杉田定一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉田 定一
すぎた ていいち
Teiichi Sugita.gif
生年月日 1851年6月30日
(旧暦嘉永4年6月2日
出生地 日本の旗越前国坂井郡波寄村
没年月日 (1929-03-23) 1929年3月23日(77歳没)

日本の旗 第13代 衆議院議長
在任期間 1906年1月23日 - 1908年12月23日

在任期間 1898年7月16日 - 1898年11月12日
テンプレートを表示
杉田定一

杉田 定一(すぎた ていいち、嘉永4年6月2日1851年6月30日) -昭和4年 (1929年3月23日)は、日本の政治家衆議院議長などを務めた。は鶉山。越前国坂井郡波寄村(現在の福井県福井市波寄町)出身。

来歴・人物[編集]

豪農の杉田仙十郎・隆(りう)夫妻の長男として生まれる。明治8年(1875年)に東京に出て新聞記者となるが、後に帰郷して自郷社を結成する。海外実業練習生として、明治19年(1886年)7月22日横浜から欧米に向けて旅立った。そして自由民権運動に共感して地租改正反対闘争を指導するために、明治21年(1888年)6月27日に帰国する、筆禍により6ヶ月の禁固となる。釈放後、自由党に参加する。明治23年(1890年)の第1回衆議院議員総選挙から衆議院議員を務め、途中1回の落選を挟んで明治末まで務めた。途中、憲政党立憲政友会の結成に尽力して第1次大隈内閣では北海道庁長官第1次西園寺内閣では衆議院議長を務めた。また、九頭竜川の改修に尽力して自らの私財の一部も寄付して工事の実現を図った。三国鉄道建設にも深く関わった。明治45年(1912年)4月2日[1]貴族院議員(勅撰議員)に転じるが、交友倶楽部の結成を働きかけて政友会の勢力を貴族院に広げた。後に護憲三派の結成に反対して政友本党に参加するが、晩年は政友会に復党している。

法名は擁憲院鶉山定一大居士。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8634号、明治45年4月4日。
  2. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考文献[編集]

  • 家近良樹「ある豪農親子の近代 杉田仙十郎・定一夫婦の場合
吉川弘文館『日本歴史』2008年7月号 No.722 ISSN 0386-9164 p54~p71
福井商工会議所『福井商工会議所報 Chamber』2004年10月号

外部リンク[編集]


議会
先代:
松田正久
日本の旗 衆議院議長
第13代:1906年 - 1908年
次代:
長谷場純孝
公職
先代:
安場保和
Shadow picture of Hokkaido prefecture.png 北海道庁長官 北海道の旗
第7代:1898年
次代:
園田安賢