筑前方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

筑前方言(ちくぜんほうげん)とは、福岡県西部の旧筑前国にあたる地域(福岡市飯塚市など)で話される日本語の方言

九州方言肥筑方言に属すが、筑前東部は肥筑方言的な要素が薄くなっている(筑前東部の方言については福岡県豊前方言も参照)。また、筑前南部の朝倉市朝倉郡地域は筑後方言色の方が強い。そのため、言語学者の陣内正敬は福岡県の方言を東部方言(豊前方言)、西部方言(筑前方言)、南部方言(筑後方言)に分け、筑前のうち東部(おおむね遠賀川以東)を東部方言に、朝倉地域を南部方言に入れている[1]

発音[編集]

「行きよる」→「行きよー」、「行っとる」→「行っとー」のような変化が盛んである。また、ナ行・マ行音節の撥音化や、連母音の融合も聞かれる。「せ・ぜ」を「しぇ・じぇ」と発音する。これらのほか西部では、「すられ」(簾)、「てつろー」(鉄道)のような、「だ・で・ど」の「ら・れ・ろ」化の聞かれることがある。また西南部では「り」を「ぢ」と発音することがある。

筑前方言の語アクセント東京式アクセントの変種で、平板型のアクセントを持たない。下表は、福岡市のアクセントを、中輪東京式アクセントの東京、外輪東京式アクセントの大分県・福岡県豊前のアクセントと比較したものである。2拍名詞のアクセントでは、東京で平板型となる一類(大分・豊前では一類と二類)が、尾高型となる。ただし、福岡市博多区糟屋郡など地域によっては一・二類で二拍目に狭母音(i、u)があるものは四・五類と同じ頭高型となり[2]、筑前大部分で、一・二類のうち一拍目に広母音、二拍目に狭母音があるものは頭高型となる[3]。また、筑後に接する筑前南部ではアクセントの型区別が曖昧で、無アクセント化の兆候がある。

二拍名詞のアクセント[4]
  語例 福岡 大分・豊前 東京
第一類 ○が
○が
第二類 ○が
○が
第三類 犬・山
第四類 笠・松 ○が
第五類 婿・猿

一方、文中では語アクセントが崩れることがあり、単語単独の発音と文中での発音はアクセントの異なることがあって、若年層の方がこの傾向が強い。特に、文末に「と」が来る疑問文では文全体が高く平板なイントネーションになる。

文法[編集]

用言の活用[編集]

動詞の活用には下二段活用を残し、ナ行変格活用「死ぬる」も一部の地域に残る。一方、一段・二段活用がラ行五段化する傾向があり、そのうち特に命令形は「起きれ」のような「れ」語尾になる。また、「書きー」「食べりー」のような連用形による穏やかな命令・促しの表現がある。五段活用の連用形音便は、他の九州方言と同じく、サ行五段はイ音便に、ワ行・マ行・バ行五段はウ音便になる。

形容詞では、西部・南部は、「早か」のように終止形・連体形語尾が「か」になる(カ語尾)。東部ではイ語尾だが、語彙的に「良か」だけは東部でも言う。形容詞の連用形は、「よーなか」(良くない)、「うれしゅーなる」(嬉しくなる)のようなウ音便を用いる。「て」が付く場合、「よーて」のような場合と「よーして」(「良くて」の意)のように「して」が付く場合がある。また筑前西部・南部では、形容詞の語幹に「さ」を付けた詠嘆表現がある。

助動詞[編集]

