中島信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中島信行
Nakajima Nobuyuki.jpg
中島信行
生年月日 弘化3年8月15日1846年10月5日
出生地 土佐国高岡郡塚地村(現・高知県土佐市塚地)
没年月日 明治32年(1899年3月26日
死没地 日本の旗 日本 神奈川県大磯
配偶者 中島初穂
中島俊子(湘煙)
子女 中島久万吉

在任期間 1890年11月26日 - 1891年2月25日

選挙区 神奈川県第5区
テンプレートを表示

中島 信行(なかじま のぶゆき、弘化3年8月15日1846年10月5日) - 1899年3月26日[1])は、日本の政治家。男爵通称は作太郎。長男は中島久万吉。最初の妻は陸奥宗光の妹の中島初穂(1877年死去)で、後妻は女性解放運動家の岸田俊子

略歴[編集]

土佐国高岡郡塚地村(現・高知県土佐市塚地)の郷士中島猪三の長男。少年期に耕余塾へ通う。武市半平太土佐勤王党に加盟、のちに脱藩して長州藩遊撃隊に加わり、その後坂本龍馬海援隊で活躍した。龍馬の死後は陸援隊に参加する。

維新後は新政府に出仕した[2]1880年10月12日、13日に上野精養軒の敷地内で開かれた、日本初の野外耶蘇教大説教会(キリスト教野外大集会)で中島は、心を動かされキリスト教へ求道を始める。[3]さらに、同志社の創設者新島襄に出会い、「いくら政治上で自由とか民権だとか唱えても人間は罪の奴隷である限り、それは空しいことだ、聖書の中にも『真理はあなたたちを自由にする』[4]と書いてあるように、日本人を自由の民としたいなら、まずあなた自らキリストを信じて罪の問題を解決し自由独立の人とならなければならない」と忠告を受け、信仰を持つ決断をし、1886年一番町教会植村正久牧師より洗礼を受けて熱心なクリスチャンになった。[5]

外国官権判事や兵庫県判事を経て、ヨーロッパ留学をした後は神奈川県令元老院議官をつとめた。自由民権運動が高まりを見せると、板垣退助らとともに自由党結成に参加して副総理となる。

保安条例によって横浜へ追放された後、第1回衆議院議員総選挙で神奈川県第5区から立候補して当選[6]。第1回帝国議会に於いて初代衆議院議長に選出されて就任[7]。その後は1892年イタリア駐箚特命全権公使[8]1894年には貴族院議員に勅選[9]

1896年6月5日、維新の功により男爵を叙爵[10]1899年、療養中の神奈川県大磯別邸にて死去。54歳没。墓所は大磯の大運寺にある。

エピソード[編集]

会津戦争の折に若松城を攻め落そうと、土佐兵が城門の前に押し寄せると、其の所に大きな屋敷があった。しきりに鉄砲を撃ち込んでみたが人の居る様子がなく、土佐藩士の小隊長は撃ち方を止めさせて、屋敷内に入り長い廊下を通って奥座敷に行ってみると、婦人達が見事に自刃していた。その内の16、7歳の少女が未だ死に切れず悶え苦しんでおり、足音を聞いて起き返ったがこの時はもう目も眩んで見えなかったらしく、かすかな声で「敵か味方か」と聞いた。小隊長はわざと「味方だ」と言った所が、身をかき探って九曜の紋が付いた懐剣をさし出した。これは介錯を乞うているのだろうと思い、見るに見かねて涙を振って首を斬って外に出た。

この城門前の大きな屋敷は会津藩家老西郷頼母邸で、自刃していたのは頼母の一族であり、絶命できず苦しんでいた少女は短刀の家紋と年の頃からして頼母の長女、西郷細布子(たいこ 又は たえこ、享年16)と思われる。 この小隊長が中島信行であると広く伝えられており[11]、現在、会津若松の武家屋敷にも第二資料館に、西郷一族の集団自決の現場で中島信行が抜刀している場面が人形で再現された「自刃の間」が設けられている。

しかし略歴の通り、この時点ではそもそも会津戦争に従軍していなかった可能性もあり、疑問が残る。近年の高知県での郷土研究によると、中島は戊辰戦争に従軍したことも、会津に来たこともないことが明らかになった。高知新聞社刊『土佐百年史話』で著者の平尾道雄は、土佐の中島信行の通称中島作太郎と中島茶太郎と誤って伝えられたのではないかと推測している。中島茶太郎は土佐藩討西軍名簿に本部付使役と記されている。[12]

また、『栖雲記私注』で堀田節夫は西郷頼母が薩摩藩の人物と二度言及しているところから、薩摩藩で中島信行に似ている氏名の人物として、川島信行を挙げている。川島信行は維新後に初代五所川原警察署長を務めた人物である。

演じた俳優[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年、p.343
  2. ^ 外務省調査部第一課編『明治元年外国官関係略歴録』外務省調査部第一課、〔19--〕年、p.41
  3. ^ 守部喜雅著『日本宣教の夜明』いのちのことば社、2009年
  4. ^ ヨハネの福音書8章32節
  5. ^ 高野勝夫(1998年)118ページ
  6. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 明治45年2月』衆議院事務局、1912年、p.8
  7. ^ 『第1回帝国議会衆議院議事速記録号外』明治23年11月25日議長副議長選挙会
  8. ^ 『官報』第2788号、明治25年10月11日、p.106
  9. ^ 『貴族院要覧 〔明治31年3月編〕』貴族院事務局、1898年、p.233
  10. ^ 『官報』第3880号、明治29年6月6日。
  11. ^ 『会津戊辰戦増補白虎隊女子軍高齢者の健闘』や西郷頼母の著作『栖雲記・一雨の名残り』で薩摩藩の中島信行が、後に会津藩の中林包明に述べた話として伝えられている。
  12. ^ 合田一道『日本史の現場検証』(1998年)、157ページ

参考文献[編集]

  • 高野勝夫『キリスト教逸話例話集』神戸キリスト教書店、1998年
  • 守部喜雅『日本宣教の夜明け』いのちのことば社、2009年
  • 合田一道『日本史の現場検証』1998年
議会
先代:
(創設)
日本の旗 衆議院議長
初代:1890年11月26日 - 1891年2月25日
次代:
星亨
党職
先代:
(結党)
自由党副総理
初代:1881年 - 1884年
次代:
(解散)
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
中島(信行)家初代
1896年 - 1899年
次代:
中島久万吉