有馬龍夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有馬 龍夫(ありま たつお、1933年6月13日[1] - )は、日本外交官。元日本国政府代表で、外務省北米局長、内閣外政審議室長、駐ドイツ特命全権大使早稲田大学教授、中東調査会理事長を歴任。子の有馬裕も外交官で外務省大臣官房人事課長である。

経歴[編集]

鹿児島県生まれ。1950年、成蹊中学校卒業。成蹊高等学校在学中に、米国セント・ポールズ・スクールへ留学。1957年、ハーバード大学政治学部卒業。1962年、外務省入省。北米局長、内閣外政審議室長、駐オランダ大使、駐ドイツ大使などを歴任。1997年、同省参与。1998年4月から2004年3月にかけ、早稲田大学政治経済学部教授。1998年8月から2008年12月にかけ、日本国政府代表。2002年6月、中東和平問題担当特使。同年12月、中東調査会理事長就任。2017年6月同退任。日本国際フォーラム参与[2]、政策委員[3]。2008年11月、瑞宝大綬章を受章。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.185
  2. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
先代:
稲葉興作
中東調査会理事長
2002年 - 2017年
次代:
齋木昭隆