片上慶一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片上 慶一(かたかみ けいいち、1954年3月6日[1] - )は日本の外交官。経済外交担当大使外務省経済局長兼内閣官房内閣審議官兼TPP政府対策本部員、欧州連合日本政府代表部特命全権大使、経済担当外務審議官、外務省参与を経て、駐イタリア特命全権大使

人物[編集]

東京都出身。東京大学法学部卒業。1980年外務省入省。英語研修。本省勤務が長く、大使就任まで在外勤務は6年に過ぎなかった。

マレーシア大使館、内閣官房長官秘書官(小渕・森内閣)、在アメリカ合衆国日本国大使館総務担当公使、大臣官房人事課長、欧州局参事官を歴任し、2008年駐ガーナ大使に就任。

2008年、北海道洞爺湖サミットで政府がアフリカ重視の姿勢を示したことから、通常より若い年次でアフリカに大使を赴任させようという日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟会長の森喜朗の発案を受け、英語圏の駐ガーナ大使に就任した。シエラレオネ国兼リベリア国兼轄。同様に、同年スペイン語研修の越川和彦ポルトガル語圏の駐アンゴラ大使に、最年少のフランス語研修の岡村善文が、フランス語圏の駐コートジボワール大使に就任した[2]。2010年には天皇皇后夫妻にガーナ情勢について説明をおこなった。

2011年、外務省大臣官房審議官兼経済局・経済外交担当大使に就き、環太平洋戦略的経済連携協定締結に向けた交渉にあたる。内閣官房内閣審議官併任。2012年、外務省経済局長に就任。2013年から内閣官房内閣審議官兼TPP政府対策本部員兼務。2014年(平成26年)7月4日外務省大臣官房付。2014年(平成26年)7月29日欧州連合日本政府代表部特命全権大使。2016年(平成28年)6月14日外務審議官(経済)[3]。2017年(平成29年)4月25日内閣官房TPP政府対策本部首席交渉官兼務[4][5]。2017年(平成29年)7月14日外務省参与に就任[6]。 同年8月2日、駐イタリア大使に就任[7]

同期入省[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.189
  2. ^ 朝日新聞2008年07月25日
  3. ^ 「外務次官に杉山氏決定 アジア大洋州局長は金杉氏 」日本経済新聞2016/6/14
  4. ^ 人事、内閣官房
  5. ^ 内閣官房長官記者会見 平成29年4月25日(火)午前
  6. ^ 経済担当外審に山崎氏=総政局長は鈴木氏-外務省時事ドットコム
  7. ^ イタリア大使に片上氏日本経済新聞

外部リンク[編集]

  • (日本語)ご挨拶(在ガーナ日本国大使館ホームページ内)
先代:
塩尻孝二郎
欧州連合代表部大使
2014年-2016年
次代:
兒玉和夫
先代:
八木毅
外務省経済局長
2012年-2014年
次代:
斎木尚子