岐阜・愛知方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岐阜・愛知方言(ぎふ・あいちほうげん)は、方言区画論で用いられる区分で、岐阜県愛知県で話される日本語の方言の総称である。ギア方言(ギアほうげん)ともいう。

概要[編集]

本方言は東海東山方言の一つと目され、東日本方言西日本方言の要素が折衷し、どちらに含めるかは学者により見解が異なる。音韻・アクセントはほぼ均質である。長野・山梨・静岡方言(ナヤシ方言)とは連続している。

下位区分[編集]

アクセント[編集]

アクセント体系は、ほぼ全地域が東京式アクセントに属す。飛騨、美濃(西縁と南東部除く)、尾張(知多除く)は内輪東京式に分類され、美濃南東部と知多と西三河は中輪東京式、東三河では外輪東京式が使用される。岐阜県西縁には垂井式アクセント京阪式アクセントが分布する。飛騨では北陸方言等にみられる間投イントネーションが用いられる。

文法[編集]

東西の要素[編集]

文法は西日本方言の特徴を多く持ちながら、なお東日本方言的特徴をも合わせ持っている。東日本方言の特徴として、ワ行五段動詞連用形の促音便が全域で用いられる。西日本方言の特徴として全域で否定「ん」、存在動詞「おる」、命令「よ」を用い、サ行イ音便がある。形容詞連用形のウ音便は西三河(矢作川)以西でみられる(例:高くなる→たこーなる、たかなる)。断定の「じゃ・や」は愛知県の北西部から岐阜県(南東部除く)にみられる。岐阜県飛騨・東濃ではアスペクトの区別がある。

推量・意志・勧誘・理由[編集]

推量は三河・東濃を除き「…だろう」「…やろう」を用いる。(「雨だろう」「雨やろう」)。これは「…であらむ」が変化したものであり、西日本方言と共通する。三河方言では「…だらぁ」を用いる(「雨だらぁ」)。これは「…であらむず」に由来するか「…であらむ」に由来するかで議論がある。「…だらぁ」は静岡県長野県南部でも用いられる。また岐阜東濃では「…やらぁ」や「…やらず」を用いる。後者は長野県北信の「…だらず」と同じく「…であらむず」が変化したものである。東三河ではナヤシ方言に特徴的な「…ずらぁ」「…らぁ」も使用される。

意志は三河方言を除き「…」が用いられる。(「行こう」と思う)。これは「…む」が変化したものであり西日本方言と共通する。三河では「…」を用い(「行かあ」)、「…むず」に由来するか「…む」に由来するかの議論がある。前者であれば、ナヤシ方言と共通することになる。他に岐阜県には「…」(「行かし」)という用法があり、ナヤシ方言でみられる「…す」「…ず」(「…むず」の変形)と同系とみられる。

勧誘は「…まい(か)」を用いる。接続形は、尾張では「未然形+よう/う+まい」から「う」を抜いた形、三河では「未然形+まい」[1]。すなわち「行こう」はそれぞれ「いこまい」、「いかまい」、「食べよう」はそれぞれ「たべよまい」、「たべまい」となる。

理由(共通語の「…から」に該当)は全域で「…で」または「…もんで」が用いられる。

能力不可と状況不可[編集]

岐阜・愛知方言には西日本方言同様、能力不可能と状況不可能の使い分けがある。

  • 「よう読まん」:(能力的に)読むことができない
  • 「読めん」:(状況的に)読むことができない

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』228-230・235-236頁。

参考文献[編集]

  • 大野晋、柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年。
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 6 中部地方の方言』国書刊行会、1983年。
  • 遠藤嘉基ほか『方言学講座』(全4冊)、東京:東京堂、1961年。
  • 全国方言文法地図[1]