井上勝之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロンドンに滞在中の井上勝之助
妻の末子。井上馨の姉の娘

井上 勝之助(いのうえ かつのすけ、文久元年7月11日1861年8月16日) - 昭和4年(1929年11月3日)は、日本外交官政治家貴族院議員侯爵条約改正に尽力した。

経歴[編集]

長州藩士・井上光遠(五郎三郎、井上馨の兄)の次男として周防国に生まれる。明治2年(1869年)に父が亡くなった後、叔父・馨の養嗣子となる。

明治4年(1871年3月から明治12年(1879年)3月までイギリスに留学し法律学を学ぶ。帰国後、明治13年(1880年)2月に大蔵省雇となり商務局に勤務。同省で、御用掛・銀行局勤務、権少書記官、調査課長などを歴任。

明治19年(1886年)1月、外務省に転じ会計局次長心得に就任。以後、外務書記官ドイツ公使館在勤、外務省参事官大臣官房庶務課長、兼会計課長、弁理公使などを務める。明治31年(1898年)1月、特命全権公使としてドイツに赴任しベルギー公使を兼務。明治39年(1906年)1月、公使館が大使館に昇格し初代のドイツ駐箚特命全権大使に就任し[1]、翌40年(1907年)11月に帰国した。

明治44年(1911年)6月5日、貴族院議員に勅選され[2]交友倶楽部に属して大正2年(1913年)2月13日[3]まで在任。同年同月8日、特命全権大使に任じられイギリスに赴任[4]。大正4年(1915年)9月20日、養父の死去に伴い侯爵を襲爵し、貴族院侯爵議員(終身)に就任[5]。翌5年(1916年)6月13日に帰朝を命ぜられた[6]

大正6年(1917年)12月、宮内省宗秩寮総裁となる。翌7年(1918年)3月、枢密顧問官を兼務。大正10年(1921年)10月から式部長官を務め、昭和2年(1926年)11月に退任し枢密顧問官の専任となった。

その他、学習院長事務取扱、条約改正準備委員会副委員長などを務めた。

昭和4年(1929年)11月3日、舌癌のため麻布の自邸で死去[7]

親族[編集]

弟に伊藤博文の養嫡子となった伊藤博邦。妻の井上末子は養父馨の姪。養子に桂太郎の三男の井上三郎と、養父馨の庶子の千代子(井上三郎妻)、新田忠純の四女の幸子(松平慶民妻)[8]

妻の末子(1861-1934)は幼い頃からイギリス人に預けられたため英語を得意とし、14歳から2年間、井上馨夫妻に伴って英国に滞在、中上川彦次郎とウィリアム・モリソン(尾崎三良の岳父)を通じて英語をさらに学び、帰国後は威仁親王妃慰子のお相手として宮内省御用掛となった[9]。1983年に山縣有朋夫妻の媒酌で、いとこであり英国でも一緒だった勝之助と結婚、美貌で学もあることから社交界の華となった[9]。外交官夫人としてドイツに約10年間滞在の間にはパリに単身語学留学するなどし、英仏独の三か国語に通じた語学力と社交性で夫を助け、在英大使夫人時代には英国皇后とも交流があった[10]。帰国後は泉橋慈善病院(現・三井記念病院)賛助婦人会会長を務めるなど夫ともに社会事業にも携わったが、夫の死後、脳溢血により半身不随となり71歳で没した[11]

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Japan Year Book1906, p86
  2. ^ 『官報』第8385号、明治44年6月6日。
  3. ^ 『官報』第161号、大正2年2月14日。
  4. ^ 『官報』第158号、大正2年2月8日。
  5. ^ 『官報』第943号、大正4年9月22日。
  6. ^ 「外務省月報(大正五年六月分)/職務進退」
  7. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)38頁
  8. ^ 井上勝之助 (男性)『人事興信』第4版 [大正4(1915)年1月]
  9. ^ a b 侯爵井上勝之助略伝(外部リンク参照)p9-17
  10. ^ 侯爵井上勝之助略伝p248
  11. ^ 侯爵井上勝之助略伝p285
  12. ^ 『官報』第183号「叙任」1884年2月12日。
  13. ^ 『官報』第382号「賞勲叙任」1884年10月4日。
  14. ^ 『官報』第2391号「叙任及辞令」1891年6月20日。
  15. ^ 『官報』第3918号「叙任及辞令」1896年7月21日。
  16. ^ 『官報』第5525号「叙任及辞令」1901年12月2日。
  17. ^ 『官報』第7175号「叙任及辞令」1907年6月1日。
  18. ^ 『官報』第8398号「叙任及辞令」1911年6月21日。
  19. ^ 『官報』第2330号「叙任及辞令」1920年5月11日。
  20. ^ 『官報』第343号「叙任及辞令」1928年2月22日。
  21. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  22. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  23. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  24. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  25. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  26. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日桐花大綬章受章者一覧
  27. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  28. ^ a b 『官報』第2648号「叙任及辞令」1892年4月29日。
  29. ^ 『官報』第3917号「辞令」1896年7月20日。
  30. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
井上馨
侯爵
井上(馨)家第2代
1915年 - 1929年
次代:
井上三郎