倉吉弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

倉吉弁(くらよしべん)は、鳥取県中部の伯耆地方東部(倉吉市東伯郡)で話される日本語の方言である。中国方言東山陰方言に属する。米子市など伯耆西部は雲伯方言だが、伯耆東部には雲伯方言的な発音の特徴がほとんどなく、因幡地方因州弁に近い。

発音[編集]

アクセント東京式アクセントであり、そのうち中輪東京式に分類される。「かぜ」「おとが」のように、一文節内で高く発音される部分は一音節のみになる傾向が強い。さらに、旧泊村などでは、「」「が」のように、第一音節も高くなる重起伏調が聞かれる。

「高い」を「たきゃあ」、「長い」を「なぎゃあ」のように、連母音「ai」は融合して「jaa」になる。

母音の発音は共通語に近く、西隣の雲伯方言のような中舌母音は聞かれない。

文法[編集]

山陰共通の特徴として、西日本にありながら断定の助動詞は「だ」を用い、ワ行五段動詞は「貰った」のように促音便を用いる。ただし二拍語では、「かあた」(買った)、「ああた」(会った)、「はあた」(這った)のような形がある。

打ち消しには「書かん」のように「-ん」を用い、過去打ち消し(~なかった)には、「書かだった」のような「-だった」または「書かなんだ」のような「-なんだ」を用いる(戦後生まれは「-なんだ」が優勢)[1]。進行と完了のアスペクトの区別があり、進行には「降りょーる」、過去進行には「降りょーった」、完了には「降っとる」のように言う。意志を表すには、五段活用の動詞では「書かあ・書かい」、一段活用の動詞では「みよー・みょー・みょい・みゅー・みゅーい」(見よう)のような形を用いる。推量には、「降るだらあ」のように「-だらあ」が用いられる。伝聞・様態には「降りさあな」のように「-さあな」を用い、また「-げな」も用いる。比況的推量では「書くや(あ)な」や「本みちゃあな」のように言う。また尊敬の助動詞に「なはる」「なる」などがある。質問には「晴れとるかえ?・晴れとるだかいや?・晴れとるかあ?」のように、「-かえ?、-だかいや?、-かあ?」を用いる。ただし「-だかいや?」については目上の人(歳上、上司など)が質問する場合に用いられること多い。そして、理由を表す接続助詞には「けえ」を用いる。

脚注[編集]

  1. ^ 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』196頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 丁田政二郎 - 倉吉市出身の声優・舞台俳優。2009年に倉吉弁を活かした小説『どがでもバンドやらいでか!』を出版している。

外部リンク[編集]