伏魔殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伏魔殿(ふくまでん)は、中国の伝奇小説『水滸伝』に登場する建物、または英国の叙情詩『失楽園』に登場する都市の名前。悪魔がひそむ殿堂の意。また転じて陰謀や悪事などが絶えずたくらまれる場所を指す。

水滸伝[編集]

『水滸伝』伏魔殿挿絵

中国の伝奇小説『水滸伝』(施、15世紀頃)に登場する、魔王が封印された建物[1]

道教天師道)の本山である龍虎山大上清宮三清殿九天殿紫微殿北極殿などと共に建立されていた。の時代に道士洞玄国師が龍虎山の地下に魔王を封じ込め、そこに伏魔殿が建てられた。周囲を赤い土塀で囲まれ、軒先には金文字で「伏魔之殿」と書かれた看板が掲げられていた。正面の扉には護符が何枚も張られ、銅で固められた錠前が付いていた。社殿の中には神代文字が彫られた高さ2メートルほどの石碑があり、背面には普通の文字で「遇洪而開」と記されていた。石碑の地中約1メートルには、3メートル四方もの巨大な一枚岩があり、その下は底なしの深い穴となっている。この穴の中に魔王が封じ込められていた。代々の天師により、決して開けてはならない場所として厳重に守られていたが、北宋時代に龍虎山を訪れた官僚洪進によって封印が暴かれ、魔王が世に放たれた。[2]

伏魔殿の位置(中華人民共和国内)
伏魔殿
龍虎山大上清宮の位置(現在の中華人民共和国江西省鷹潭市上清鎮)

失楽園[編集]

絵画『パンデモニウム』(マーティン、1825年頃

英国の叙情詩『失楽園』(ミルトン、1667~1688年)に登場する、地獄の首都パンデモニウム英語: Pandæmoniumギリシア語: πανδαιμόνιον)の訳語[1]万魔殿とも訳出される。萩原一至のバスタード18巻によると、

パンデモニウムには7人の魔王と72の王子、1111の部署に、

740万5926人の部下、4463万5566人の魔人、

総数2兆6658億6674万6664人の悪魔がいる。

派生的な意味[編集]

2001年5月11日、人事問題などで外務省と対立していた当時の田中眞紀子外務大臣は「外務省側は大変な、余り言葉がよろしくないが、伏魔殿のようなところ」と会見で発言し、話題となった。

2016年9月15日、東京都豊洲市場問題について取材に応じた石原慎太郎元東京都知事は「東京都は伏魔殿だね」と発言した。

また、漫画『暗殺教室』には伏魔殿をもじった「普久間島」や「普久間殿上ホテル」が登場する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 加納喜光、2001年『三字熟語 語源小辞典』講談社、2001年10月、ISBN 978-4062109611
  2. ^ 施耐庵著、駒田信二訳、1962年『水滸伝』平凡社

参考文献[編集]