荒木寅三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒木寅三郎

荒木 寅三郎(あらき とらさぶろう 1866年11月23日慶応2年10月17日)-1942年1月28日)は日本の医学者。京都帝国大学総長、学習院長や枢密顧問官を歴任する。

経歴[編集]

1866年(慶応2年)に上野国碓氷郡板鼻宿(現在の群馬県安中市)に、儒医の次男として生まれた。11歳の時に東京に遊学し、萩原塾に学ぶ。 1882年(明治15年)東京帝国大学医科大学別課医学科に入学。 1887年(明治20年)同課を卒業後、郷里で医師として家業を継ぐ。その後1888年(明治21年)に上京し、東京帝国大学医科大学生理学教室の大沢謙二教授のもとに入門。1889年(明治22年)4月、シュトラースブルク大学へ留学。ホッペ=ザイラー教授に師事し、生化学を学ぶ。1896年(明治29年)1月、第三高等学校医学部の生理学・衛生学教授となる。1899年(明治32年)9月、京都帝国大学医科大学医化学講座担当教授となる。1903年(明治36年)には京都帝国大学医科大学長となる。1914年(大正3年)4月28日、京都帝国大学総長事務取扱に就任[1]し、同年8月19日まで務めた[2]1915年(大正4年)6月15日[3]に、京都帝国大学で初めて公選により総長に就任。京都帝国大学総長在任中の1920年(大正9年)12月27日には帝国学士院会員に選定される[4]1928年(昭和3年)6月11日に、フランス政府からグラン・オフィシエ・ドラゴン・ド・ランナン勲章を受く。総長辞任後の1929年(昭和4年)に京都帝国大学名誉教授となり、同年10月には学習院院長に任命される。1937年(昭和12年)4月に枢密顧問官に親任される。1937年(昭和12年)2月1日、勲一等旭日大綬章を受章。1942年(昭和17年)1月28日狭心症のため急逝。満75歳没。同月30日正二位に叙される。

研究業績[編集]

彼の研究は多方面にわたったが、代表的なものは志賀潔発見の赤痢菌と異なる2種の菌(駒込A、B菌)を発見して赤痢病原多元説を樹立したこと、および鼠咬症病原体を分離し鼠咬症スピロヘータと命名した業績である。

親族[編集]

娘は陸軍軍医中将石井四郎に嫁ぐ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第524号、大正3年4月30日。
  2. ^ 『官報』第618号、大正3年8月21日。
  3. ^ 『官報』第861号、大正4年6月16日。
  4. ^ 『官報』第2523号、大正9年12月28日。
学職
先代:
福原鐐二郎
学習院院長
第15代:1929 - 1937
次代:
野村吉三郎
先代:
山川健次郎
京都帝国大学総長
第7代:1915 - 1929
次代:
新城新蔵