王立国際問題研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

王立国際問題研究所(おうりつこくさいもんだいけんきゅうじょ、: Royal Institute of International Affairs, 略称RIIA)は、イギリスシンクタンク。所在地の名をとってチャタム・ハウス(Chatham House)とも呼ばれる。

1920年創設。本部はロンドン(元々はピット一族の所有の建築物である)。外交問題評議会の姉妹機関としても知られる。

来歴[編集]

第一次世界大戦後に開かれたパリ講和会議の期間中に、イギリス代表とアメリカの代表間でアングロ=アメリカによるリーダーシップによって戦後の世界秩序を統治するという構想が提起され、その構想をソフト面から支援するためのシンクタンクを共同で設立することになった[1]。しかし、アメリカが国際連盟に参加しないことが決まり、方針の転換を余儀なくされたために、イギリスは「王立国際問題研究所」、アメリカは「外交問題評議会」と、それぞれ独自にシンクタンクを設けることになった。

初期の王立国際問題研究所は、アルフレッド・ミルナーの薫陶を受け、オックスフォード大学を中枢として組織されていた帝国統治に関する研究グループである「ラウンド・テーブル」のメンバーが中核となった[1]。やがてアーノルド・J・トインビーが招かれ中心的な役割を果たすようになった。

チャタムハウスルール[編集]

"When a meeting, or part thereof, is held under the Chatham House Rule, participants are free to use the information received, but neither the identity nor the affiliation of the speaker(s), nor that of any other participant, may be revealed".

チャタムハウスルール (Chatham House Rule) とは、王立国際問題研究所に源を発する、会議参加者の行為規範である[2]。チャタムハウスルールを適用する旨の宣言の下に運営される会議においては、当該会議で得られた情報を利用できるが、その情報の発言者やその他の参加者の身元および所属に関して秘匿する(明示的にも黙示的にも明かにしない)義務を負うというルール。このルールの適用により、参加者はその所属する組織への配慮や、発言が自らのものとして公表された際の影響を度外視しやすくなるため、進行中の問題や政治的な話題を取り扱う場であっても闊達な議論をもたらすとともに、情報の共有が促進されることが期待される。また、会議全体ではなく、その一部のみへの適用も可能である。このルールは、王立国際問題研究所において1927年に考案され1992年および2002年に改正されたものであるが、その適用は同研究所主催の会議等に限定されるものではなく、英語圏を中心に広く一般に用いられている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 本田 2005, pp. 268-276.
  2. ^ 王立国際問題研究所公式サイト > About us > Chatham House Rule [1] 2009年10月2日閲覧

参考文献[編集]

  • 本田毅彦川北稔(編)、2005、「帝国の終焉と結社」、『結社のイギリス史:クラブから帝国まで』、山川出版社〈結社の世界史〉 ISBN 4634444402

関連項目[編集]

外部リンク[編集]