野上義二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野上 義二(のがみ よしじ、1942年6月19日 - )は、日本の官僚外交官。2009年より日本国際問題研究所理事長兼所長。他に、一般社団法人日英協会副会長[1]、公益財団法人東芝国際交流財団理事[2]、公益財団法人世界平和研究所評議員[3]などを務める。

来歴[編集]

東京都出身。1961年都立日比谷高校卒業。高校時代はラグビー部で全国大会ベスト8に進出した[要出典]1966年東京大学教養学部教養学科卒業、外務省入省。

英語研修(在米国)、在タイ大使館三等書記官、通商産業省出向、経済局国際機関第一課、OECD代表部一等書記官、在タンザニア大使館一等書記官を経て、1982年6月経済協力局国際機構課長、1983年1月経済局国際機関第二課長、1984年7月経済局国際機関第一課長、1985年7月在アメリカ合衆国日本国大使館参事官、1988年 11月日本国際問題研究所所長代行、1991年2月大臣官房外務参事官兼中近東アフリカ局、1992年7月大臣官房審議官兼中近東アフリカ局、1993年8月兼総合外交政策局(免兼中近東アフリカ局)、1994年8月香港総領事

1996年経済局長、1997年OECD代表部大使、1999年外務審議官(経済担当)、2001年外務事務次官を歴任。次官在任時はその風貌から「ヒゲの次官」とマスコミにより渾名(あだな)された[要出典]総理官邸と意思疎通を交わす中で、アフガン復興会議でのNGO処遇の事務当局の不手際もあって、外務省はまるで伏魔殿だと批判する外相田中眞紀子と差し違える形で共に辞任した[要出典]

2000年沖縄県名護市万国津梁館で開催された九州・沖縄サミットでは、シェルパ(首脳の個人代表)を務めた。

2002年駐イギリス公使兼イギリス王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)中東部シニアフェロー、2004年駐イギリス大使。2008年退官。同年6月よりみずほコーポレート銀行常任顧問。同年11月4日、第1回緊急首脳会議(金融サミット)を前に、行天豊雄と共に内閣官房参与に任命された。

同期[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
原口幸市
外務省経済局長
1996年 - 1997年
次代:
大島正太郎
先代:
OECD代表部大使
1997年-1999年
次代: