900
2000[18] 2001[12] 2002[19] 2003[6] 2004[20] 2005[21] 2006[22]
179 200 176 200 175 085 175 100 174 200 173 600 173 400
2007[23] 2008[24] 2009[25] 2010[26] 2011[27] 2012[28] 2013[29]
173 200 173 800 174 722 181 728 181 651 186 267 190 227
2014[30] 2015[31] 2016[32]
192 734 192 780 193 669

歴史[編集]

交通[編集]

航空
ホムトヴォ空港(旧:豊原大澤飛行場)で、ロシア国内の主要都市と日本を含む周辺国の都市と接続している。
ホムトヴォ空港
海上
南にあるコルサコフ港から、稚内(日本)へハートランドフェリーアインス宗谷)が就航(4月から12月までの限定)していたが、2015年で運行を終了した。サハリン州の船舶会社が、夏季期間中、日本とロシア側の経費負担により運行する予定である[33]。なお、フェリー利用に限り、8日間までの電子ビザをロシア外務省の特設サイト[1]から請求できる。島西岸のホルムスク港からはロシア本土へのフェリーが運行されている。
鉄道
ユジノサハリンスク駅(改装前)
バス
  • ユジノサハリンスク駅東口前のレーニン広場南縁西端にバスセンター施設があり、各路線別に料金は一律化されている。解説HP1解説HP2
  • 主なバス路線
    • 63番:(後述の大型ショッピング・モール「シティモール」経由)ホムトヴォ空港行。
    • 7番、19番、20番、45番:市内循環線。途中、ガガーリン公園に寄るのは、7番・19番・20番。V.I.記念広場(勝利広場)に寄るのは、7番。
    • 115番:コルサコフ(旧:大泊)行。

文化[編集]

教育[編集]

大学[編集]

専門学校[編集]

スポーツ[編集]

  • プロアイスホッケー
アジアリーグアイスホッケー「PSKサハリン 対 王子イーグルス」(アイスパレスクリスタル。2016年4月10日)

観光[編集]

市内地図1」「市内地図2」も併せて参照を推奨。

公園[編集]

サハリン州立動物園で飼われているアルパカ
ガガーリン公園内のヴェルフニー湖
ガガーリン公園内の子供鉄道

ミュージアム、演劇場、映画館[編集]

ユジノサハリンスク郷土史博物館
チェーホフ・ミュージアム
    • チェーホフ・ミュージアム
    • A.P.チェホフ記念サハリン国際ドラマ劇場
    • 児童と若者用劇場
    • 映画コンサートホール「キノ・テアトル・アクチャブリィ(ロシア語で「10月の映画館」)」 - 隔年1月下旬にて、「日本映画祭 in サハリン」が在ユジノサハリンスク日本総領事館主催で開催される。
    • コンサートホール「カプリチオ(ロシア語で「狂想曲」「奇想曲」の意味)」
カムサモーリェッツ映画館 館内
  • カムサモーリェッツ映画館 - 前述のレーニナ通りおよび(前述のカムニスチーチェスキー通りに北方向に四区画置いて並行し、東西に伸びる)サハリーンスカヤ通り(旧真岡通り)が交差する角地(後述のサハリンデパート北方向向かい)に立地するロシア語吹替専門の老舗映画館。文献によっては「若者文化センター・コムソモール(共産青年同盟)」とも呼称。
  • 他の市内映画館としては、プリミエル(ロシア語で「主役」)、後述の複合型商業施設パノラマホテル映画館がある。

スポーツ観戦施設、健康施設[編集]

ガガーリン記念文化公園コスモス・スタジアム(旧スパルタク・スタジアム)
シネゴルスク・サナトリウム付近の泥火山

商業[編集]

