尾張弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

尾張弁(おわりべん)は、愛知県西部(尾張国)で話される日本語の方言

概要[編集]

尾張地方を代表する都市が名古屋市であることから名古屋弁と呼ばれることも多い。名古屋弁でなく尾張弁と呼ぶ場合は、

のどちらかの意図がある場合が多い。

しかし、尾張弁は名古屋弁とは若干の違いがある。これは名古屋が大都市であるという地域性により変化してきたものであるとされる。

尾張地方で話される言葉を尾張弁と定義すると、北尾張・瀬戸・名古屋・知多の4つに大きく分かれる。

  • 北尾張弁……一宮市や江南市等、尾張地方北部で話される方言。北方で隣接する美濃弁の影響を強く受けている。名古屋弁の「~がや/がね」「~だで」「~だわ」「~だろう/でしょう」の代わりに「~やん」「~やで」「~やわ」「~やろう」を使用する(割合は話者により異なる)。また名古屋市付近と比べ、否定・不可能を表す「~へん」をより多用する傾向がある。〔例:「していない」〕名古屋付近:「しとらん、しとれせん(へん)」尾張北部:「しとらへん、しとれへん」※元来の尾張・名古屋弁では「~せん」のみであった。

※ただし、北尾張弁と狭義の名古屋弁との明確な境界はなく曖昧である。

  • 瀬戸弁……瀬戸市付近で話される方言。岐阜県東濃地方で話される東濃弁との共通点を有する。確認の助動詞「~やらあ」の使用、連母音のai→aːへの変化は瀬戸から東濃にかけて見られる。
  • 名古屋弁……名古屋市付近で話される方言(詳細は名古屋弁の項目を参照)。
  • 知多弁……半田市常滑市等、尾張地方南部の知多半島で話される方言(詳細は知多弁の項目を参照)。三河弁との共通点を多く有し、「~じゃん」、確認の助動詞「~だらあ」や軽い命令「〜りん」を用いる。また、西三河弁と同じく中輪東京式アクセントが用いられる(名古屋弁や北尾張弁、瀬戸弁は内輪東京式アクセント)。

三重県桑名郡木曽岬町桑名市長島町は、揖斐川の東岸に位置するため尾張弁に区分される(揖斐川の西岸は伊勢弁)。

以下に北尾張弁・瀬戸弁・狭義の名古屋弁・知多弁の比較表を記す。

北尾張弁・瀬戸弁・狭義の名古屋弁・知多弁の比較表
北尾張弁 瀬戸弁 狭義の名古屋弁 知多弁
アクセント 内輪東京式 中輪東京式[要出典]
断定の助動詞
~するのだ するんや するんだ するだ
高い たけぁ たかあ たけぁ たかい、たけえ
否定・不可能 ~ん、~へん ~ん、~せん、~へん
~ではないか ~やん、~がや、~がね、がー ~がや※1、~がね、~がー、~がん ~げー、~じゃん
だろう(推量) やろう だろう
だろう(確認) やろう やらあ だろう(男)
でしょう(女性)※2
だらあ
念押しの疑問
【~(だ)よね】
~(や)わな、~(や)わね、~やね、~やんね ~(だ)わな、~(だ)わね、~(だ)がんねえ ~じゃんね
食べなよ 食べやあ 食べりん[要出典]

※1 体言の直後は、「だがや(だがね)」、用言の直後は「がや(がね)」。

※2「だろう」は粗野な言葉とされており、女性はもとより、男性でも敬語を使っていない文脈でも「だろう」の使用を避けて「でしょう」と言う機会は多い。

以上のように各地域によって違いがある。「名古屋市で用いられる方言」≠「尾張全域の言葉」ということを留意されたい。

語彙[編集]

屋運(おくうん)……体育館。一宮市内の学校だけで用いられる局地的な方言。「屋内運動場」の略。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]