丹波方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丹波方言(たんばほうげん)は、京都府中部と兵庫県東部にまたがる丹波地方において話される日本語の方言である。近畿方言の一つ。方言学では、旧丹後国舞鶴市から宮津市南東部も含む(舞鶴弁参照)。

奥村三雄による波動論的な言語区画案図。橙色が中近畿式方言、水色が北近畿式方言、茶色が西近畿式方言、黄色が東近畿式方言、緑色が南近畿式方言。濃い青色と濃い緑色は非近畿式方言。丹波はこの地図では3つの区画にまたがっている

地域・区画[編集]

丹波方言のうち、京都府内のものについては奥村三雄によって詳しい方言区画が示されている。

音韻[編集]

音声の特徴は他の近畿方言と共通する。一拍語は「手→てえ」のように長音化するのが普通である。

兵庫丹波から口丹波にかけてでは「全然→でんでん」のように、ザ行とダ行の混同がある[1]

アクセントは、南部では京阪式アクセントだが、北部の丹波市[2]京丹波町北部、福知山市のほとんど、綾部市舞鶴市宮津市南東部は垂井式アクセントである。また、福知山市の旧夜久野町の上夜久野地区は西隣の兵庫県北部と同じく東京式アクセントである。下表は、丹波各地域の具体的なアクセントを示したものである。

丹波方言のアクセント[3][4][5][6]
  語例 京阪式
亀岡市など
綾部市 舞鶴市 福知山市 丹波市
青垣町
(西芦田)
一拍名詞 1類 蚊・子・戸 かあがかが
2類 毛・名・葉 えが、
3類 木・手・目 きい、き きいがきが
二拍名詞 1類 飴・牛・水 あめが
2・3類 足・音・昼 しが
4類 今・傘・箸 いま いまが
5類 雨・海・前 が※ あめが、めが めが
二拍動詞 1類 買う・知る かう
2類 有る・見る ある
三拍動詞 1類・2類五段 変わる・止める かわる
2類一段 受ける うけ うける
三拍形容詞 1・2類 赤い・白い かい い、あか

※二拍目に拍内下降が現れることがある。

文法[編集]

断定の助動詞は、南部を中心に「や」が用いられる。奥丹波では「じゃ」が多いが、近年では「じゃ」専用地区はなく、「や」が優勢である。

主に兵庫丹波から奥丹波にかけてで、「~さんがおってや」のように、「連用形+て(や)」で尊敬を表す「テヤ敬語」が使われる。山陽から播磨、丹波、北陸までの帯状の地域で使われる形である。口丹波でも用いるが、この地域ではより高い敬意を表すのに「-はる」を用いている。過去形は「-ちゃった」、地域によっては「-たった」となり、これの類推から現在形も「-ちゃ」となる地域がある。進行・継続は「~とって(や)」であり(「~ちゃって(や)」とも)、京都の「~てはる」に対応する。

また、兵庫丹波から奥丹波にかけてで、中国方言と同様に、「連用形+よる」で進行(今~している途中だ)や起動(今から~する)を表す。例えば「俺、今そこでこけよった。」と言う場合、「俺、今そこで(もうちょっとで)こけそうになった。」という意味になる。すなわち、こけなかったということになる。

疑問の終助詞には、「か」「こ」がある。また、口丹波には「け」がある。「か」は男女ともに用いるが、「け」「こ」は男性のみが用いる。「け」は京都市以南では男性用語だが亀岡市などでは女性も使う[7]

間投助詞には、「なあ」や「のお」が用いられる。

語彙[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『講座方言学 7 近畿地方の方言』305頁-306頁
  2. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集第七巻』玉川大学出版部、2005年、153頁
  3. ^ 生田(1951)。
  4. ^ 遠藤那基「京都府の方言」『講座方言学 7 近畿地方の方言』。
  5. ^ 平山ほか編(1997)。
  6. ^ 久野マリ子「接触地帯のアクセント-兵庫県下の東西両アクセントの接触地帯を中心に-」
  7. ^ 堀井令以知『京都府ことば辞典』97頁

外部リンク[編集]