武富敏彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

武富 敏彦(たけとみ としひこ、1884年明治17年)12月13日[1] - 1964年昭和39年)8月21日[2])は、日本外交官。駐オランダ公使、駐トルコ大使

経歴[編集]

佐賀県佐賀市出身[1]1910年(明治43年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、外交官及領事官試験に合格した[1]1911年(明治44年)にメキシコ公使館外交官補となり、メキシコ公使館三等書記官、フランス大使館三等書記官、外務書記官事務官・通商局第二課長、アメリカ合衆国大使館二等書記官、同一等書記官、サンフランシスコ総領事、1927年(昭和2年)に外務省通商局長となった[1][2]。その後、アメリカ大使館参事官となり、1933年(昭和8年)に駐オランダ公使に就任した[3]。さらに駐トルコ大使となって、1940年(昭和15年)に退官した[4]

親族[編集]

  • 武富時敏 - 父。大蔵大臣・逓信大臣・衆議院議員・貴族院議員。
  • 安達峰一郎 - 妻の父。常設国際司法裁判所所長・駐フランス大使・駐ベルギー大使

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  3. ^ 日本官界名鑑 1940.
  4. ^ 人事興信録 1943.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十五年版』 日本官界情報社、1940年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年