シティモール
  • サハリンデパートユジノサハリンスク本店 - 前述のレーニナ通りおよび前述のサハリーンスカヤ通りが交差する角地に立地。戦前の三越百貨店旧豊原支店建物(新古典主義建築)を利用。市場型経済への急激な移行でロシア経済が混乱していた1990年代前半頃は経営を立て直す必要に迫られ、(旧ソ連時代の都市によく見られた)子供百貨店として経営されていた期間もあった。グーグル・ストリートビュー画像
  • 自由市場ウクペックス」 - 前述のサハリーンスカヤ通りおよび(ユジノサハリンスク駅より北方向に続く)線路が交差する踏切手前(踏切を挟んだ隣地は露天型自由市場「ルイノク」)に立地する屋内施設型自由市場(外見は大型ショッピングモール)。「成功」のロシア語訳が店名の由来。グーグル・ストリートビュー画像
露天型自由市場「ルイノク」
複合型商業施設パノラマ・ホテル

祭り・催事[編集]

名物・名産品[編集]

多くの韓国・朝鮮系住民が居住していることによる。

進出している日系企業・団体[編集]

日本との関係[編集]

航空便[編集]

ユジノサハリンスク郊外集合住宅地の夜景

郊外にあるホムトヴォ空港と日本の間には、オーロラ(旧・サハリン航空)により新千歳空港ヤクーツク航空により成田国際空港の間に定期便がある。かつては函館空港との定期便も存在した。

航路[編集]

交通節を参照。

日本製品など[編集]

旧樺太守備隊司令官官舎。現在は軍事裁判所となっている

ユジノサハリンスク市内のホテルでは、CNNの他にNHK衛星放送を見ることが出来る。市内には、日本食レストランが数軒あり、日本から輸入した食材で食事ができる。市内にはみちのく銀行の支店があったが、2007年12月29日限りで営業を終了した。なお、ユジノサハリンスク駅の近くに「ホテル サハリン・サッポロ」というホテルがあり、かつては日露合弁だったが、今はロシア企業の経営であり、名称のみ合弁時代の名残を残している。

市内では日本製の中古車が走っている光景も見られる。

日本統治時代の建築も僅かながら残っている。旧樺太庁博物館の建築も現存し、現在はサハリン州郷土博物館として利用されている。また、市内には現在も日本統治時代からの残留日本人が在住している。

在外公館[編集]

