堀之内秀久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀之内 秀久(ほりのうち ひでひさ、1957年11月 - )は、日本外交官ロサンゼルス総領事等を経て、2016年から駐カンボジア特命全権大使。2019年から駐オランダ特命全権大使。

人物・経歴[編集]

1980年東京大学法学部卒業、外務省入省。南京大学ハーバード大学で中国語研修。在中華人民共和国日本国大使館一等書記官、在アメリカ合衆国日本国大使館参事官、条約局国際協定課長、条約局法規課長、アジア大洋州局中国課長、在中華人民共和国日本国大使館公使国際情報統括官組織参事官、国際法局審議官、在中華人民共和国日本国大使館特命全権公使等を歴任[1]瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件では、訓戒処分を受けた[2]。2014年ロサンゼルス総領事[1]。2016年駐カンボジア特命全権大使[3]。2018年には国際連合カンボジア暫定統治機構の活動で殉職した高田晴行警視の25回目の命日に開催された慰霊の集いに参加し、「高田警視の志に思いを致し、安定を取り戻したカンボジアとの関係の発展に努めたい」と挨拶を述べた[4]。2019年駐オランダ特命全権大使[5]

同期入省[編集]

著書[編集]

  • 『長寿的日本』中央編訳出版社 2007年(中国語

脚注[編集]

  1. ^ a b 「堀之内秀久新総領事 プロフィール 」JBA
  2. ^ 「在瀋陽総領事館事件に関する処分 」外務省
  3. ^ 堀之内大使 挨拶外務省
  4. ^ 「故高田警視、犠牲から25年 カンボジアで慰霊の集い」日本経済新聞2018/5/4 23:54
  5. ^ カタール大使に須永氏時事通信2019年07月23日10時44分