置賜弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
置賜弁(米沢方言)による観光宣伝。「米沢へよくいらっしゃいましたね」の意。1997年、JR米沢駅出口で。

置賜弁(おきたまべん)は、山形県南部の置賜地方で使われる日本語の方言である。置賜地方の中心都市米沢市から米沢弁(よねざわべん)と呼ばれることもある。同じ置賜地方でも西置賜郡小国町はやや異なる言葉が話される(小国方言)。

東北方言の中では山形内陸方言に分類される。いわゆるズーズー弁であるが、村山弁よりも語調が丁寧なのが特徴。アクセント東北地方南部から関東地方北東部に共通な無アクセントである。ただし西置賜郡小国町は北奥羽式アクセント(外輪型東京式アクセントの変種)である。小国町の方言については、小国方言も参照。

置賜弁を用いた作品[編集]

関連項目[編集]