守部喜雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

守部 喜雅(もりべ よしまさ、1940年 - )は、日本の作家ジャーナリスト編集者である。

経歴[編集]

1940年、上海市に生まれた。慶應義塾大学を卒業し、いのちのことば社に入社する。1977年より1997年までクリスチャン新聞の編集部長を行う。[1]1999年より2004年まで百万人の福音の編集長を務める。現在は、クリスチャン新聞の編集顧問を務める。

ジャーナリストとして中国大陸のキリスト教の状況を取材し続けた。また、日本キリスト教史の著作を発表している。[2]

著作[編集]

  • 『レポート中国伝道』クリスチャン新聞
  • 聖書-知れば知るほど』実業之日本社、2007年
  • 『日本宣教の夜明け』いのちのことば社、2009年
  • 『聖書を読んだサムライたち』いのちのことば社、2010年
  • 勝海舟 最後の告白』いのちのことば社、2011年
  • 『サムライウーマン新島八重』いのちのことば社、2013年
  • 龍馬の夢』いのちのことば社、2013年

脚注[編集]

  1. ^ 『日本キリスト教歴史大事典』463頁
  2. ^ 守部喜雅さんが『八重の桜』について語りました

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年。
  • 守部喜雅『サムライウーマン新島八重』いのちのことば社、2013年。

外部リンク[編集]