君が踊る、夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
君が踊る、夏
監督 香月秀之
脚本 香月秀之
松尾朝子
製作 川田亮
郷田美雄
製作総指揮 岡村道範
山本晋也
出演者 溝端淳平
音楽 MOKU
主題歌 東方神起「With All My Heart 〜君が踊る、夏〜」
撮影 小林元
編集 大畑英亮
製作会社 『君が踊る、夏』製作委員会
配給 東映
公開 2010年9月11日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

君が踊る、夏』(きみがおどる、なつ)は、2010年9月11日公開の日本映画朝日放送創立60周年記念作品。また、少女漫画家ミヤによって漫画化もされている。

概要[編集]

高知市よさこい祭りを舞台に、腎悪性横紋筋肉腫様腫瘍という小児がんと戦いながらもよさこいを踊る実在の少女の話を元にした、難病の少女と奔走する青年たちの感動作。監督は香月秀之。主演は映画初主演となる溝端淳平。高知市内での撮影では道路封鎖し3日間かけて行われた。

キャッチコピーは「この瞬間を、この想いを、ただ、一生懸命(いちむじん。地元方言)に!」。

2010年9月5日には関西ローカルで、モデルとなった実話の少女についてのドキュメンタリー、ABCこども未来プロジェクト『踊らないかんちや!〜小児がんとの闘い2500日〜』が放送。

全国201スクリーンで公開され、2010年9月11,12日初日2日間で興収4,113万6,900円、動員は3万2,142人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第8位となった[1]。また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位と幅広い年齢層で高評価されている。

本編のDVDは2011年3月21日に発売。

ストーリー[編集]

かつて、よさこいチーム『いちむじん』で活躍し東京でカメラマンを目指していた新平は、母の入院で5年ぶりに帰郷し高校時代の恋人香織の妹・さくらと出会う。難病に冒されているさくらは、生きる支えによさこいを踊りたいと願っていた。さくらの願いを叶えるため香織から事実を打ち明けられた新平は、昔のメンバーとともに『いちむじん』を再結成し練習に励む。しかし、祭りまであとわずかとなったとき、新平がカメラマンの賞に選ばれた話がくるが、授賞式は祭り当日。授賞式への欠席は棄権と見なされる。新平はさくらとの約束をとるか自分の夢をとるか迫られる。

キャスト[編集]

  • 寺本新平(主人公、カメラマンのアシスタント、『いちむじん』メンバー) - 溝端淳平
  • 野上香織(さくらの姉、『いちむじん』メンバー、新平の恋人) - 木南晴夏
  • 大滝司(新平の親友、『いちむじん』メンバー) - 五十嵐隼士
  • 野上さくら(香織の妹、小児がんに冒されている) - 小林星蘭(幼少時代)/大森絢音
  • 石黒智也(新平の先輩アシスタント) - DAIGOBREAKERZ
  • 高木四郎(プロのカメラマン) - 藤原竜也
  • 野上健一郎(香織とさくらの父) - 本田博太郎
  • 寺本敏江(新平の母) - 宮崎美子
  • 寺本新太郎(新平の父) - 隆大介
  • 村木保則(さくらの主治医) - 高嶋政宏
  • 大滝園子(司の母、旅館の女将、『いちむじん』の代表) - 高島礼子

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「With All My Heart 〜君が踊る、夏〜」東方神起 - 映画のために書下ろされた曲で、アルバム『BEST SELECTION 2010』に唯一の新曲として収録。

サウンドトラック[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]