摂津弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

摂津弁(せっつべん)は、旧摂津国である大阪府大阪市北摂から兵庫県阪神間で使用される日本語の方言で、近畿方言の一種である。神戸市の大部分も旧摂津国であるが、神戸市の方言はアスペクト表現「とる/とー」「よる/よー」や敬語表現「て(や)」など播磨方言(播州弁)との共通性があり、通常「神戸弁」として区別される。

概説[編集]

大阪府から兵庫県南東部にかけての地域は、交通網が発達していて人々の往来も盛んであり、方言の差はそれほど大きくない。楳垣実と岡田荘之輔は「府県別に方言区画を設定することには、どうしても無理がある」と述べている[1]

大阪府側の摂津の方言について、山本俊治は次のように区分している[2]。狭義の摂津方言が一般的に「大阪弁」とされる方言である[3]

以上の区画は1962年時点のものであり、その後、方言の地域差はさらに縮小している。2009年、岸江信介は摂津・河内泉北の言語類似度がかなり高くなっていることを指摘し、それを踏まえて高木千恵は、大まかにいえば現代(21世紀初頭)の大阪府下には「大阪弁」(摂津・河内・泉北)と「泉州弁」(泉南)の二つの方言が存在することになるとした[5]

兵庫県阪神間の方言について、山本俊治は尼崎市西宮市川西市伊丹市宝塚市は大阪方言に、芦屋市は神戸方言に属すとした[6]。鎌田良二は、1958年の調査で住吉川を挟んで敬語表現「はる」と「て(や)」の優勢が変わると突き止め、住吉川が大阪弁と神戸弁の境界をなすと報告している[7](その後、「はる」が優勢な地域は西へ拡大している)。なお、三田市でも高年層では「て(や)」が主流である[8]

例文比較[編集]

設定した文を近畿各地の方言に訳してまとめた『近畿方言の総合的研究』の「近畿方言文例抄」から、旧摂津国の範囲の方言を抜粋する[9]。なお、この項目での「摂津」は狭義の摂津方言を指す。

  • 雨が降っているから、傘を差していきなさいよ
    • 摂津:アメ(ガ) フッテ(イ)ル ヨッテ(ニ)/サカイニ、カサ(オ) サシテ イキー/イキ(ナハレ) ヤ/ナ
    • 能勢:アメ フットル サカイ、カサ サシテ イキ/イキナハレ ヨ
    • 三島:アメ(ガ) フッタール/フッテル サカイ(ニ)、カサ サシテ/サヒテ イキ ヤ
    • 神戸:アメ フリヨル サカイ、カサ サシテ イキヨ
  • おはようございます。さあお上がりくださいませ。皆様が待っていらっしゃいますから
    • 摂津:オハヨーサンデス/オハヨーサン。サー アガットク(レ)ナハレ/オアガンナハッテ。ミナサンガ/ドナタハンモ マッテハリマッセ/マッテハリマスヨッテ
    • 能勢:オハヨーオス/オハヨーゴザイマス。サー アガットクナハレ/アガッテクナハレ。ミナハン/ミンナ マッタハリマッセ/マッタハリマッサカイ
    • 三島:オハヨーサンデス/オハヨーゴザイマス。サー アガットクナハレ/アガットクナーレ。ミ(ン)ナ/ミナハン マッテテクレタハリマスネン/マッターリマ
    • 神戸:オハヨーサンデス。マー アガットクンナハレ。ミナサンガ マットッテデッサカイ
  • 赤ん坊を寝させるのだから、静かにしていなければいけないよ
    • 摂津:ヤヤコ/アカンボー ネヤセルヨッテ/ネサセンナンサカイ、シズカニ/オトナシー セント/シテオカント アカンデ(ー)
    • 能勢:ヤヤコ/アカチャン ネサスネンサカイ/ネヤスノヤサカイ、シズカニ シテナ/シトラナ アカンデー/イカンデ
    • 三島:ヤーコオ ネヤスサカイ/ネサセルサカイ、シズカニ/オトナシー シテ(ヤ)ナ イカンデ/アカンデ
    • 神戸:アカンボー ネサセンネヤカラ、シズカニ シトラナ アカンデー

脚注[編集]

  1. ^ 岡田・楳垣(1962), 506頁。
  2. ^ 山本(1962), 427-429頁。
  3. ^ 高木(2018), 74頁。
  4. ^ 原文ママ。「豊能町西部」の誤記か
  5. ^ 高木(2018), 77-79頁。
  6. ^ 楳垣・岡田(1962), 506頁。
  7. ^ 鎌田良二『兵庫県方言文法の研究』、1979年、桜楓社
  8. ^ 都染(2018), 83頁。
  9. ^ 楳垣編(1962), 598-607頁。

参考文献[編集]

  • 楳垣実編『近畿方言の総合的研究』、1962年、三省堂
    • 山本俊治「大阪府方言」
    • 岡田荘之輔・楳垣実「兵庫県方言」
  • 真田信治監修『関西弁事典』、2018年、ひつじ書房
    • 高木千恵「大阪府の方言概説」
    • 都染直也「兵庫県の方言概説」

関連項目[編集]