堀井令以知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀井 令以知(ほりい れいいち、1925年11月5日 - 2013年3月10日[1])は、日本日本語学者言語学者関西外国語大学名誉教授。

人物[編集]

京都市生まれ。父は兄の印刷所に勤め、1936年に独立して堀井欧文印刷所を経営していた[2]京言葉を中心に、語源の研究や言語比較など幅広く研究活動をおこなった。ドラマなどでの京言葉指導、御所言葉指導も数多く手がける。

略歴[編集]

受勲[編集]

  • 1974年 - フランス政府よりパルム・アカデミック勲章(Ordre des Palmes Académiques)
  • 1976年 - 功労国家勲章 (Ordre National du Mérite)受章
  • 2009年 - 瑞宝中綬章受章

著書[編集]

  • 『古い校舎 綴方と漫画』堀井欧文印刷所 1938
  • 『ことばの職業』日本評論社(日評選書)1980
  • 『にほんご歳時記』大修館書店 1987
  • 『京都のことば』和泉書院(上方文庫)1988
  • 『地域社会の言語文化』名著出版(愛知大学綜合郷土研究所研究叢書)1988 
  • 『語源をつきとめる』講談社現代新書 1990
  • 『女の言葉』明治書院 1990
  • 『はたらく女性のことば』明治書院 1992
  • 『感性の言語学』近代文芸社 1996
  • 『比較言語学を学ぶ人のために』世界思想社 1997
  • 『ことばの不思議』おうふう 1998
  • 『一般言語学と日本言語学』青山社 2003
  • 『ことばの由来』岩波新書 2005
  • 『京都語を学ぶ人のために』世界思想社 2006
  • 『お公家さんの日本語』グラフ社 2008
  • 『折々の京ことば』京都新聞出版センター 2009
  • 『言語文化の深層をたずねて』シリーズ自伝 ミネルヴァ書房、2013 

共編著[編集]

  • 尼門跡の言語生活の調査研究 井之口有一中井和子共著 風間書房 1965
  • 京都語位相の調査研究 井之口有一共著 東京堂出版 1972
  • 御所ことば 井之口有一共著 雄山閣出版 1974(風俗文化史選書)
  • 京都語辞典 井之口有一共編 東京堂出版 1975
  • 分類京都語辞典 井之口有一共編 東京堂出版 1979.5
  • 日本語語源辞典 東京堂出版 1983.7
  • 職人ことば辞典 井之口有一共編 桜楓社 1983.6
  • 語源大辞典 東京堂出版 1988.9
  • 京ことば歳時記 井之口有一共編 桜楓社 1988.6
  • 京ことば辞典 井之口有一共編 東京堂出版 1994.2
  • 外来語語源辞典 東京堂出版 1994.6
  • 大阪ことば辞典 東京堂出版 1995.9
  • 決まり文句語源辞典 東京堂出版 1997.9
  • 上方ことば語源辞典 東京堂出版 1999.8
  • 日常語の意味変化辞典 東京堂出版 2003.6
  • 京都府ことば辞典 おうふう 2006.10

記念論文集[編集]

  • 言語文化と言語教育の精髄 堀井令以知教授傘寿記念論文集/ 吉村耕治編 大阪教育図書 2006.11

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:堀井令以知さん87歳=京ことば・御所ことば研究者 毎日新聞 2013年3月11日閲覧
  2. ^ 『言語文化の深層をたずねて』年譜