松田邦紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 邦紀(まつだ くにのり、1959年 - )は、日本外交官デトロイト総領事や、人事院公務員研修所副所長、香港大使兼総領事等を経て、駐パキスタン特命全権大使

人物・経歴[編集]

福井県出身。1982年東京大学教養学部教養学科卒業、外務省入省。1996年在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官。1998年在ロシア日本国大使館参事官。2001年外務省大臣官房海外広報課長。2003年日本国際問題研究所主任研究員兼研究調整部長。2004年外務省欧州局ロシア課長。2007年在イスラエル日本国大使館公使。2010年デトロイト総領事。2013年人事院公務員研修所副所長[1]。2015年から香港大使兼総領事を務め、林鄭月娥香港特別行政区行政長官の訪日実現に尽力するなどした[2]。2018年駐パキスタン特命全権大使[3]

同期入省[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [インタビュー]香港ポスト最新号の内容 -20170310 No:1474
  2. ^ 学ぶ・知る 2018.10.09松田大使兼総領事、離任決まる 香港と日本双方の社会に貢献し現行政長官初の公式日本訪問にも尽力 香港経済新聞2018.10.09
  3. ^ 「人事、外務省」日本経済新聞< (2018/12/14 18:19)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]