三重弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三重弁(みえべん)は、三重県で話されている日本語の方言の総称である。

奥村三雄が1968年に発表した区分案[1]。中近畿式方言(橙色)・外近畿式方言・非近畿式方言(灰色)に大分し、外近畿式方言をさらに北近畿式方言(水色)・西近畿式方言(茶色)・南近畿式方言(黄緑色)・東近畿式方言(黄色)に細分している。京都対大阪の違いよりも、大阪対播磨や京都対伊勢の違いを重視している。

下位区分[編集]

三重県の方言は殆どの地域が近畿方言に属す。大きく以下に分けられる[2]

桑名市長島町木曽岬町尾張弁の一種である長島弁が話される。

特徴[編集]

アクセント[編集]

県内主流のアクセントは他の近畿方言と同様に京阪式アクセントである。これは、桑名市内を南北に流れる揖斐川の西側で用いられる。対して揖斐川の東側は濃尾方言系の内輪東京式アクセントが用いられる。この明確な違いは、1930年に言語学者の服部四郎により発見された。(しかし、桑名市等の北勢地域では名古屋市等のベッドタウン化が進んでおり、東京式アクセント話者の流入も盛んである。そのため、以前よりはその違いが明瞭でなくなってきている。)

また、北牟婁方言、南牟婁方言には様々な種類のアクセントが複雑に分布する(詳細は紀州弁の項参照)。

文法[編集]

断定の助動詞は「や」。理由の接続助詞に「で」「もんで」を用いることが多い(例:「雨やで待とか(=雨だから待とうか)」など)。

また、否定の助動詞には「〜ん」「〜へん」「〜やん」の3つを併用する。「〜へん」はア段に接続する(ない:あらへん)。「〜ん」「〜へん」は西日本広域で使うが、「〜やん」は三重県のほか和歌山県奈良県、大阪府南部などで使う。

三重弁のもつ諸要素比較[編集]

東海地方であり近畿地方でもある三重県の方言には近畿方言岐阜・愛知方言の両者に共通する特徴がみられる。伊勢方言について以下に比較する。

近畿方言系要素[編集]

  • ごく一部を除き、京阪式アクセントである。
  • ア・ワ行五段動詞はウ音便を起こす(買った→こおた、歌った→うとた)。

岐阜・愛知方言系要素[編集]

  • 理由を表す接続助詞には主に「〜で」や「〜もんで」を用い、近畿方言系の「〜さかい」はあまり使われない(ただし、「〜で」は滋賀県でも用いられる)。
  • 特徴的な文末助詞の一つに「に」がある。動詞の勧誘形に付けたり、「よ」にあたる強調の意味で用いたりする。他の近畿方言と同様の「で」も併用されるが、その割合は話者により異なる。【例】書かなあかんに(書かなければいけないよ)。ただし岐阜・愛知では使わない「に」もある。【例】行こに(行こうよ)、〜したろに(〜してやろうよ)
  • 尊敬語「…していらっしゃる」を「…してみえる」「…してござる(高齢層)」「…してなさる(高齢層)」と言う(近畿主流の方言では「〜してはる、〜したはる」)。「…してなさる」は三重独自の言い方で岐阜・愛知では使わない。

県内各地の方言比較表[編集]

伊勢長島 鳥羽 名張 紀伊長島 熊野
アクセント 内輪東京式 京阪式 京阪式亜種 京阪式亜種(沿岸部)
内輪東京式(山間部)
断定の助動詞 や、じゃ?
否定の助動詞 ん、せん、へん ん、へん、やん ん、へん ん、へん、やん
買う+た かった こーた
断定の助動詞(強調) 〜んだ、〜んだてぇ? 〜んさ、〜んや? 〜ねん、〜ねや、〜のや、〜んや?
勧誘(行こうよ) 行こまい、行こか 行こに?、行こか
軽い命令(食べなよ) 食べやあ 食べな、食べえ、食べない?
〜だぞ 〜だに? 〜やに、〜やで 〜やで
理由(〜から) 〜で、〜もんで、

〜やから

〜さかい

〜やから

過去否定(〜なかった) 〜なんだ 〜んだ、〜へんだ 〜ざった?
自転車 ケッタ? チャリ?
眩しい ひどるい あばばい
マクドナルド マック、

マクド

マック

マクド

三重弁を使う作品等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 奥村三雄「関西弁の地理的範囲」『言語生活』202号、1968年。井上ほか編 (1996)にも収録(60-69頁)。
  2. ^ 平山ほか編(2000)

参考文献[編集]

  • 平山輝男ほか編『日本のことばシリーズ 24 三重県のことば』明治書院、2000年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]