三重弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三重弁(みえべん)とは、三重県で話されている日本語の方言の総称である。殆どが近畿方言に属し、大きく北・中伊勢方言伊賀方言志摩・南伊勢方言北牟婁方言、南牟婁方言に分けられる。

奥村三雄が1968年に発表した区分案[1]。中近畿式方言(橙色)・外近畿式方言・非近畿式方言(灰色)に大分し、外近畿式方言をさらに北近畿式方言(水色)・西近畿式方言(茶色)・南近畿式方言(黄緑色)・東近畿式方言(黄色)に細分している。京都対大阪の違いよりも、大阪対播磨や京都対伊勢の違いを重視している。

アクセントは、伊勢伊賀志摩では京阪式アクセントだが、北牟婁方言、南牟婁方言には様々な種類のアクセントが複雑に分布する。理由の接続助詞に「で」を用いることが多い(例:「雨やで待とか(=雨だから待とうか)」など)。

三重弁を使う作品等[編集]

  • 47都道府犬 - 声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!内で放映された短編アニメ。郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。三重県は、アコヤ貝がモチーフの三重犬として登場。「はっ、恥ずかしいですやん!!」などと話す。声優は、三重県出身の水田わさび

脚注[編集]

  1. ^ 奥村三雄「関西弁の地理的範囲」『言語生活』202号、1968年。井上ほか編 (1996)にも収録(60-69頁)。

参考文献[編集]

  • 平山輝男ほか編『日本のことばシリーズ 24 三重県のことば』明治書院、2000年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]