大鳥方言・三面方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大鳥方言・三面方言(おおとりほうげん・みおもてほうげん)では山形県鶴岡市大鳥集落および新潟県村上市の三面地域で話される日本語の方言について記述する。両方言は山地を挟んで隣接しているが、共通の特徴をもち、周囲とは異なった言語島となっている。

発音[編集]

本方言の最大の特徴はその音声である。東北方言で広く聞かれる中舌母音が聞かれず、三面方言には音素/ti//tu/が存在し、大鳥方言では/di//du/と/tu/の音素が認められる。これらは/zi//zu//ci//cu/とは区別される[1]。アクセントは北奥羽式と異なり二類が頭高型となる。また開合の区別があり開音がオー、合音がウーとなる。大鳥では鹿・人・北などの語に有声化が起こる。

背景[編集]

上記の音声要素の多くは九州方言琉球方言高知方言と共通する。/ti//tu//di//du/は九州、沖縄、高知でみられ、開音がオー、合音がウーとなる特徴も九州と共通する。/ti//tu//di//du/がみられる点は同じ言語島の奈良田方言とも共通する。これらの特徴は周囲の奥羽方言とは全く異なるものである。この理由は不明であるが、同じく北陸地方の山間部である白峰弁に/tu/が存在すること、大鳥、三面地域が共にマタギ村であること、マタギ言葉アイヌ語語彙が多数存在することを考えると、本地域が裏日本方言の影響を受ける以前に話されていた、アイヌ語に近い縄文時代の言語の特徴を保存している可能性があるが、推測の域を出ない。[要出典]

参考文献[編集]

  • 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』1982年

脚注[編集]

  1. ^ 柴田(1988)