断定
断定の助動詞は「じゃ・や」で、もともと「じゃ」だったが、若年層から「や」が広がりつつある。ただ、文の終止に「じゃ・や」のみを用いることはせず、「じゃん・やん・やが」や「ばい」「たい」などの助詞を付けるか、何も付けずに体言止めするのが普通である。推量形は「じゃろー・やろー」、過去形は「じゃった・やった」。
打ち消し
動詞の否定は、未然形に「ん」を付けて表す。過去打ち消しには、高齢層では「行かんじゃった」(行かなかった)のように「んじゃった」を使うが、若い世代では「んやった」や「んかった」が広がっている。
進行相と完了相
筑前など九州方言では、進行相完了相を言い分ける。筑前では、進行相には「よる・よー」が使われ、完了相には「とる・とー」が用いられるほか、筑豊地域での完了相には「ちょる・ちょー」もある。いずれも動詞の連用形に付く。
可能表現
可能表現では、能力可能と状況可能で別の言い方をする。能力可能には「きる」、状況可能には「るる(れる)・らるる(られる)」を用いる。
様態・伝聞
様態の助動詞(ようだ)に「ごとある・ごたる」を使う。
伝聞(人から聞いたこと)を表すのに、「げな」が使われる。
敬語
尊敬の助動詞として、未然形に付く「しゃる・らっしゃる」があり筑後と共通する。また、連用形に付く「んしゃる」があり、親しみを表す表現で、これは豊前や筑後では聞かれない。また、敬意の高い「なさる」や敬意の低い「なる」があり、宗像郡(平成の大合併前の範囲)には「んさる」がある。「なさる」に「ます」を加えた「なさいます・なさす・なす・なざす」もある。
[例]「行かっしゃる・食べらっしゃる」「行きんしゃった」
進行相・完了相の尊敬語として「てある」を用いる。また、その縮約形の「ちゃる」もあり、これは「てある」より敬意が低い。
[例]「しぇんしぇー、なんばしてあるとですか」(先生、何をなさっているのですか)[5]
「ござる」が筑前・筑後で使われる。「いる・来る」の尊敬語(本動詞)として使うほか、補助動詞や助動詞としても使う。
「~てください」にあたる表現に、「つかーさい」がある。
丁寧の助動詞は、「です・ます」のほか、「ござす」がある。また、「まっせん・まっしょー」「ござっせん・ござっしょー」「でっしょー」のように促音の入った形がある。福岡市や糸島市嘉麻市飯塚市などには「だす・らす」もある。

助詞[編集]

格助詞・副助詞
主格格助詞には、西部・南部で「の」が用いられる。ただし、主語を強調するのに「が」が用いられることがあり、また人物を主語にする場合は「の」には敬意を込め、「が」には謙遜・卑下の意味を込めて使い分けられることもある。東部では共通語と同じ「が」を使う。
「の」に当たる準体助詞には「と」を用いる。これは筑前東部でも使う。「と」は、文末に来たときは疑問を表す終助詞になる。
対格(「を」にあたる)には、西部・南部で「ば」を使い、東部では共通語と同じ「を」を使う。
方向を表すのに、「さい・さえ」や「に・い」が用いられる。また行為の目的を示すのに、「に」や「げ」を用いる(例)「見に行く・見げ行く」(「見に行く」の意)。
反語・強調を表す「ばし」が西部・南部にある。
接続助詞
順接確定(から)を表す接続助詞には、西部・南部で「けん」と言い、強調に「けんが」と言う。筑豊地域では「き」と言う。
逆接確定(けれども)には、「ばってん・ばって」が用いられる。また、西部・南部に逆接既定・仮定条件の「たっちゃ(ー)」がある。
終助詞・間投助詞
  • 肥筑方言で共通する文末助詞に「ばい」「たい」があり、「じゃ・や」の代わりの断定辞として使うこともできる。「ばい」は自分の判断の確認あるいは独り言としての感情の吐露、または自分の考えを相手に示したり、相手にとって未知の情報を教示するのに使われる。一方「たい」を使う場合、それが自明・客観的なものというニュアンスを含む[6][7]
  • ナ行文末詞は主に「なー」で、「ねー」もある。
  • 主張・説得を表す文末詞として「が」を使う。
  • 文末詞・間投詞の両方に使える「くさ」がある。

脚注[編集]

  1. ^ 陣内 1997, pp. 2-3.
  2. ^ 岡野 1983, pp. 71-72.
  3. ^ 金田一春彦「対馬・壱岐のアクセントの地位」『金田一春彦著作集第七巻』玉川大学出版部、2005年。
  4. ^ 柳田征司『日本語の歴史 1 方言の東西対立』武蔵野書院、2010年、165頁。
  5. ^ 陣内 1997, p.28より引用。
  6. ^ 岡野 1983, p. 74.
  7. ^ 陣内 1997, pp. 35-36.

参考文献[編集]

  • 岡野信子、「福岡県の方言」、飯豊毅一; 日野資純; 佐藤亮一編 『講座方言学 9 九州地方の方言』 国書刊行会、1983年 
  • 陣内正敬、平山輝男編、 『日本のことばシリーズ40福岡県のことば』 明治書院、1997年ISBN 4625522404