  • 在ユジノサハリンスク日本国総領事館 - 2001年1月、日本外務省がユジノサハリンスク市に設置。

友好都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pogoda.ru.net” (Russian). 2007年9月8日閲覧。
  2. ^ http://www.wunderground.com/NORMS/DisplayIntlNORMS.asp?CityCode=32150&Units=metric Seasonal Weather Averages
  3. ^ Администрация губернаторства Карафуто Результаты переписи 1925 года: Домовладения и численность населения — Тоёхара, 1926. — С. 18—27. — 30 с.
  4. ^ Администрация губернаторства Карафуто Результаты переписи 1935 года: Домовладения и численность населения — Тоёхара, 1936. — С. 15—19. — 25 с.
  5. ^ Всесоюзная перепись населения 1959 года. Численность городского населения РСФСР, её территориальных единиц, городских поселений и городских районов по полу”. Демоскоп Weekly. 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月25日閲覧。
  6. ^ a b c d Народная энциклопедия «Мой город». Южно-Сахалинск
  7. ^ Всесоюзная перепись населения 1970 года Численность городского населения РСФСР, её территориальных единиц, городских поселений и городских районов по полу.”. Демоскоп Weekly. 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月25日閲覧。
  8. ^ Российский статистический ежегодник, 1998 год
  9. ^ a b c d e f Российский статистический ежегодник. 1994”. 2016年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月18日閲覧。
  10. ^ Всесоюзная перепись населения 1979 года Численность городского населения РСФСР, её территориальных единиц, городских поселений и городских районов по полу.”. Демоскоп Weekly. 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月25日閲覧。
  11. ^ Народное хозяйство СССР 1922-1982 (Юбилейный статистический ежегодник)
  12. ^ a b c d e Российский статистический ежегодник. Госкомстат, Москва, 2001”. 2015年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月12日閲覧。
  13. ^ Народное хозяйство СССР за 70 лет. Юбилейный статистический ежегодник. Финансы и статистика, Москва, 1987 год”. 2016年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月28日閲覧。
  14. ^ Всесоюзная перепись населения 1989 года. Численность городского населения”. 2011年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月22日閲覧。
  15. ^ Российский статистический ежегодник.2002 : Стат.сб. / Госкомстат России. – М. : Госкомстат России, 2002. – 690 с. – На рус. яз. – ISBN 5-89476-123-9 : 539.00.
  16. ^ Российский статистический ежегодник. 1997 год”. 2016年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月22日閲覧。
  17. ^ Российский статистический ежегодник. 1999 год”. 2016年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月14日閲覧。
  18. ^ Российский статистический ежегодник. 2000 год”. 2016年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月13日閲覧。
  19. ^ Всероссийская перепись населения 2002 года. Том. 1, таблица 4. Численность населения России, федеральных округов, субъектов Российской Федерации, районов, городских поселений, сельских населённых пунктов - райцентров и сельских населённых пунктов с населением 3 тысячи и более”. 2012年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月3日閲覧。
  20. ^ Российский статистический ежегодник. 2004 год”. 2016年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月9日閲覧。
  21. ^ Российский статистический ежегодник, 2005 год”. 2016年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月9日閲覧。
  22. ^ Российский статистический ежегодник, 2006 год”. 2016年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月10日閲覧。
  23. ^ Российский статистический ежегодник, 2007 год”. 2016年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月11日閲覧。
  24. ^ Российский статистический ежегодник, 2008 год”. 2016年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月12日閲覧。
  25. ^ Численность постоянного населения Российской Федерации по городам, посёлкам городского типа и районам на 1 января 2009 года”. 2014年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月2日閲覧。
  26. ^ Всероссийская перепись населения 2010 года. Сахалинская область. Численность населения городских округов, муниципальных районов, городских и сельских поселений, городских населённых пунктов, сельских населённых пунктов”. 2014年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  27. ^ Сахалинская область. Оценка численности постоянного населения на 1 января 2011-2016 годов
  28. ^ Численность населения Российской Федерации по муниципальным образованиям. Таблица 35. Оценка численности постоянного населения на 1 января 2012 года”. 2014年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月31日閲覧。
  29. ^ Численность населения Российской Федерации по муниципальным образованиям на 1 января 2013 года. — М.: Федеральная служба государственной статистики Росстат, 2013. — 528 с. (Табл. 33. Численность населения городских округов, муниципальных районов, городских и сельских поселений, городских населённых пунктов, сельских населённых пунктов)”. 2013年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月16日閲覧。
  30. ^ Таблица 33. Численность населения Российской Федерации по муниципальным образованиям на 1 января 2014 года”. 2014年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月2日閲覧。
  31. ^ Численность населения Российской Федерации по муниципальным образованиям на 1 января 2015 года”. 2015年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月6日閲覧。
  32. ^ Численность населения Российской Федерации по муниципальным образованиям на 1 января 2016 года
  33. ^ “サハリン航路が再開 第1便、稚内港に到着”. 産経新聞. (2016年8月2日). http://www.sankei.com/photo/daily/news/160801/dly1608010030-n1.html 2016年8月1日閲覧。 

外部リンク[編集]

ロシアの旗 サハリン州の市町 サハリン州の旗
州都: ユジノ=サハリンスク

アニワ | アレクサンドロフスク=サハリンスキー | ウグレゴルスク | オハ | クリリスク | ブレヴェスニク | ゴリャチエ・クリュチ | コルサコフ | シャフチョルスク | スタロドゥプスコエ | スミルヌイフ | セベロ=クリリスク | トマリ | ドリンスク | ネフチェゴルスク | ネベリスク | ノグリキ | プリゴロドノエ | ホルムスク | ポロナイスク | マカロフ | マロクリリスク | ユジノクリリスク | ルイバキ